単身引越しによくあるトラブル~料金絡みの大失敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越しトラブル

あなたは単身引っ越しを、甘くみてはいませんか?自分の荷物を荷造りして運んでもらうだけ…そんな考えで引っ越しに臨んでしまうと後でイタイ目に遭うことになりますよ。引っ越しでよくある失敗を、体験談をもとにご紹介していきますので参考になさってくださいね。

梱包資材を買わなかったがゆえに…

引っ越しするには、大抵のものはダンボールにいれておけば大丈夫…そんな風に考えている人が多いですが、実際の荷造りはそんなに簡単ではありません。

洋服は洋服、食器は食器、雑貨は雑貨ときちんと種類ごとに適した形で梱包しなければなりません。

便利な時代になったもので、少しお金をだせば引っ越し業者の用意してくれる梱包BOXを借りることができます。

荷解きのときにダンボールやガムテープなどのゴミが出なくて済むのはもちろん、食器用の梱包BOXだと緩衝剤がしっかり入って割れにくくされていたり洋服はハンガーにかけたまま梱包できるようになっていたり…至れり尽せりです。

 

でも、多少の金額をケチってそういった梱包資材を購入しなかったゆえに、服をダンボールに適当にギュウギュウ押し付けてしまい込んだせいでしわくちゃになってしまい、食器の梱包を適当にしていたので数枚割れてしまったそうです。

料金を安く抑えるのも大事ですが、荷物を安心して確実に最高の状態で引っ越すのが大事だということを忘れないでおきましょう。

荷物への保険金をケチってしまって…

引っ越しをする際には、運んでもらう間に事故などトラブルに遭ってしまうことを想定して、そんなもしもの時のために保険をかけるのが一般的です。

運ぶ荷物の量が多かったり、運んでもらうものに特別高額なものが含まれている場合は保険に入るのが義務になりますが、単身引っ越しなどの格安パックでは、保険に入らない料金が最安値で紹介されているケースがあります。

「その値段で済ませたら良いや」と思い、引っ越し業者から勧められた保険の加入をせずに、そのまま引っ越しに臨んだ人のお話しです。

 

引っ越しで荷出しが終わり、荷物を積んだトラックが事故に遭ってしまいました。

トラック側が起こした事故では無く、もらい事故だったそうですが運んでいた荷物でダンボール内の食器は割れ、大切にしていたプラモデルとそれを入れる棚も壊れてしまったそうです。

 

でも、保険に入っていなかったためなんの保障もされず、結果引っ越し料金以上に元あったものを修復し買い直す費用がたくさんかかってしまったそうです。

皆さんも引っ越しの際はきちんともしもの場合に備えて保険をしっかりかけておきましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。