単身の時の引越し業者を比較する時の注意点はなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しが決まったら引越し業者に引越しを依頼するなど、色々と準備に大忙しになってしまうものですが、より気持ちよく引越しがしたいと思うものですよね。せっかくのお引越しなので、「失敗した!」と思わないようにするための、引越し業者の比較の方法などについてをお話したいと思います。

引越し業者に提供する書類とは?

経験した事がある方ならわかると思うのですが、引越し業者に引越し見積もりをする場合には、ある程度の情報を提供しなくては見積もりのしようがありません。

例えばいつ引っ越しをするのかや、どのくらいの荷物なのかとかもそうですし、単身での引越しなのかそれともファミリーでの引越しなのかについてもそうですよね。

なぜそんな情報が必要なのかというと、見積もりを出す時の基準となるものが「引越し先の住所」であったり「荷物の量」であったり「家族の数」だったりするのです。

この情報はどの見積を利用しても同じですので、事前に引越し先を決めて契約をするなどをしてから見積もりを取りましょう。

一つの業者よりも数社で見積もりをしてもらう

普段から引越しばかりしているわけではありませんから、引越しでどのくらいの費用がかかるのかなんてわかりません。

だからこそ見積もりの依頼をするわけなのですが、一般的には一社から見積もりをもらうのではなく、複数の業者に見積を依頼するものなのです。

もしも一社だけだった場合、その業者の価格しかわからないので、もしかしたらかなり高く引越しをしてしまう事になるかもしれないからです。

梱包に使う材料の提供の有無を確認する事

大手の有名業者の場合は、ダンボールやクッションなどをレンタルしてくれるだけではなく、使ったダンボールも全てキレイに回収してくれる事もあります。

なので梱包をする時のダンボールやビニールなどは、自分で用意するのか用意してくれるのかなどについてもしっかりと確認しておくといいでしょう。

もちろん全ての業者が提供して回収してくれるとは限りませんので、できるだけ自分の条件に合った業者を見積の時に選びましょう。

◆ポイント!

引越しの業者によってはダンボールなどを販売しているところも多いようです。

そこでダンボールはいくらなのかなど、別途必要な費用についても聞くのがポイントです。

この他にも家具の設置やエアコンの取り付けなどについても聞いておくといいですね。一般的には別料金であることが多いようです。

安かろう悪かろうには注意しましょう

引越しの見積もりは一括で見積もれるサイトなどを使う事が多いと思うのですが、費用が安いからといってそこを選んでいいのかどうかとは別です。

安かろう悪かろうという業者である可能性もあるので、業者を選ぶ基準は安いという事も必要ですが、しっかりとしたサービスを提供しているかどうかで決める方がいいかもしれません。

見積もりの書類には目を通す事!

一番重要だと言ってもいいくらいなのが「見積書には目を通す事」です。

わからない事があったら全てしっかりと聞いて確認をしましょう。

後になって「聞いていなかった」とならないためにも、見積もりなど契約書にはしっかりと目を通しておきましょう。

トラブル防止につながります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

引越し業者とのトラブルの回避のためにも、最初の見積もりの段階で解決をするためにも、わからない事があったら確かめるようにしましょう。

また、当日の担当者とのトラブルの話もよくある事なので、業者が決まったら「こうして欲しい」「これはしないで欲しい」などの話もしっかりとしておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。