節約

引越しを行う際に単身の方が見積もりをお願いする前に気をつけなければいけないポイント

引越し会社に見積もりを依頼する際に1円でも安くリーズナブルなお値段を
提示してもらうには、見積もりをお願いする前に気をつけなければいけない
ポイントがいくつかあります。

引越し先の新居はみつかっていますか?

引越し先の状況で引越し料金は変動してきます。
例えば、引越し先がタワーマンションの場合に荷物を搬出する場合に
細かい条件が付き、作業員を増やさなければならない可能性があります。
また、道路の道幅がとても狭く大きいトラックでは通ることができない為、
軽トラックを用意するとなった場合軽トラックを用意するための料金が掛かります。

このように引越し先の状況で引越し料金は変動していくので、
しっかりと新居がみつからないうちに、『これだけの荷物を運ぶのにどれくらい掛かりますか?』
とアバウトな質問をされても、引越し会社は困ってしまいます。
引越し先の新居の情報をはっきりさせた上で見積もり依頼をするようにしてください。

運ぶ荷物は決まっていますか?

引越しのときには不要品がどうしても出てくることは否めません。
しかし、どの荷物が不要品かを把握しないままに、
あれもこれもと、引越し会社に運んでもらう荷物を指定すると、
トラックの大きさもサイズがアップし、引越し料金が高騰してしまいます。
ですので引越し会社に依頼する前に、引越し先に運ぶ荷物をいま一度
確かめて、必要な物と不必要なものを分けるようにしましょう。

j引越し日と時間を確定させていますか?

引越しの時間を確定させる場合でも、午前と午後の料金を比べると
午前に引越しを行う料金は午後の引越しより料金が高いです。
また、3月~4月はもっとも引越しを希望される方が多い時期に入るため
引越し会社も依頼料金の値上げを始めます。
計画性なく引越しの日程や時間を曖昧にすると、本当は払わなくても良い額を
払ってしまう可能性が出てくるので注意が必要です。
また引越し会社に見積もりを頼むときにも、たとえば『3月の中旬あたりで』などと
曖昧な言葉で依頼すると業者もトラックの手配ができませんので、
はっきり日程だけは伝えるようにしてください。

依頼する内容をはっきりさせていますか?

基本的に荷造り・荷解きは自身で行い、荷物の搬出・搬送を行うのですが、
中には荷造り・荷解きも引越し会社が行ってくれるプランもあります。
もちろん、引越し作業のほとんどを担ってくれるので自身で行う引越し作業が
楽になるのですが、その分お値段も張ってきます。
どこまで自分でやって、どこまでを引越し業者に頼むかで引越し料金が
変わってきますので、作業の分担をはっきさせておきましょう。

引越し先の住所、運ぶ荷物、引越し日時、引越し会社に依頼する内容を
確定することで、引越し会社の見積もり依頼がスムーズにいきます。
また、引越し料金も結果的に抑えることが可能になるので必ず上記のことを
確定させて引越し会社に依頼してくださいね。
依頼する際には引っ越し一括見積もりサイトから依頼すると、
手軽に見積もりを依頼できますので、おすすめのサービスを
最後に紹介します。

引越し戦隊

3月上旬にスタートする予定の引越し一括見積もりサイトで、
引越し料金の最安値を保証してくれます。
URL:hissen.jp/

引越し侍

最短1分で引越し料金の相場がわかり、
操作もお手軽です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

その場で引越し料金の相場がわかるだけでなく、
引越しに役立つ情報が満載の引越し一括見積もりサイト
です。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

単身引越しの料金を抑えることができるベストな時期とは?

引越しの料金を抑えることができるベストな時期とは?

引越しのベストな時期は、皆が一斉に引越しをする時期を避ける事がベストな時期といえます。
例えば3~4月は、学生の方であれば進学や、働かれている方でしたら転勤などで引越しを希望をされる方が多く、その時期は引越し会社は大忙しです。
引越し料金も、単身の方が50キロくらいの移動距離であれば約3万円前後の料金になるのですが、
3月末の一番忙しいピーク時には10万円を超えるような引越し会社も出てくると聞きます。
引越しを希望をされる方が必然的に多い時期ということもあり、値下げ交渉も厳しいです。
しかし、ピーク時には10万円という金額も4月に入れば落ち着いて、4月も2週目に入ると
料金が通常に戻り、通常より安くなりやすくなります。
ですので、その時期を避けて2月、4月は引越しを押させるベストなタイミングを言えるでしょう。
また、夏に入る8月9月も学生の方の夏休みや、働かれている方の転勤で引越しを希望される方が
多くなる傾向にあるのでこの時期も避けたほうが良いでしょう。

曜日もこだわらなければ料金を安くすることが可能です

引越しは、平日は安く、土日は高い傾向にあります。
これも、引越しはある程度の時間が掛かる為、まとまった時間を取ることが
可能な日を選ぶため土日に引越しが集中するからです。

更に引越し料金を抑えることのできる2つのポイント

1 大安も避けましょう
大安は昔から伝わる風習で吉日で何か新しく始めるときに
縁起が良いといわれています。
ですので、縁起の良い日に引越しをする方が多いため、
その日に引越しが集中し値段の高騰に繋がります。
縁起を担ぐことをあまり気にされないのであれば、
大安に引越しをすることを避け、
仏滅といったあまり縁起に良くない日を
選ぶと引越しの料金を抑えることができます。

2引越し時間は指定しないでください!
引越しを希望される際に朝一番から引越し作業を行い、
できるだけ早い時間帯に作業を終わることを望まれる方が多いです。
そのため、朝に引越しが集中するので値段が高くなります。
ですが、午後からの引越しや完全に時間帯を引越し業者に
任せてしまうことで料金が割引され、料金を抑えることができます。
午後や引越しの時間を完全に業者に任せた場合は、
移動距離が長い場合だと夕方から夜遅くまで作業時間が
掛かるので移動距離が長い場合には不向きかもしれませんが、
引越し先が近場で単身の方のように特に運ぶ物が沢山ないのであれば、
引越し時間もあまり掛からないことですので、時間を指定せずに午後か、
もしくは完全に時間帯を引越し会社に任せることをおすすめします。

上記のことを把握できたらこのサービスを活用して更に料金を抑えましょう!

上記の引越しの料金を抑えることができるベストな時期やタイミングを掛け合わせると
引越し料金を確実に抑えることが可能になるのですが、
時期やタイミング把握した上でさらに活用したいのが『引越し一括見積もりサイト』です。
複数の業者に見積もりを取ることでそれぞれの引越し会社の料金やサービスにどれだけ差が
生じるのかがわかります。
その生じた金額の幅を元に値段交渉をすればより安い料金で引越しが可能になります。
また、一番安い引越し会社を見つけるのには『引越し戦隊』が業界初の最安値保障を約束しているので、最も安く尚且つサービスが充実している引越し会社を見つけるにはとても良いサービスと
いえるので活用してみてはいかがでしょうか。
引越し戦隊
URL: hissen.jp/

単身の方向けの引っ越し費用の相場と抑えておきたいポイント

単身の方向けの引っ越し費用の相場をご紹介

単身の方が引っ越しを行う時に同一県内の引っ越しであれば、
単身で荷物が少なめで軽トラックで荷物を運んだ場合に9000~40000円
単身で荷物が多めで2tトラックショート車に荷物を運んだ場合に18,000~80、000円
と、荷物の量や引越し現場の状況で誤差は出ますが上記の値段が相場と言われています。

あなたの荷物、本当にこの量で大丈夫ですか?

上の相場で気を使われた方がいらっしゃると思いますが、
引っ越しをする際の費用は、トラックが大きければ大きいほど値段が高騰します。
つまり、運ぶ荷物が多ければ多いほどトラックのサイズが大きくなるということです。
もちろん、移動距離も短ければ引っ越し料金の値段は安くなるのですが、
移動距離は引っ越し先によって変わり、もうすでに引っ越し先が決まっている場合など
あり自分でどうこういっても不可能です。
ですので、引っ越し費用を1円でも安くし、引っ越しに掛かる料金を抑えたいと思うので
あればまずは引っ越し会社に運んでもらう荷物を最小限にすることを考えましょう。
最小限にするときには、必要なものなのか、不必要なものなのかを分けることになるのですが、
だいたい1年以上使っていない物は今後も使う可能性が低い場合がほとんどなので、
処分することをおすすめします。
また、処分する物の中で使えそうなものがあれば、
メルカリ(URL:mercari.jp/)というフリマアプリが有効です。
このアプリは着なくなった服や小物、本などをその場で写真に取り、約3分ほどで出品が
可能です。

3つの単身の方向けの引っ越し費用の相場を抑えることが可能な方法

1  引っ越しは平日の火~木曜日がおすすめです。

サラリーマンの方などはまとまった時間が土日の休みの日や
祝日になるので、まとまった時間を取れる土日に引っ越しが集中します。
引っ越しが集中すると、引っ越し会社は料金を下げる必要がなくなるため、
平日と土日の引っ越し料金を比べると土日の方が高いです。
また、土日と合わせて有給をとる方がいらっしゃる為か定かではありませんが、
金曜と月曜も、少し料金が高い傾向にあるようです。

2 一番引っ越し会社が忙しい時期を可能な限り避けましょう

3月2週目を過ぎたあたりから末に近づくにつれて、
徐々に引っ越し料金を引っ越し会社が上げてきます。
転勤される方の転勤先が決まったり、学生の方の進路先が決まり引っ越し先が
決まるのがこの時期になるので、引っ越し会社も一番忙しくなるのがこの時期
なので、単身で荷物が多めで2tトラックショート車に荷物を運んだ場合に
18,000円で済む場合でも、値段が10万円を超える業者が出てくることもザラではありません。
また、この時期はどこの引っ越し会社も依頼が殺到している状況です。
高いから他の業者に依頼をしようとしても受付てくれない可能性があります。
他の業者を探す際には注意をするようにしてください。

3 仏滅を選ぶと料金が下がります

引っ越し会社は月末になるに連れて引っ越しが集中する傾向にあり、
また縁起担ぎに大安を選んで引っ越しを依頼する方が多いです。
仏滅は引っ越しに向いてないと思う方がいるので、仏滅は依頼数が
少ないため、引っ越し業者も料金を下げる傾向があります。

単身の方向けの引っ越し費用の相場と引っ越し費用を抑えるために、
あなたに知って頂きたいポイントをまとめました。
もちろん、人それぞれ都合があるかと思いますが、
引っ越し費用を少しでも押さえ、気持ち良い引っ越しライフを
お過ごしになれることを応援しています!

参考サイト
【1】引っ越しやることリスト一覧
xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.cc/ryoukin/ryoukin.html

都内から単身で引越しをする際にリーズナブルな業者の見つけ方

同じ引越し会社に依頼するのであれば、
少しでも料金がリーズナブルな業者に頼みたいですよね。
今回は、単身で引越しをする際にリーズナブルな業者の見つけ方を
紹介していきます。

単身で引越した場合の料金の目安

まず、都内から単身引越しをする際にどのくらいの料金が掛かるのか
知っていただくために下記の表に相場をまとめました。

タイプ 通常期の料金(5月~2月) 繁忙期の料金(3月~4月)
単身(荷物少なめ) 約39,000円 約47,000円
単身(荷物多め) 約49,000円 約54,000円

価格.com参照:http://kakaku.com/hikkoshi/search.asp?unit=9

『繁忙期は高いから仕方ない』とあきらめるのはまだ早い

5月~2月のオフシーズンと3月~4月のオンシーズンを比べると、
3月~4月の時期は1年で最も引越し業者の需要が高まるため、
オフシーズンと比べて高くなる傾向にあります。
しかし、とある引越し会社の担当者さんの話しでは、
3月の2週目までなら通常と変わらない値段で引越しが可能だということを
おっしゃっておられました。
引越し業者の『予定が埋まっていない日程』や、『一日の予定の中で空いている時間帯』
が、上手く見つかり自分の引越しのタイミングがあった場合には安く引越しができるので
『繁忙期は高いから仕方ない』とあきらめないで欲しく思います。

リーズナブルな業者を見つかる取って置きのサービス

繁忙期と呼ばれている3月~4月の引越しを行う際、引越し業者の『予定が埋まっていない日程』
や、『一日の予定の中で空いている時間帯』を上手くみつけるには、引越し一括見積もりサイトを
活用することが最適な方法です。
引越し一括見積もりサイトから荷物量などの引越し内容を入力するだけで、
引越し業者の空き状況や料金をその場で確認が可能で、繁忙期でも依頼・予約が
可能なので是非とも活用しましょう。
また、引越し会社の『予定が埋まっていない日程』や、『一日の予定の中で空いている時間帯』が
見つかるだけでなく引越し一括見積もりサイトは複数の業者から見積もりを取ることができるので、
それぞれ提示された金額を元に『Aという業者は○○円だったけど、お宅はどうなの?』と交渉が可能になり、リーズナブルな値段で引越しが可能になるメリットがあります。

あなたに是非とも活用して頂きたい一括見積もりサイトをご紹介

引越し戦隊

お引越し代金が実質0円にすることも可能なキャッシュバックメニュー
や、繁忙期でもなるべくリーズナブルな値段で引越しが可能になる
充実したキャッシュバックメニューが取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

220社以上の提携している業者の中から各社の見積もりを比較することができ、
引越し業者が混み合う時期でも、スケジュールが空いている業者を見つけることが可能です。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

引越し侍

最短1分で料金の相場がわかり、ズバット引越し比較同様、
引越し業者が混み合う時期でも、スケジュールが空いている業者を見つけることが可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

単身の方が引っ越し費用を抑えることが可能になる比較サイトの活用方法

なぜ複数の業者の料金の比較が必要なのか?

引越し業者は全国に複数ありますが、
一体どこに違いが現れるのかがわからい
方がおられると思います。
結論を言うと、引越し業者の違いが現れる部分は『見積もり』の
部分のみです。
ですので、1社だけの見積もりだけでは、
引越し料金の相場がわからないので依頼をすることは
避ける必要があります。
複数の見積もりを取ることで、
トラックのサイズ、スタッフの人数、附帯サービスの料金(エアコンの取り外し・取り付け)
ダンボール箱サービスがあるのか無いのかなど細かいサービス内容も比較ができるので、
費用を抑えたいのであれば必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

引越し一括見積もりサイトの活用方法

『ズバット引越し比較』http://www.zba.jp/hikkoshi/
まず最初にトップページ右に、【現住所の郵便番号】、
【引越し先の都道府県】、【引越しされる人数】
を入力するフォームがあるので入力を行います。
トップページから入力を完了すると、
【現在の住まいの情報】、【引越し先の住所】、【引越し希望日】
の欄を埋めていきます。
そして、【荷物の情報】→【お客様情報】を順番に
質問事項を埋めていくだけで完了です。
入力が早い方であればわずか3分も掛からずに
複数の引越し会社に見積もりを出すことが可能になります。

引越し一括見積もりサイトを活用する上で気をつけておきたいこと

引越し一括見積もりサイトは、手軽に時間を掛けずに複数の引越し
会社に見積もりを依頼して料金の比較ができるのが特徴なのですが、
複数の業者に一括で連絡が行くので、どうしても複数の業者から
メールの連絡や電話が掛かってくるようになります。
中には深夜の遅い非常識な時間帯に掛けてくる業者も少数ですが
いると聞きます。
電話が来ることを覚悟して、迷惑な業者には『もう決めてるところがあるので』
と伝えて電話が掛かってこないようにすることが必要です。

複数の引越し業者からの連絡にウンザリしたくないあなたにはこれ!

引越し一括見積もりサイトを活用すれば、
複数の業者から電話やメールが来ます。
これは誰もが覚悟をしなければなりません。
しかし、上でも述べたように少数ではありますが、
深夜の遅い非常識な時間帯に掛けてくる業者も存在します。
そんな迷惑な業者を排除し、何度も業者との連絡をする必要がない
一括見積もりサイトのサービスが『引越し戦隊』(https://hissen.jp/)
です。
この『引越し戦隊』は、全て『引越し戦隊』のスタッフが、
あなたの引越し先や荷物の情報を聞いてくれますので、
複数の引越し業者からの連絡が一切ありません。
複数の引越し業者からの連絡にウンザリしたくないという場合には
とてもおすすめのサービスです。

単身で引越しを行う方の為の格安業者を見つける手順

格安業者を見つけるために必ず活用して欲しいサービス

格安業者を見つけるには、
まず引越し一括見積もりサイトを活用し業者から
提示される見積もり料金の比較をすることをおすすめします。
なぜなら、都内から都内の単身での引越しという同じ条件を
業者に見積もりを依頼した場合でも、
A社・・・35,000円
B社・・・25,000円
C社・・・43,000円
と同じ条件で作業内容もあまり変わらずに
30%~50%は値段に差が生じます。
そのため、1社目の良い値だけで決めずに複数の業者から
見積もりを取ることで引越し料金の比較ができるので、
格安の業者を見つけるために是非とも一括見積もりサイトを
活用していきましょう。

引越し一括見積もりサイトの利用方法と流れ

続いて、引越し一括見積もりサイトの利用方法についてなのですが、
『引越し侍』という引越し一括見積もりサイトを例にすると、
まずトップページに現住所の郵便番号、引越し先の都道府県、
引越しタイプを入力するフォームがあります。
人気ランキングの上位の業者に予約するか、総合的に業者をじっくり
比較するかを選らんで入力をしてください。
※トップページ(http://hikkoshizamurai.jp/)

トップページから必要事項を入力すると、
今回は最大10社比較の入力フォームから
入力をしたのですが、
下記の画像のページに飛びます。

  • 利用者の住所氏名
  • 現在の住所
  • 引越し先の都道府県
  • 引越し希望日
  • 引越し人数
  • 運搬する荷物の情報 等

質問事項はサイトによって異なりますが、
質問事項に沿って入力をするようにしてください。

見積もりサイトに情報を入力する上での注意点

見積もり料金を正しく算出するためにも荷物量を正確に
入力をする必要があります。
入力し忘れた荷物があり、後に「見積もりと違っていた!」という
トラブルを未然に防ぐためにも引越し時に運ぶ荷物量は正確に
把握をするようにしましょう。

引越し侍の他にもおすすめできる引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定の引越し一括見積もりサイトで、
『最安値を保障でききる引越し一括見積もりサイトは
引越し戦隊だけ』と謳っているように、
他のサービスにはない機能やキャッシュバックメニューが
取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

引越し祝い特典や期間限定のキャンペーンが
多数あり引越しが決まっているのであれば、
利用しない手はありません。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

SUUMO引越し見積もり

見積もりを出せる業者の数が、
30社ともっとも多くの会社に見積もりを
出すことが可能です。
URL:hikkoshi.suumo.jp/

単身の方が安い値段で引越しを行うポイントと注意点

単身の方が引越しの準備をするときに、まず気になるのが引越し業者に
支払わなければならない費用ではないでしょうか。
その料金が安くなれば皆さん嬉しいですよね?
今回は単身の方が安い値段で引越しを行うポイントと注意点について
紹介していきます。

運ぶ荷物を極力少なくする

引越し料金の決め方は以下の4つの要素で決まります。

  • 作業員の人数(人件費)
  • 荷物の量
  • 移動距離
  • 附帯サービス(例 エアコンの取り外し・設置)

この4つの要素のうち、引越しに運ぶ荷物の量は今のままで良いのか
もう一度確認して欲しく思います。
なぜなら、例えばトラックが2トンロングでなければならなかったのが、
荷物の量を減らすことで2トンショートになった場合値段は安くなります。
このように、荷物が少なければその分料金も比較的安くなるので、
引越しに運ぶ荷物の量は今のままで良いのかをしっかり確認し、
引越し後に支障の来たさない物は処分し、荷物の量を軽くしていくことを
おすすめします。

可能であれば引越し業者に都合に合わせる

朝一番から作業を行い1日で引越し作業を終わらせてしまいたいので、
朝からの引越しを望まれる方が多く、その分料金が掛かるのですが、
引越し日だけを指定し、時間は業者都合に合わせる『フリー便』を
活用すると午前から引越しを始めるより料金が格段に安くなります。
しかし、午前中に大きな引越しを終えてから引越しが始まることが多いため、
午後何時にトラックが到着するか分かりません。
引越し荷物が多い方にはあまり向きませんが、
あまり荷物が少ない単身の方であれば、フリー便の活用を検討してみては
いかがでしょうか。

なるべく繁忙期の引越しを避ける

引越しを希望する方がもっとも多いのは3~4月と言われています。
3~4月は転勤、就職、進学などで新生活を迎える人が多く、
引越の数も多いため、引越し業者が忙しく料金が割高にる傾向です。
しかし、3月は繁忙期と言えども、まだ2週目を過ぎるまでは
通常と変わらない値段で引越しが可能です。
気をつけて頂きたいのは、3月21日を超えたあたりから徐々に上がり始めます。
これは例なのですが、とある引越し業者さんでは通常3万円で済む様な引越しが、
21日を超えたあたりから倍以上になり、末には10万円と言われることがあるそうです。
引越し希望日がすでに決まっている場合は仕方ありませんが、
繁忙期は通常より3倍以上値段が上がることを覚悟してください。

一括見積もりサイトのサービスを利用する

引越し料金はたとえ同じ条件で見積もりを出したとしても、
A 35,000円
B 42,000円
C 27,000円
と料金に差が生じます。
ですので、1社目だけの良い値で依頼をすることは絶対に損ですし、
必ず、複数の業者から見積もりを取って、料金を比較しておくようにすることを
おすすめします。

おすすめの一括見積もりサイトを紹介します。

引越し戦隊

3月の上旬にリリース予定で、
実質無料で引越しができる夢のような
キャッシュバックメニューがあります。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

提携している引越し会社は220社以上あり、
荷造りや手続きを手早く済ませるコツなど引越しに必要な
情報が満載の見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

SUUMO引越し見積もり

その場で見積り金額がすぐに確認することができるのが
特徴です。
URL:hikkoshi.suumo.jp/

参考サイト
【1】引越しのコツと業者の選び方
URL:hikkosi-guide.net/price/hanboki.html

単身の方が費用を欠けずに引越しを行える節約術

誰もが、引越しをする際に引越しに掛かる費用を抑えたいと望むことだと思います。
そんな単身の方が費用を掛けずに引越しを行える節約術をまとめてみました。

引越し費用を抑えたいのであればなるべく3月末の引越しを避けましょう

3月~4月の時期は、年度初めと言うことで転勤や入学などの時期で、
最も引越しが増える時期になります。
ですので、釣りをするときに仕掛けを入れるとすぐに魚が食いつてくるように、
引越し会社がほぼ何もしていなくても引越しの依頼が舞い込んでくるので、
かなり引越し会社が忙しくなるため、料金も高騰する傾向にあります。
とある引越し会社では、同一県内で単身の方が引越しをされた場合に
通常では3万円前後のところを3月の末に引越しを望んだ場合に10万円を
超える業者もあるほどです。
どうしても3月から4月の間に引越しをしなければならないのでしたら、
まだ3月の2週目までなら通常と変わらない値段で引越しができる傾向にあるので、
前倒しが可能ならば前倒しをすることを視野にいれてみるべきでしょう。

引越し会社の都合に合わせる

一般般的に、確実な時間指定のできる午前便は高く、時間の指定が難しい午後便は
安くなることが多いです。
また、完全に引越し会社の都合に合わせる『フリー便』は、時間の都合を合わせることが
できないため、長距離の移動の場合に引越しを終わらせるのに時間が掛かるなどのデメリットは
ありますが何時に来ても大丈夫という心構えがあるのでしたら『フリー便』はおすすめのプランです。

運ぶ荷物を減らす

引越しには運ぶ荷物の量により料金が左右されます。
つまり、荷物を減らせば、引越し料金を安くすることが可能だということです。
荷物を減らすためにまずは引越し先で不要になるものをリストアップすると良いでしょう。
例えば、1年以上着用していない服や何年も使用していない食器や物はありませんか?
これらはおそらく今後も使う可能性が低いと思われますので、引越しを良い機会だと思って、
処分することを検討してみてはいかがでしょうか。

引越し一括見積もりサイトを活用し複数の業者に見積もりを依頼する

1社目に引越し料金の見積もりを出し、サービスがよくて安いと思っていても、
2社目が1社目より安くサービスも1社目の業者と同等のサービスを受けられるというケースは
よくあることです。
複数の業者から見積もりを出すことでそのようなことがなくなり、料金やサービスの比較が
できるため、1番安い引越し業者がひとめで分かるだけでなく、たとえば1社目の引越し会社に
2社目の料金の情報を伝えて2社目より安くなるように交渉を持ちかけることも出来るように
なります。

そんな活用するとお得な引越し一括見積もりサイトを紹介していきます。

引越し戦隊

最大20社の引越し業者に見積もりを出すことができ、
必ず最も安い業者に依頼できることが特徴です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

引越し予約・一括見積もりサービスを利用して実際引越しをされた方の
口コミ件数が6千件以上あり、見積り料金だけではなく作業員の対応やサービスの質を
チェックすることが可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

この引越し一括見積もりサイトはユーザー数が累計で
350万を超えており、沢山の信頼と実績があります。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

参考サイト
【1】引越し料金を安く抑える方法
URL:www.hikkoshi-price.jp/simulation.html

引越し先が近距離の場合に単身の方向けのお得な引越し方法

引越しは長距離の引越しだけを取り扱っているだけではない

よく、引越しは新生活のために田舎から都会に出るということを
思い描く方がいらっしゃいますが、何も長距離の引越しだけを
業者が取り扱っているということはありません。
都内から都内といった近距離の引越しも沢山の業者が扱っているので
近場の場合でもt安心して引越し業者に依頼をして頂ければと思います。

近距離の引越しをお得にする方法

まず近距離の引越しをお得にする方法について紹介する前に、
近距離で単身引越しを行ったときの相場を知って頂きたいので
ご紹介します。

移動距離 単身(荷物量不通) 単身(荷物多め)
近距離(20km以内) 37,805円 44,315円
近距離(50km以内) 43,595円 45,980円

オフシーズン(5月~2月)の引越し料金相場(引越し侍引用:hikkoshizamurai.jp/price/souba/

では、近距離の引越しをお得にする方法について紹介していきます。
方法は主に2つです。

1 引越し一括見積もりサイトを活用し複数の業者から見積もりを取る

上記で紹介した相場はあくまで平均的な相場であり、
実際に引越しに掛かる料金は引越し会社によって様々です。
そのため、引越し一括見積もりサイトを活用することで、
一番安い業者が見つかることが可能になりますし、
値段の交渉が有利になります。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

引越し代金が実質0円になるキャッシュバックメニューが取り扱われていたり、
必ず最も安い引越し業者を紹介してくれるのが特徴的です。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

利用者数が追啓350万人を超えており、
引越し会社の比較だけでなく、家事セラピストの方が
様々な引越しに役立つ情報を教えてくれる見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

引越し侍

こちらも様々な引越しに役立つ情報が記載されており、
見積もりを行う際にもランキングや口コミで人気業者が一目でわかるように
なっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 フリー便を活用する

フリー便とは引越し日だけを指定し時間は業者都合に合わせて引越しがおこなれる
ことを言います。
業者都合に合わせなければならないので、料金が相場より遥かに安くなることが
多いです。
ですので、移動距離が短く、作業も短時間で終わり、時間に余裕がある引越し
にはおすすめのプランです。

3 自力で引越しをする

大きな家具が特になく、マイカーを持っている、もしくはレンタルするなどの引越しに必要な条件が
整っており、自力で引越しをするほうが安いと判断した場合は自力でお引越しをされて問題ないと
思います。
しかし、マイカーを持っている場合はかまいませんが、レンタルをする場合の費用や、引越しに掛かる時間などしっかり考えた上で行うことをおすすめします。

繁忙期は値段が5倍以上跳ね上がることを覚悟してください!

上記では単身の方がお引越しをする際に料金を抑えるお得な方法について
紹介したのですが自力で引越しすることを除いて、引越し業者に頼む場合、
上記の方法を活用したとしても料金を安く抑えることがとても厳しい
時期があります。
とある引越し会社の営業担当の方からお伺いしたのですが、
近距離の場合に単身の方がフリー便で2月中旬2万前後、2月末は3万前後で済むのが、
3月21日を過ぎると、その時期には引越しの準備が整いはじめ引越し会社に依頼が
殺到するために、徐々に値段があがり始めるそうです。
そして、3月28日以降から末まで10万円まで高騰するそうです。
また、3月末には引越し会社も依頼が殺到しているため、なかなか依頼することも難しいので、
この時期に引越しをする方は5倍以上跳ね上がることを覚悟してくださいね。

参考サイト
【1】引越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/mamechishiki/chigaiha.html