相場

引越し見積もりを比較する前に知っておくべき4つのこと

単身引越し

引越しする際、適当にいくつか見積りを頼んで、その中で比較してみて一番安い業者に頼もうと思ってませんか?引越しの見積りは引越日や引越し業者とのやりとりなどで料金が変わってきます。まずは比較前に知っておかねければならないことがいくつかあります。

続きを読む

単身引越しの費用はどのくらいかかるの?相場はいくらなの?

引越しで一番気になるのが引越しの費用です。それでなくても引越しというものは費用がかかってしまうものですから、せめて引越しくらいは低価格を実現できないかと思ってしまうものかもしれません。今回は単身引越しをする時の費用とその相場についてを調べてみる事にしましょう。もしかしたら引越しをする時の何かの参考になるかもしれません。

続きを読む

単身で引越しを行う際の値段の相場の調べ方

単身引越しに掛かる料金の相場

単身引越しに掛かる料金として、
20キロメートルの近場の場合は約3万7千円、
50キロメートルの場合に約4万3千円、
200キロメートル以内の長距離では5万7千円が
相場となって来ます。

相場より安い値段で引越しが可能になる3つの裏技

一人暮らしの場合荷物は比較的少なくて済む場合が多いので、
工夫次第では相場より安い値段で引越しが可能な場合があります。
そこで引越しの値段を安くする裏技をご紹介します。

1 梱包はできる限り自分で行いましょう

荷造りや荷解きを業者に任せると作業は楽になるのですが、
このような便利なサービスは決して安くありません。
節約を考えるのであれば、できる限りの荷造りや荷解きを
ご自身で行われることをおすすめします。
また、見積りの際、「ダンボールや梱包用品等はサービスですよ」と
言われて無料で貰えるのですが、
「ダンボールや梱包用品は必要がありません」と伝えて、
梱包用品を自分で揃えると多少値段が下がる場合があります。
しかし、あまり値段が下がらない場合もあるので、
どれくらいお得になるのかを引越し業者に確認する必要が
あるのでしっかりと確認をするようにしてください。

2 引越し業者の都合に合わせてみましょう

『フリー便』という、こちらから引越しの開始時間を指定するのではなく
引越しの時間を完全に引越し業者の都合に合わせるサービスがあります。
このフリー便を活用すると料金はかなり低く設定されます。
午前なのか、午後なのか開始時間が全くわからないので、
荷物が多い方は作業時間が長くなった場合は夜まで時間が掛かる可能性が
あるのですが、時間に余裕を持つことが可能でしたら検討してみることをおすすめ
します。

3 荷物を減らしましょう

荷物の量を減らすことで引越し料金を抑えることが可能になります。
荷物が減ると新たな引越し先でもゴミの片付けに時間を取られることが
なくなります。
例えば1年間着てこなかった衣類など、この際不必要なものを処分してみては
いかがでしょうか。

更に相場より安い値段で引越しを可能にするには

上記でできる限り単身で引越しを行う際に引越し料金を抑える裏技を紹介しましたが、
いざ引越し会社に会社に依頼するときにも気をつけて欲しいことがあります。
それは1社だけの料金で依頼を決めないで欲しいということです。
1社だけでもしかすると、とても安くサービスが良いという場合がありますが、
そのようなケースは本当に稀なことです。
必ず複数の業者に相見積もりを取り、値段の比較をおこなってください。
値段の比較を行うことで、各引越し会社の値段の相場がわかり、
一番安い引越し料金で引越しが可能な業者がわかります。
複数の業者に見積もりを出すには、引越し一括見積もりサイトを活用すると、
わざわざ電話で見積もり依頼をする手間が掛からずにすむので便利です。
いくつかおすすめの引越し一括見積もりサイトを紹介します。

引越し戦隊

2015年3月上旬スタート予定で業界初の最安値を保証する見積もりサイトです。
URL:hissen.jp/

引越し侍

引越し侍を実際に利用された方の引越し業者の感想がリアルに
記載されているので、作業員の対応やサービスの質が一目でわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較の利用者が累計350万を突破しており、
94%の方が次回も利用することを希望されております。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

単身引越しの費用の相場の調べ方

単身引越しをする時にはどうしても気になるのが
単身引越しに掛かる費用の相場ではないでしょうか。
今回は単身引越しの費用の相場の調べ方について紹介していきます。

オフシーズン(5月~2月)の引越し料金の相場

まず、単身の方の引越し料金のおおよその価格を知って頂きたいので、
下記の表にまとめましたのでご参考にして頂ければと思います。

移動距離 単身
近距離(20㎞以内) 約38,000円
近距離(50㎞以内) 約43,500円
中距離(100㎞以内) 約57,000円
長距離(200㎞以内) 約60,600円
長距離(300㎞以内) 約74,000円

引越し単身パックの相場を調べる方法を参考: www.npo-emba.org/

本当に自分の必要な引越し費用を知るには

上記はあくまで平均的な相場になりますが、
実際は引越し業者によってサービスや金額が異なる為、
例えば50キロメートル以内の引越しの場合でも
A社 45,000円
B社 32,000円
C社 30,000円
とかなりの金額に幅が生まれます。
ですので、自分の知りたい引越しに掛かる料金を知るためには
複数の業者に見積もりを出すことが必要です。
しかし、複数の業者に料金を確かめる為に1社1社に電話を掛けるには
時間と労力がいることです。
その労力と時間を省くのにおすすめのサービスが、引越し一括見積もりサイトです。
引越し一括見積もりサイトを活用することで、大手に頼むべきなのか、
地域密着型の業者に頼むべきなのか、
細かく値段やサービスの比較が可能になるだけでなく、
提示された料金を元に値引きの交渉も可能になるので、
しっかり引越し会社の相場を理解をし、引越し料金を下げていきましょう。

是非とも活用して頂きたい引越し一括見積もりサイトの紹介

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定のサービスです。
実質0円で引越しが可能になるキャッシュバックのメニューがあるなど、
他の一括見積もりサイトにはないサービスが取り揃えられています。
URL: hissen.jp/

引越し侍

大手の引越し業者」や「地元密着の引越し業者」の口コミが
掲載されており、実際に引越し侍を活用した方たちの生の声なので、
安心して業者に依頼することができます。
URL: hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者と提携しており、
大手の業者や地域密着型の業者と
幅広い見積もりを依頼することが可能です。
URL: www.zba.jp/hikkoshi/

単身引越しをする上で知っておきたい費用の相場

単身の方が引越しする際の料金の相場

移動距離 単身(荷物量不通) 単身(荷物多め)
近距離(20km以内) 約38,000円 約44,000円
近距離(50km以内) 約44,000円 約46,000円

オフシーズン(5月~2月)の引越し料金相場(引越し侍参考:http://hikkoshizamurai.jp/price/souba/)

一人暮らしで荷物の量が少ない方には『単身パック』がお得です

荷物の量が少ない単身物の方ぬ向けた引越業者が提供しているサービスの
中に『単身パック』というサービスがあります。
荷物の量に制約がありますが、物が少ない場合は一般の引越に比べて
費用を安く済ませることが可能になります。
主に、クロネコヤマトや日通、アート引越センターなど、大手の引越し業者で用意されています。

日通に頼んだ場合の単身パックの値段

日通の公式サイト(URL:www.nittsu.co.jp/hikkoshi/moving-s/tanshinpack-s-l/)
の情報を以下にまとめました。

①単身パックS

・料金:16,200円(税込)~※WEB割引を適用した場合
・専用ボックスS:サイズ1.23m3(横108cm・奥行74cm・高さ154cm)
・積める荷物の目安:冷蔵庫(2ドア・109リットル)、薄型テレビ(20インチ)、テレビ台(小)、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、姿見、布団、日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)4個・1ボックスにつき100万円の運送保険付き

②単身パックL

・料金:17,280円(税込)~※WEB割引を適用した場合
・専用ボックス:サイズ1.88m3(横104cm・奥行104cm・高さ174cm)
・積める荷物の目安:冷蔵庫(2ドア・109リットル)、洗濯機(4kg)、薄型テレビ(20インチ)、テレビ台(小)、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、衣装ケース(39cm×53cm×23cm)、姿見、布団、日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)5個
・1ボックスにつき 150万円の運送保険付き

単身パックS、L、は、すべて日通の作業員2名が荷物の梱包、搬出、搬入、開梱・設置までをすべてやってくれます(小物類は除く)。

パックを申し込むのはまだ早いです!

上記は、日通に頼んだ場合の単身パックの値段の紹介ですが、
一見単身引越しの相場の値段と比べて安いので、お得に感じるかもしれませんが、
単身引越しパックを用意していない業者の中にも、安い金額で引越しを行っている業者は
沢山あります。
なので、必ずしも単身パックを選ぶことが安くなるとは限りません。
自分ひとりの規模が小さな引越しの場合でも、引越し料金が安くなれば、
得をするに越したことはありません。
引越し一括見積もりサイトを活用すれば、
単身引越しパックを用意している大手業者の見積もりはもちろん、
扱っていない業者の見積もりがでますので、
どのプラン・業者が一番お得なのかを自分の目で確かめる
ようにしましょう。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬に始まるサービスで、
サービス開始前より新聞などのメディアより紹介されており、
注目を浴びているサービスです。
URL:hissen.jp/

引越し侍

引越し侍のスタッフが全国の引越し業者にインタビューを
行っており、もしお願いする際にはどんな業者なのかが
わかるようになっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

ピザ無料」「宅配食材50%OFF」「本・CD・DVDの買取金額10%UP」など、
利用者限定特典が複数用意されています。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

参考サイト
【1】引越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/type/hitori.html

家族で引越しする予定がある方に伝えたい引越しがスムーズに行えるポイント

家族で引越しの予定がある方へ、今回は必要な段取りやスムーズに引越しが
行えるポイントについて紹介していきます。

家族での引越しをする準備がスムーズに進む3ステップ

家族で引っ越しをする際、何から手をつけていいのかわからない方がいると
思いますが、基本的におこなうことは以下の3ステップです。
ステップ1 引越しに掛かる料金の相場を知る
ステップ2 引越し業者を選定する
ステップ3 引越し準備に取り掛かる

順番に説明していきます

ステップ1 引越しに掛かる料金を知る

荷物の量や引越す時期によって、引越し料金が大きく変わってくるのですが、
下記の図ではオフシーズンと繁忙期(3~4月)の時期に分けて料金の相場を
表記しました。

移動距離 2人家族 4人家族
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 約46,000円 約60,000円 約62,000円 約80,000円
近距離(50km以内) 約52,700円 約68,500円 約72,800円 約94,600円
中距離(100km以内) 約69,000円 約89,700円 約78,000円 約100,000円
長距離(200km以内) 約80,800円 約105,000円 約96,000円 約125,000円
長距離(300km以内) 約113,000円 約147,000円 約162,800円 約211,700円

参考サイト 引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/type/family/#step4

ステップ2 引越し業者を抑える

だいたい1ヶ月前に引っ越し業者を選び、予約をするようにしましょう。

1円でも引越し料金を安く抑えたいという場合に引越し会社を選定するには、
引越し一括見積もりサイトから複数の業者に見積もりを頼むことで、
複数の業者から提示された料金をそれぞれ比較することをおすすめします。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定で、
業界初の最安値を保障してくれる見積もりサイトです。
他社の見積もりサイトとは違い引越し戦隊のスタッフがすべて対応するので、
複数の業者から電話が掛かってこないところも特徴的です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

フォームに現住所と引越し先の都道府県、引越しのタイプ、ユーザー情報と
荷物の詳細を入れるだけで最短1分で見積もり料金がわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

HOME’S 引越し 見積もり

『引越しのポイント」や引越し前の「引越しチェックリスト」、
引越し用語集など引越しに役立つ情報が満載です。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

ステップ3 引越し準備を始める

スケジュールの立て方として

1ヶ月前

  • 賃貸の場合は退去連絡
  • 新居先の情報の把握
  • 運ぶ荷物の把握
  • 引越し会社の手配
  • お子さんがいる場合は学校に連絡

2週間前

  • 公共料金の手続き
  • ゴミだし
  • 転居手続き

前日

  • 荷造り

が主な段取りになります。
引越し時に必要な各種手続きは以外に多いので、後回しにしておくと、
どの手続きが済んで、まだどの手続きをする必要かがわからなくなり、
逆に手間がかかる可能性があるので、面倒だと思わずに必要は手続きは
早めに済ませておくことをおすすめします。

スムーズに段取りを組むには家族全員の協力が必要不可欠です。
一人ではなく、役割を分担することでスムーズに引越しが出来ますので、
家族全員で引越しを成功させて欲しく思います。

参考サイト
【1】nanapi
URL:nanapi.jp/74701

引越しを手伝ってもらったときに謝礼は必要?

引越し業者に引越しの依頼を頼まずに自力で引越しをすることがあるか
しかし、いざ自力で引越しを行おうとしても、よほど荷物が少なければ、
可能かもしれませんが、大抵は家族や友人の手助けが必要になってきます。

そもそも友人に引越しを手伝ってもらうことはアリなのか?

引越し業者に引越しを依頼をするとご存知のように料金が掛かります。
なので、この引越し料金を浮かせるために自分で引っ越すのは良いのですが、
気をつけたいのは、友人の方々にも予定や都合があるので、
必ず友人の同意をもらうようにしましょう。

手伝ってもらった場合に謝礼は必要か?

引越し作業を手伝ってもらった感謝の気持ちを込めて、友人の方々に何かしらの
お礼をすることはマナーなのですが、一番大事なのは感謝の気持ちを表すことです。
ですので、現金に限らず汗水かいた苦労を労うために食事に誘われる方もいらっしゃいます。

食事に誘うのも値段が高い必要がなく、
例えば、回転寿司や焼肉の食べ放題など
沢山食べることが可能な店を選ばれると喜ばれやすいです。

食べ放題ナビゲーターというサイトでは、
焼肉から、寿司、ピザ、中華と全国の食べ放題の
店を探すことができます。
URL:www.tabehoudai-navi.net/

また、アイフォンフォン向けアプリで『バイキングクーポン』という
食べ放題形式の飲食店検索アプリがあるので、
こちらのアプリを活用することもおすすめです。
URL:itunes.apple.com/us/app/baikingukupon-shibe-fang-ti/id814984693?mt=8

どうしても謝礼を渡したい場合は?

中には友人の方に食事という形ではなく、
謝礼を渡したいという考えの方もいらっしゃると思います。
謝礼を渡す人の場合は、3,000~5,000円程度が相場といわれていますので、
食事代と変わらない程度の金額を渡すと良いでしょう。

手伝ってもらった場合のお礼について記載しましたが、
やはり大事なことは冒頭でも述べたように、
感謝の気持ちを表すことが一番大切なことです。
手伝ってくれた友人があなたの引越しを手伝って良かったと
思えるように感謝を伝えることを忘れないでください。

参考サイト
【1】くらしの小箱
URL:sumai-kobako.jp/archives/5189

【2】athome
URL:www.athome.co.jp/hikkoshi/useful/about_cost/friend.html

東京から福岡まで安く引っ越すには?

関東~九州の引越し料金の相場

関東から九州の引越し料金の相場をまとました。

単身(一人) 60,000円~250,000円
夫婦(2人) 80,000円~350,000円
家族(3~5人以上) 100,000円~450,000円

料金はあくまで相場

料金はあくまで相場なので、単身でもっとも安くて6万円という業者や、ウン十万と
言ってくる業者と値段はバラバラです。
なぜ、これだけ料金に差があってバラバラなのかというと、引越し業者の選定や、日程、荷物の量、引越し人数などによってその引越し料金が大きく変わるからです。
ひとつひとつ説明していきます

引越し料金が大きく変わる要素

1 日程や曜日

3~4月はもっとも引越しを望む方が多い時期で繁忙期と言います。
引越し会社がもっとも忙しい時期であるため、通常より引越し料金が高くなります。
特に3月20日を超えると倍以上高くなる可能性がでてくるので、
もし可能であれば引越し日の前倒しが可能か検討してみてください。
曜日に関しては、土日祝の引越しが料金が高くなる傾向にあります。
こちらもなるべく平日を希望されると料金が安くなりますので検討してみてください。

2 荷物の量

トラックに載せる荷物の量により、トラックの大きさがかわってきます。
トラックに積む荷物の量が多ければ多いほど値段が跳ね上がってきますので、
適切な量なのか判断する必要があります。

3 業者選び

上記に記載した2つの要素と同様、引越し料金を決める際に最も重要なことが、業者選びです。
なぜなら、同じ条件で見積もりを依頼した場合でも業者によって値段の算出する方法が違うため、
料金に差がうまれてくるからです。
また、荷造りや荷解き、エアコンの取り外し、取り付けなど運ぶ以外のオプション料金も業者によって
違います。
これらの、おおよその値段を把握し、なるべく安い引越し費用を知るには、まず同じ条件で複数の業者に
見積もりを取ることです。
複数の引越し会社に見積もりを出すには、引越し一括見積もりサイトを活用すると時間が短縮できるので
便利です。
関東から九州の遠距離の引越しの場合でも、長距離の得意で料金が割安になる業者や、
オプションが他社より安い業者がひとめでわかるようになります。

あなたにおすすめの便利な一括引越し見積もりサイト

ぜひとも活用して頂きたい一括見積もりサイトを紹介します。

1 ズバット引越し比較

引越しの忙しいシーズンでもスケジュールの合う業者を見つけることができます。
URL:www.zba.jp/hikkoshi

2 引越し戦隊

最安値保障を謳っている引越し見積もりサイトはこのサービスだけではないでしょうか。
きっと関東から九州の引越しのような遠距離の場合でも、あなたの引越しを成功に導いて
くれることでしょう。
URL:hissen.jp/

3 引越し侍

最大10社から見積もりを依頼することができ、値段はもちろん、サービスの比較も
お手軽にできるサイトです。
URL:hikkoshizamurai.jp/

参考サイト
【1】引越し情報
URL:moving-infomation.net/ryokin/ryokinsoba/kanto-kyusyu/23.html

【2】引越し手続きガイド
URL:www.jmb21.com/hikkoshi/fukuoka-tokyo-souba.html