引越し準備の2つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、引越しの時に知っておくと便利なちょっとしたコツをご紹介します。少しのコツで、無駄な時間やエネルギーを大幅に節約できるので是非お試しくださいね。

1.食器類を梱包する時のちょっとしたコツ

キッチンの中で場所を多く占めるものといえば、食器類ですよね。

お皿やコップなど、食器類のほとんどは割れものなので、荷造りもキチンとしっかりしないと後で大変なことになります。

そこで、ちょっとしたコツがあります。

お皿を梱包する時は、ぜひラップで包んでみてください。

もし、さほど距離のない引越しであるならば、お皿を何枚か重ねてラップでピッチリ包むと割れる心配もありません。

しかも、開梱時に一枚一枚お皿を洗う必要がありません。

ラップを剥がしてすぐに食器棚に収めることができます。

お皿の梱包には新聞を使うのが一般的ですが、ラップだと食器が汚れませんし何よりも衛生的です。

それに、新聞紙と違って捨てるときも嵩張りません。

梱包用に使用するラップは、安いもので十分ですよ。

2.段ボールに物を詰めるときのちょっとしたコツ

自分で段ボールをもらってきて物を詰めていくとき、他にもこんなちょっとしたコツがあります。覚えておくと、あとで悲惨な目に合わなくてすむかもしれません。

引越し前にする定番の作業といえば段ボール箱に物を入れていくこと、です。

そこで、ちょっとしたコツがあります。

段ボール箱に荷物を詰める前に、家中から小さめのトートバックやエコバック、布製の袋や紙袋をかき集めてください。

それらの袋に細々とした雑貨や、キッチン用品、洗面所周りの化粧用品などを入れていきましょう。

そして、段ボールに袋ごと、そのままどんどん入れていきます。

新居についたら、袋ごと、すぐに取り出せますし、あとは各部屋に袋を置いて少しずつ整理するだけです。

細々した物でもまとめて片付けられますし、袋を覗けば、何があるか一目瞭然です。

同じ要領で、靴下、下着、ベルト、ネクタイ、ハンカチなどの細々した物も仕分けをすることができますよ。

家に置いてある袋類を上手に活用して、上手に荷物を詰めていきましょう。

2-1 荷物を詰めるダンボール箱について

・ダンボール箱の底は十字形にガムテープを貼っておきましょう。

こうしておくと、重さで底が抜ける心配がありません。

運んでいる途中に底が抜けて中身が散らばってしまう、なんて仕事を増やすようなことは避けられます。

・段ボール箱の上面と側面2箇所の計3か所に、中に何が入っているか細かく記載しておきます。

そうすると、中身が何か一目瞭然です。

新居に着いてから、あれは何処に入れたかな?

と物を探すときに片端から段ボール箱を開けて探す手間が省けますよ。

・本などの重くかさばる物は、小さい段ボール箱に詰めましょう。

大きい段ボール箱に詰めてしまうと重量もすごいことになります。

二人掛かりで持ち上げる必要になり、余計な手間がかかってしまいます。

・段ボール箱全てにナンバリングをしておきましょう。

もし合計20箱あるなら、1から始まって20まで各段ボール箱に番号をふってマジックで記載しておきます。

引越し業者に依頼しても、事前に合計何箱あるか分かっていれば、転居する前に全てが荷台に載っているかどうかを確認しやすくなります。

また、紛失防止にもなります。

2-2 ダンボール箱を閉める前に再チェック!

・引越しするときに意外と荷物に入れ忘れる物が、表札そして物干し竿や洗濯バサミ、サンダルなどバルコニーにあるものだそうです。

家を出る前に今一度、各部屋とバルコニー、庭や玄関の表を確認して入れ忘れたものがないかチェックしましょう。

・ほうきやちりとり、掃除機などは最後の最後まで使用します。

掃除機の交換用紙パックも一緒に出しておき梱包しないようにしましょう。

2-3 貴重品はダンボール箱の中に入れないで!

通帳や判子などの貴重品類は、実家に預けておくか、もしくは引越し中に付けておいても邪魔にならないウエストポーチやショルダーバッグに入れて肌身離さず持ち歩きましょう。

引越し中は人の出入りが多くなるので、段ボール箱に保管しておくことはお勧めできません。

たとえ厳重に何処かにしまったとしても、後でどこに入れたか忘れてしまい、必死で探しまわることが多いからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。