どうせ自分の好きな街に引っ越しをしたいと思うのであれば、
一番引っ越し費用が安く条件が良いときに引っ越しをしたいものです。
この記事では引っ越し費用が安くすむ条件が良いタイミングや時間帯を紹介していきます。

この日はなるべく避けたい繁忙期

引越には繁忙期と呼ばれる時期があります。
特に3月、4月の時期は転勤、就職、進学など新しい生活を希望される方が
最も多いため引越しの以来件数も増えるので、普段より倍の料金が発生します。
業者側にとっても、魚の入れ食い状態のようにお客さんの依頼が舞い込んできますので、
値段交渉も応じにくくなります。
急な転勤の辞令を受けてしまった場合などは仕方のないことかもしれませんが、3月、4月以外の単身引越しの値段が安いシーズンを検討してみることをおすすめします。

時間帯にも気をつけることで引っ越し料金がやすくなります

引っ越しをする時間によって引越料金は安くなる条件があります。
それはフリー便を活用することです。
フリー便を間単に説明すると、日にちだけ決めて作業開始時間は引越し当日までわからないサービスです。
完全に業者の都合に合わせたサービスのため、午前や午後とこちらから指定するよりも、
場合によっては通常時の半額誓い料金になることもありますので、時間に余裕をもたせられるのであれば、フリー便を活用して値段を安くしていきましょう。

引っ越しのおすすめの曜日は?

曜日に関しては、平日に引っ越しをするのが、土日に引っ越しをするよりも安く引っ越しをすることが可能です。
特に金曜日と月曜日は週末に続く曜日になりますので、比較的平日の中では他の平日の曜日と比べて引っ越しの値段が上がることが考えられるので、火曜~木曜で選ぶのがおすすめです。
また、引っ越しを行うにあたり、できれば大安や吉日といった縁起の良い日を選びがちになりますが、引っ越し業者の中には仏滅の日に引っ越し料金を安く設定している業者があるので、
そのようなことが気にならないのであれば、仏滅の日に引っ越しをしも問題はないかと思います。