衣服を荷造りするときに心がけたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引っ越しの準備で憂鬱なことと聞いて思い浮かべるものは、どなたでも“荷造り”だと思います。日頃から整理整頓している人でも、自分の荷物をダンボールに詰めていくのは大変な労力です。散らかっている部屋を片付けながら、綺麗に物を荷造りしなければならないのですから、出来るだけ要領よく、効率的に行いたいものです。そんな荷造りのなかで今回は衣服についての荷造りのポイントを3つご紹介していきます。

1、着る季節ごとに分けてダンボールに入れる

引っ越しの前後というのは、本当に忙しいものです。新天地での生活をしていかなければならないのはもちろん、日々の生活のために食料品を調達したり生活の品々の買い出しに行ったり…なかなか荷解きをする時間というのは無いといった話をよく耳にします。そんな忙しい引っ越し前後に、一番行いたくないのが「あの服どこにしまったっけ?」とたくさんのダンボールから着たい服を探し出すといった行為です。

そんなことを避けるためにオススメしたいのが、着る季節ごとにダンボールを分けてしまうことです。ダンボールにガムテープを貼って封をするときに“春用”といった記載や“アウター”“インナー”といった記載をしておけば、外から見るだけでなにがどこに入っているか一目瞭然です。

2、小さ目のダンボールに入れるようにする

引っ越しガイドラインなどによく記載されているのが、“大き目のダンボールには軽い衣類を、小さ目のダンボールには食器などの重いものを入れましょう。”という内容です。それを鵜呑みにしてしまう人が多いのですが、それをやってしまうと先程ご紹介した季節ごとにダンボールを変えてしまうということが出来なくなってしまいます。大き目のダンボールを使用し「まだ入るから入れちゃえ」と適当に荷造りしてしまわないためにも、衣服も小さ目のダンボールに入れた方が良いでしょう。

3、防虫剤と除湿剤を入れておく

引っ越し前後は本当に忙しいものです。そして、季節ごとに分けてダンボールに入れるとなると引っ越しした季節より遠い季節のダンボールは、その季節がくるまでダンボールのまましまいっぱなしということはザラです。そんなとき、きちんと防虫剤や除湿剤を入れていないと虫がわいて衣服を食べられて穴があいてしまったり、湿度の変化で衣服にカビが発生したりしてしまう恐れがあります。きちんと衣服をしまうダンボールには、防虫剤と除湿剤をいれておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。