トラブル

引越し業者が荷物を破損した!その時どんな対応してくれる?

引越し破損

引越をする時の注意点としては、引越し業者による荷物の破損の問題です。やはりプロとは言っても一番気になるところなのではないでしょうか。一般的には業者さんはプロですから、決して荷物の破損などをするわけが無いと思いたいのですが、やはりそこは人ですから万が一の事があるかもしれません。今回はそんな時の業者さんの対応や補償についてをお話していきましょう。

続きを読む

単身引越しによくあるトラブル~料金絡みの大失敗

引越しトラブル

あなたは単身引っ越しを、甘くみてはいませんか?自分の荷物を荷造りして運んでもらうだけ…そんな考えで引っ越しに臨んでしまうと後でイタイ目に遭うことになりますよ。引っ越しでよくある失敗を、体験談をもとにご紹介していきますので参考になさってくださいね。

続きを読む

万が一引越し会社が荷物を破損させたときに加入している保険とは?

引越し会社は引越しのプロフェッショナルとして無事故であることを最優先に
お仕事をされています。
しかし、いくら引越しのプロフェッショナルと言えども万が一に荷物の破損などトラブルが
生じる可能性は否めません。
そのような場合に引越し会社が加入している保険について紹介していきます。

『運送業者貨物賠償責任保険』について

『運送業者貨物賠償責任保険』は年間を通じて、運送業者が運送作業中に起きた
荷物の紛失や破損が生じた場合に引越し業者が加入している保険を言います。
引越し業者が加入するものなので、依頼をする側は保険に加入する必要が
ありません。
しかし、中には『運送業者貨物賠償責任保険』に加入しておらず、
万が一のときに荷物を破損させても保障をしない悪徳な引越し会社が
あるので、依頼する際には『運送業者貨物賠償責任保険』に加入されているか
調べるようにした方が良いでしょう。

保険が適用されない場合もあるので注意です

『運送業者貨物賠償責任保険』が適用される内容は、

  • 積み込み中もしくは荷物を降ろしたときに荷物が壊れたもしくは紛失した
  • 荷物を輸送中に壊れたもしくは紛失した
  • 梱包中に荷物が壊れたもしくが紛失した

場合です。
また、これらの3つは全て偶然に起きた事故を想定されたものであり、
仮に引越し会社に過失があった場合は、
『標準引越運送約款』の規定により引越し会社が損害を賠償しなければなりません。
しかし、『標準引越運送約款』には物を引き渡した日から三ヶ月以内に
通知をしなければ効果がなくなると記載されているので気を付けてください。
引越し業者がこの約款を提示しているか『運送業者貨物賠償責任保険』同様に
記載されているかチェックしておきましょう。

逆に保険が適用されない場合は、

  1. お客さん側の責任による荷物の破損や紛失
  2. 引越しの依頼前に既に荷物が破損していた場合
  3. 地震・噴火・津波など、自然災害による事故

と、お客さんに責任がある場合や天災による事故です。
また、美術品、骨董品・書画、宝石、宝飾品、貴金属など極めて高額な品は
保険では賄いきれない可能性があるため保障外の荷物になります。

引越し会社との万が一のトラブルを未然に防ぐために

引越し会社はプロで無事故であることを最優先にお仕事をされています。
しかし、万が一破損や紛失が起きないとは言い切れません。
引越し業者とお客さんの両方がお互いが気持ちよく引越しをできるように、
荷物の内容は正しく伝えるようにし、何かあればすぐにその場で引越し業者に
伝えるようにしましょう。

参考サイト
【1】引越しまとめ.com
URL:xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-1765/
【2】引越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/trouble/nimotuhason.html

引越しの見積もり時に注意しておきたいポイント

引越しをする際にどれくらいの引越し費用なのかを知るためには
引越し会社に見積もり依頼を頼む必要があります。
今回はその見積もりの際に注意しなければならない点を紹介します。

引越しの見積もりにおける注意点

複数の引越し業者に見積もりを頼むようにしましょう

一つの業者に見積もりを依頼しても、値段が安いのか高いのか値段の相場を
把握することができません。
『これくらいかな?』と思って始めの1社に依頼し、その他の業者が安い場合が多々有り得ます。
また、他にエアコンの取り付けなどのオプション費用も引越し会社によって異なるので、
オプション費用や引越し費用をなるべく安くするために複数の業者を比較するようにしてください。

訪問見積もりを業者に頼むときの注意点

見積もりには、電話だけで簡易的な見積もりをとってもらう方法と、
より詳しく引越し費用を調べてもらうための訪問見積もりがあります。
上記では簡易的な見積もり時における注意点を紹介させて頂きましたが、
訪問見積もり時における注意点についても紹介していきます。

1 業者が訪問に来たからといってその場で依頼することは避けましょう

訪問見積もりに来る業者も仕事なので、お客さんに決めてもらうために、
甘い言葉を掛けてくることが多いので注意しましょう。
いくつか甘い誘惑の代表例を紹介します。

○ダンボールは無料です

ダンボールを無料でくれるのは嬉しいのですが、大抵『契約を行った場合』に限ります。
契約する意思がなくまだ他の業者と比較をするのであれば、はっきりと断るようにしましょう。
後々にダンボールを配ったので契約意思があると業者に思われると、トラブルに繋がります。

○今ならこの値段より割引ます

まだ、いくつかの業者と比較する段階のうちに、
割引されて申し込んでしまっては、他の業者との比較ができませんので、
割引という言葉は良い響きですが、ぐっとこらえましょう。

○今決めると、内金や手付金が必要ありません

内金や手付金が無料なのは、標準引越運送約款にはっきり書かれていることなので、
惑わされないように注意しましょう。

これらが、業者の甘い言葉の代表例です。
訪問見積もりには、その場で契約しなければならないという
義務はありません。
かならずご自身が納得するまで、他社の引越し業者を比較し、
気持ちよく引越しができるようにしていきましょう。

2 複数の業者とバッティングする状況にないようにしましょう

業者側はお客さんが複数の業者に見積もりをしているとほとんどわかっているのですが、
いざ業者がバッティングすると交渉に支障がでることがありますので、
注意しましょう。

3 運ぶ荷物が変動した場合は再度訪問を頼みましょう

訪問見積もりにきてもらったあと、契約を決めたあとに、もしかすると
荷物の増減があるかもしれません。
荷物の量が変われば、作業員の人数やトラックの大きさが変わってくる
こともあり、料金も変わります。
ですので引越し会社に連絡し、再度訪問を頼むことで再度見積もりを取り、
正式な料金がわかるようにしてください。
再度訪問を依頼するときは、『増減した荷物の種類』、『どれくらい増減したかの量』を
事前に伝えておくと業者も見積もりの予測が当日に立てやすいのでしっかり伝えておくと
良いでしょう。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/the-day-you-get-competitive-quotes/

【2】引越し見積もり注意点.com
URL:xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/hikkoshi-site/zba.html

もし業者が荷物を破損させて引っ越しトラブルを起こしたら?

引越しトラブル

引っ越しには、今の住居の中にある荷物を新しい居住先にどうしても荷物を運ばなければなりません。
その沢山の荷物を運び出すことは、大変な労力を伴うことで、プロの業者に頼んだとしても、大小さまざまなトラブルが起きるケースがあります。
これが初めて引っ越しをされる方ならば大変に不安に思われると思います。
いざトラブルにあってしまった場合にどうすれば対処できるのか代表的なトラブルを紹介していきます。

一番よく起きるトラブルは荷物の破損や紛失

引っ越しをおこなう際にもっとも多いトラブルは荷物の破損や紛失です。
もちろん、引っ越し業者は細心の注意をはらって事故件数ゼロを目指しているのは
間違いないのですが、居住先の狭い廊下や階段、玄関をとおるケースがほとんどなので、
家電や家具といった大きいものを移動させるときに破損することが多いのです。

運ぶ荷物が破損したら泣き寝入りするしかない?

では、引っ越しの際に荷物を運んだときに家電や家具を破損してしまったときに、
泣き寝入りするしかないのか?といえばそうでもありません。
引越業者は引越し後3ヵ月以内に通知された荷物の破損や紛失について、それらが引越業者側に起因する場合には、1年以内に補償することが引越約款によって定められています。
明らかに引っ越し業者の作業員の不手際で荷物が破損したり、家具にキズが入った場合にはスムーズに話しあいができるはずです。
もし、明らかに引っ越し業者に過失があるにも関わらず、納得がいかなかったり、業者が取り合ってくれない場合には消費者生活センター
(URL:www.kokusen.go.jp/map/index.html)
に相談してみるのもひとつだと思います。

荷物を運ぶ前に荷物の状態をしっかり確認しておきましょう。

引っ越し業者が荷物の破損や、紛失に対応してくれる場合は明らかに引っ越し業者側に
過失があった場合です。
自分にも過ちがなかったか冷静な判断ができるように、大切な家具や高価なものにおいては、キズがないのはもちろん、引っ越しをする前からキズや壊れている箇所がある荷物など、引っ越し業者さんと一緒に確認しておきましょう。
引っ越し業者さんと一緒に確認することで、荷物の状況の認識を共有させることが大切です。
また、仮に引っ越し時に破損した場合はスムーズに問題解決するために、
中には悪徳な業者で、過失を知らぬ振りをして見過ごすことも稀ですがありますので、
現場でしっかり証拠を押さえるようにし、遠慮せずに問いただしていきましょう。
証拠を押さえるためには、現場ですぐに証拠写真を撮るようにし、
引っ越し業者から要求された場合に証明できるようにしておくことが
大切です。
きちんと写真に日時も表示されるようにしておいてください。

参考サイト
【1】引っ越しポーターラビット
URL:porter-rabbit.com/category/trouble/

【2】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/trouble/yukakabekizu.html

【3】引っ越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/qanda/funshitsu.html