業者が下見に来るときはどのようなことを聞かれるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引っ越しをする時に、業者が必ず訪問見積もりに来ます。
自分の家や部屋に業者を上がらせたくないと思うかもしれませんが、
下見にきてもらうことの重要さを紹介していきます。

なぜ業者は下見に来るのか?

見積もりには、電話やネットだけで荷物の情報を伝え料金をだす概算見積もりと、
実際に家に訪問にきてもらう正式見積もりの2パターンがあります。
正式見積もりは、実際に現場に引っ越し会社の作業員がきて見積もりを出すパターンです。
電話やネットだけでおおよその概算だけで見積もりをだして、
いざ引っ越し当日に運んでもらおうと思ったときに積むことが出来ずに、
トラブルが発生するケースがあります。
そのようなトラブルを業者側は避けたいので訪問見積もりにやってくるのです。
どうせ頼むなら、ちゃんと訪問に来てもらってトラブルなく気持ちよく引っ越しを
したいですよね。
下見による正式見積もり後に引っ越し依頼をすることでトラブルは防げますので
覚えておいて損はないと思います。

業者が下見に来る前に準備しておきたいこと

業者が訪問に来る前に、どの荷物を業者さんに運んでもらうのかを
自分で把握する必要があります。
最初の下見に業者が来る段階ではまだ荷物をダンボールに詰める必要はないのですが、
運ぶものと運ばないものの荷物をわけて把握できるようにしておきましょう。
荷物をわけておかないと、当日の作業員の人数やトラックの大きさなど値段に幅が生まれてしまいます。
下見は何度か頼むことができるので、荷物をダンボールに詰め終わったときや運ぶ物の量が増えたり減ったときにもう一度頼むと良いでしょう。
正確な値段がわかり、追加料金を徴収される心配もありません。

業者さんが訪問に来たからといって即決する必要はありません

上記の説明により、いつでも下見にくる準備が整ったかと思うのですが、
よく、せっかく業者さんにきてもらったのだからもうこの値段で決めてしまおうと
なりがちなのですが、実は見積もりのために訪問に来てもらったからといって、
その引っ越し会社とすぐに契約しなければならない決まりはありません。
複数の業者に下見に来てもらい、見積もりを比較して交渉材料にしましょう。
一円でも費用を抑えたいと思うのは当然のことなのです。

参考サイト
【1】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/gyosya/sitami.html

【2】引っ越し業者の口コミ一覧
URL:xn--68jxa5v5fu73oibox7qcu6b5oza.biz/gimon/shitami.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。