業者に頼まないで引越しは可能なのか…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お引越ししなければならない事情が出来たとき、引っ越し業者に連絡をして見積りをしてもらい、それがたとえ安いとは言えない金額だとしても業者にお願いして荷物を運んでもらうのが一般的ですよね。そもそも、業者に頼まないで引っ越しをすることは可能なのでしょうか。業者に頼むのと頼まないのでは、どういった面で差が現れるのでしょうか。
 

金額が安く済む代わりに負う“リスク”

業者にお願いをしないとなると、その分だけ金額的に安く済むのですが、その代わりに負わなくてはいけないリスクがたくさんあります。まずは、荷出しそして荷入れの時間についてです。業者に頼めば、約束通りの時間にしっかりと荷出しにスタッフが来てくれて手早く荷出しをしてくれますが、全て自分でやらなければならない場合は時間通りに片づけが進まないということが十分にあり得ます。部屋の引き渡しもありますから、予定の時間通りに部屋から荷物を出すということは大切。ですので、しっかりと引っ越しのプロである業者に頼んで、手早く効率的に荷出しと荷入れをお願いするのが一番良いといえます。
 

大型家具や家電をどう扱うかが重要です

自分で全て引っ越し作業をすると決めて問題になるのが、大型の家具や家電の扱い方についてです。洗濯機や冷蔵庫といった大型の家財道具は、素人だけで無理矢理に運ぼうとすると、物そのものを壊してしまう可能性があります。大きな衝撃を与えると、内部の配線がおかしくなっていざ荷入れし苦労して運んだ家電が動かなくなってしまった…なんてことも。簡単には購入できない大きな家具や家電を大切に長い間使用しようと思うのなら、ここは間違いなく引っ越し業者を頼るべきでしょう。プロが取り外しから運搬、運送、そして荷入れし設置までを丁寧に行ってくれます。

自力引っ越しの条件

大型の家具や家電の扱い方も大切ですし、
他に気をつけることで、引っ越しがスムーズに行うことのできる
条件があるので紹介していきます。
 

1 2名以上の作業する人数を確保する

1名でも行おうと思えば出来ますが、やはり2名以上いると
手分けができるので作業効率は良いので2名以上で
作業を行うことをおすすめします。

2 男手の作業員を確保する

女性が複数人集まって引っ越し作業を行ってももちろん大丈夫ですが、
やはり男手があった方が何かと活躍してくれて作業はスムーズに進むかと
思います。

3 車の運転

引っ越し業者に頼まずに自力引越しを行うのであれば、車の運転は必要です。
1人暮らし~少人数家族、荷物少な目の家族の引越しの場合なら、
自家用車や軽トラックを借りることで当日の引っ越しに支障はありません。
2トントラックに荷物を載せて運転をするのでしたら、
普通免許で運転可能ですが、道や商店街の看板等で通れない場所がある可能性があるので
事前にルート確認を行うようにしてください。

もしも、のときのことを考えると断然業者です!

引っ越しの最中、荷物を積んだ車が事故に遭うかもしれません。そんなとき、自分だけで引っ越しを行なっていた場合は積荷の保障というものが一切ありません。引っ越し業者に依頼をして家財道具を輸送してもらうと、その荷物の量と内容に応じた額の保障が適応されます。もしも輸送の最中に、ドライバーさんの不慮の事故によって荷物に損害が出てしまった時でもきちんと保障され、代替品や同等の物をきっちりと納品してもらえるので安心感が違います。自分だけでの輸送では、うまく荷物同士を固縛できずに中のものが壊れてしまったりするのもよく聞く失敗です。そんな失敗を避けるためにも、引っ越しにはきちんとプロである業者にお願いするのが得策といえます。

参考サイト

URL:【1】 nanapi
nanapi.jp/11979

URL:【2】 業者を頼まない場合の引っ越し準備
www.hajimete-club.net/gyousya/entry5.html

URL:【3】 引っ越しマル得情報
www.fredrikstadkunstlop.com/asked-seller.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。