準備

引越しの準備は一日にできる事を増やせば簡単に終わる!

引越し準備疲れた

引越しで何が一番大変なのかというと、やはり荷造りなどの準備に一番時間がかかってしまいます。しかも引越しまでに時間があると「まだいいか……」などとついついサボってしまったりしますね。そして引越しの日が近づいてきてから「ちゃんとに荷造りしておけば良かった」と思ってしまうものなのです。そこで今回は引越しの準備を簡単にするためのグッズや方法などをご紹介いたします。

続きを読む

引越しをする時の準備はどこまですればいいのか?

単身引越し

引越しをする時の準備って、いったいどこからどこまでやったらいいのかわかりにくいものですよね。人によっては荷物を出したらそれで終わり。という方もいるでしょうし、きちんと掃除をしてキレイにして引き渡すという考え方をする方もいらっしゃいます。それに引越しの荷物はどこまでやるかも気になりますよね。今回は引越しをする時に、私たちはいったいどこまで準備すればいいのかを調べてみました。

続きを読む

引越しの準備をいつ始めるのかによってお得度が違うのはなぜ?

引越し準備

引越ししよう!そう思ったら、引越しをする準備を始めなくてはなりません。ところで引越しをしようと思ったら、いつから準備を始めたらいいのかちょっと迷ってしまう事もあります。そこで、引越しする必要が出てきた場合に、いつから準備を始めればいいのかについてをお話したいと思います。

続きを読む

引越しが決まったらやるべき準備と荷造りのコツ

引越し準備

引越しは突然決まる事が多くてバタバタしてしまうものです。「まだ大丈夫だから」などと考えていたら、いつの間にか引越しの日が近づいてきたりするものですよね。引越しの数日前になっても何もできていないのでは、予定通りに事が運ばない事が焦りにつながってしまう事もあるのです。そうならないためにも、引越しの1ヶ月前までには『告知』『業者の手配』『荷造り』の3つは完璧にしておきたいものですよね。そこで引越しの1ヶ月前までにやっておくべき準備、そして荷造りのコツをご紹介いたします。

続きを読む

引越し準備の2つのコツ

今回は、引越しの時に知っておくと便利なちょっとしたコツをご紹介します。少しのコツで、無駄な時間やエネルギーを大幅に節約できるので是非お試しくださいね。

続きを読む

衣服を荷造りするときに心がけたい3つのポイント

引っ越しの準備で憂鬱なことと聞いて思い浮かべるものは、どなたでも“荷造り”だと思います。日頃から整理整頓している人でも、自分の荷物をダンボールに詰めていくのは大変な労力です。散らかっている部屋を片付けながら、綺麗に物を荷造りしなければならないのですから、出来るだけ要領よく、効率的に行いたいものです。そんな荷造りのなかで今回は衣服についての荷造りのポイントを3つご紹介していきます。

続きを読む

どのくらい大変?引越しで一番手間だったことは?体験者の意見

引越しは引越し先での新生活を考えるととても楽しいものですが、いざ準備を始めると荷物の整理や色々な手続きだったりと色々と手間のかかることが沢山あります。そこで今回は『引越で一番手間だったことはなんですか』というテーマでアンケートを取ってみました。実際に手間に感じた人達の体験談を集めましたので、これから引越しを検討している人は要チェックです。

続きを読む

単身赴任が決まったときにしておきたい準備

異動の辞令が出るのは突然のことだと思います。
突然単身赴任が決まったときにも慌てず、
スムーズに引越しができるように何を準備すれば良いのかを
まとめましたので参考にして頂ければと思います。

荷物の量の把握

予め何が必要かを考えておく必要があります。
下記に単身赴任の必要が出てきた場合、どのような物を準備しておけば良いのか
まとめてみました。

1 電化製品・・・テレビ、ビデオ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、エアコン、
パソコン

2 家具類・・・ベッド、布団、カーテン、テレビ台、衣装ケース、ごみ箱

3 炊事道具・・・包丁、食器、まな板、フライパン、鍋、お玉

4 トイレ用具・・・便座カバー、掃除用具、トイレットペッパー

5 洗濯用具・・・洗濯用洗剤、物干し台、洗濯ばさみ

6 洗面用具・・・歯ブラシ、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、洗面器

単身赴任ではたくさんのアイテムが必要になります。
しかし、人によっては上記に記載した物の以外必要な物、不必要な物があるかと思います。
自分に必要な物をピップアップするようにしてください。

もし、赴任期間が決まっている場合、
ご自宅の家電買い換え周期を勘案して買われた方がお得な場合もありますので、
便利なレンタルサービスを紹介します。

1 ラクダ・パーソナル・レンタル&リース

引っ越しの初期費用を抑えたい方や、
転勤が多く家財の処分にお悩みの方に
最適なサービスが揃っています。
URL:www.designarc.co.jp/rental/index.asp

2 かりたいくん

購入とは違い、一括払いではなく少ない金額で利用できる
サービスや家具・家電が揃っています。
URL:karitaikun.com/

引越し事前の手続き

引越し先のガス、水道、電気の手配が必要です。
他に、インターネットなど自分に必要な手続きを忘れないように
しましょう。

新居をさがす

単身赴任先の住宅を決めることができれば、
引越し予定日のスケジュールを組むことができます。

引越し業者の選定

単身赴任で引越しする時期は最も引越しを希望する方が多い繁盛期だと
思います。
この場合通常より引越し料金が高いので、
荷物が少ないのであれば運送会社に輸送を頼んだほうが安い可能性があります。
値引きは厳しいですが、業者の比較はするようにした方が良いでしょう。

荷造り

大事な物、軽い物、重い物などに分け、
必要ならば自分で運ぶ物、業者に運んでもらうものを分けると
良いでしょう。

以上に単身赴任が決まったときにしておきたい準備を
紹介しました。
不慣れな土地での生活と仕事が始まるので、
引越しに余裕を持てないかもしれませんが、
スムーズに引越しをして頂きたく思います。

荷造りに必要なダンボールを無料で手に入れて引っ越し費用を安くする方法

引っ越しに欠かせないアイテムのひとつにダンボールがあります。
どのようにして、ダンボールを調達すれば良いのか気なる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。
通常ダンボールはホームセンターなどで買うと、A4サイズで50円~100円くらいします。
意外と高く感じますよね。今回は引っ越し代を節約するために、無料でダンボールを調達できる方法を紹介していきます。

こうすればダンボールは無料でもらえます!

早速ダンボールを無料でもらう方法を紹介していくのですが、
今回は無料でダンボールをもらうことのできる代表的な方法を2つ紹介します。

1 スーパーやドラッグストアにもらいに行きましょう。

お店に行ってダンボールをもらいに行くのは、『恥ずかしい』、『お店に迷惑掛けないかな』と少しは感じるかもしれません。
しかし、スーパーやドラッグストアといったお店はあまったダンボールを産業廃棄物としてコストを掛けて処分をしているので、そんなダンボールをお金を欠けずに捨てる必要がなく貰い手がいるのであれば、歓迎されることの方が多いです。
勇気を出して、「ダンボールください」と声をかけて、どんどんダンボールを貰いに行きましょう。

2ネットの一括見積もりから申し込むことでダンボールがもらえます

ネットの一括見積もりサイトから引っ越しを申し込むと、
下記のサイト例のように
www.hikkoshi-tatsujin.com/company_profile/8.html
無料でダンボールをくれる引っ越し業者もあります。
もし、ダンボールの特典がない場合でも訪問見積もりに来た時に、
ダンボールを無料でくれるか頼んでみると応じてくれる場合もあるので、
業者にも遠慮せずに声を掛けていきましょう。

ダンボールをもらう時に注意すること

1 お店にダンボールをもらうときはお店に一度電話してからにしましょう。

お店にいざ行ってみて、もうすでにダンボールが処分されていては何のために
店に行ったかわかりません。
確実にダンボールを貰う為に一度見せに一本連絡を入れましょう。

2 なるべく頑丈なダンボールをもらいましょう

小物やトイレットペーパーなど軽いものが入っていたダンボールは強度が弱いので、
そのダンボールにいざ本や家電といった重いものを入れて運んでは、
底が抜け落ちてしまう可能性があります。
家電類が入っていたような丈夫なダンボールを貰うようにしましょう。

3 ダンボールの大きさはなるべく統一させましょう

ダンボールは大きいものもあれば小さいものもあり、様々です。
実は、ダンボールの大きさがバラバラでトラックに運ぶと、
積み込み作業や積み下ろしの作業効率が悪くなってしまいます。
作業効率をはかどらせるために、極力大きいダンボール、中くらいといったように
それぞれダンボールの大きさを統一させるのがおすすめです。

参考サイト
【1】引っ越しやることリスト一覧
URL:xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.cc/nidukuri/atumekata.html

【2】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/smarttech/05.html