引越しの時の不要品をどうするか迷ったらリサイクルが一番!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しが決まったら、いよいよ新しい人生を始めるための準備を始める事になります。この時、ふと「これまでの不要品を探して処分しようかな」と考えたりするかもしれませんよね。例えば引越し先がちょっと今よりも狭い。そんな事もあるかもしれません。そんな時にはできるだけ荷物を減らすためにも、不要品を何とかしようと思う方も多くいらっしゃるのです。ですが問題は出てきた不要品をどうすればいいのかです。今回は引越の時の不要品をどうするのかについてをお話してみましょう。

引越し先が狭くて荷物が入らない!どうする?

引越し先がちょっと小さかったり部屋数が少なかったりすると、どうしても荷物があふれてしまいますよね。

荷物ばかりになってしまって居住スペースが狭くなるなんて、ちょっと気持ちが悪くなってしまいそうです。

それに荷物が多いと引越しをする時に金額がどうしても高くなってしまいます。

そんな事で悩んでしまったら、まずは不要品をどうするかを考えてみてはいかがでしょうか。

ではここで、不要品をどうすればいいのかを考えてみましょう。

不要品を選り分けてから決める

まずは不要品がどのくらいあるのかを見極めるためにも、荷造りをしながら不要品を集めていきましょう。

もちろん使っていなくても自分にとって宝だと感じるものは省いておきます。

そして残った荷物の中から、普段使わないものでこの先も使わないだろうと思うものを、どんどん選んでいけばいいわけです。

一種の仕分けをしてしまう事が重要なポイントです。

不要品が集まったら、今度は不要品の中で種類別など分類をしていくと処分しやすくなります。

書籍は書籍、衣類は衣類、家電は家電という感じでしょうか。

不要品の分別が終わったらいよいよどうする?

不要品をピックアップして仕分けをしましたね?

そしたら次はそれをどうやって処分をしたらいいかを考えるわけです。

一番オススメな方法はリサイクルショップに持っていって売りさばくという方法ですが、その前に引越しまでに期間があれば、インターネットを利用して処分してもいいですね。

売れそうなものだった場合には、オークションサイトを活用するのもいいですし、アマゾンなどで販売してもいいかもしれません。

ちなみにリサイクルショップではどのような製品だったら売れるのか(処分できるのか)を見てみましょう。

1、ブランド製品
2、子ども用品
3、家電製品(年式が新しいもの)

といった感じでしょうか。

特に子供の用品というのは、使う期間が少なくてキレイな状態である事が多いため、リサイクルショップでも売れる事が多いのだそうです。

ただ独身の方の場合は子ども用品は無いでしょうから、本や雑誌、そして衣類や家電といったものをリサイクルショップなどで販売したらいいですよね。

それほど高額では売れないかもしれませんが、少なかったとしてもお小遣いにはなりますよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

もしも荷物がちょっと多くなり過ぎている、などと思った方はぜひ引越しをする時に、不要品を処分してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら処分したらお金がかかるものであっても、人によってはお宝だと感じるものなのかもしれませんので、ぜひオークションやリサイクルショップの活用をして、エコに貢献しながらお小遣いをゲットしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。