比較

オススメ「引越し一括見積もりサイト」厳選6選ご紹介!

引越し侍

引越しといえば、殆どの人が利用することになる一括見積もりサイトがあります。メリットもあれば大いにデメリットもある引越し一括見積もりサイトですが、どんな引越し一括見積もりサイトがあるのか6つの引越し一括見積もりサイトをみんなの引越し編集部が第3者目線で厳選しお伝え致します。
続きを読む

引っ越し業者比較サイトをご存知ですか?

引っ越し業者比較サイトと言っても引っ越すタイプが様々ですよね。単身での引っ越し・家族での引っ越し・オフィスの引っ越し、そして女性向けの引っ越しと実にバラバラです。引っ越し業者比較サイトを賢く使ってさくっと済ませませんか?

続きを読む

引越し見積もりを比較する前に知っておくべき4つのこと

単身引越し

引越しする際、適当にいくつか見積りを頼んで、その中で比較してみて一番安い業者に頼もうと思ってませんか?引越しの見積りは引越日や引越し業者とのやりとりなどで料金が変わってきます。まずは比較前に知っておかねければならないことがいくつかあります。

続きを読む

引越しはできるだけ安くしたい!だったら料金の比較で業者を決める

引越し料金比較

引越しが決まったらまず先にしなくてはならないのは業者を決める事です。引越しは普段から頻繁にする事ではないので、価格の相場というのがわかりにくいものです。そのためどうしても引越し業者も価格を高めに設定してしまうものだったようです。考えてみたら引越し業者も頻繁に仕事があるわけではないので仕方がない事なのかもしれません。今回は引越しが決まってから引越し業者を決めるまでの手順と、業者の選び方などについてをお話していきましょう。

続きを読む

単身の時の引越し業者を比較する時の注意点はなに?

引越しが決まったら引越し業者に引越しを依頼するなど、色々と準備に大忙しになってしまうものですが、より気持ちよく引越しがしたいと思うものですよね。せっかくのお引越しなので、「失敗した!」と思わないようにするための、引越し業者の比較の方法などについてをお話したいと思います。

続きを読む

単身引越しを安くするために会社を比較することで得る2つのメリット

単身引越しを安くするために会社を比較することで得る2つのメリット

1 値段の相場を知ることが可能になる

引越し会社は全国に200社以上あるのですが、
その引越し会社の名前が違うことはもちろんのこと、
長距離が得意な業者、単身引越しに最適な近場の引越しが
得意など業者の不得意やサービス内容が異なります。

ですので、1社だけの値段の提示であれば、1社だけの値段しかわかずに
他の業者がどれくらいの料金を提示されるのかがわかりません。
またオプションの料金や、依頼したときに資材を提供してくれるのか、
されないなども引越し会社によって異なってきます。

これらのことを知るためににも複数の業者を比較することを
行うべきでしょう。

2 値段交渉が可能になる

上記でも述べましたように、
長距離が得意な業者、短距離が得意など業者の不得意や
サービス内容が異なるために例えば、
単身引越しを行う際に同条件で引越し会社に依頼を頼んだ場合に
A社・・・32,000円
B社・・・30,000円
C社・・・35,000円
と料金に幅が生まれてきます。

この場合もっとも安い業者はB社となり、
このままB社に依頼しても良さそうですが、
2番目に安いA社に『B社は○○円でやってくれるよ』と
交渉を持ちかけることで、
A社が更に安い値段を提示してくる可能性があります。
値段を下げることが厳しい場合は資材のプレゼントする量を
増やすことを持ちかけてくる可能性もあります。

このように、値段交渉のアクションを起こすことで、
引越し料金やサービスがお得になる場合があるので、
積極的に値段交渉を行っていくことをおすすめします。

簡単に引越し会社の料金・サービスの比較ができるサービスをご紹介!

上記で、引越し会社を比較することの2つのメリットをお伝えしました。
しかし、複数の業者の比較が大切だとわかっていても、
複数ある引越し会社に、自分のエリアが対応しているかを調べたり、
同じ引越し内容を引越し会社に伝えることは労力の掛かることです。
そのような労力を掛けずに複数の業者に相見積もりを頼むことが
可能なのが『引越し一括見積もりサイト』です。
インターネット上で単身引越しならば単身引越し、ファミリーならファミリーと
引越しの情報を入力するだけで複数の会社に電話することなく比較ができる
ようになります。

そのようにお手軽に料金・サービスの比較ができるおすすめの
引越し一括見積もりサイトをご紹介します。

引越し戦隊

最も引越し料金が安い引越し会社が見つかるだけでなく、
引越し代金が実質0円になるようなキャッシュバックメニュー
が用意されてるなど、リーズナブルな値段で引越しを行いたい方には
最適なサービスだと思います。
URL: hissen.jp/

引越し侍

初めて引越しをされる場合でも、
サイトを利用した方が引越し会社の感想がこと細かに
述べられているので安心して引越し会社に依頼ができます。
URL: hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

225社の引越し会社と提携しており、
また引越し会社の比較ができるただけなく、
初めて引越しをする方がスムーズに作業を行えるように
役立つ情報が記載されています。
URL: www.zba.jp/hikkoshi/

単身の方が後悔しない引越し会社の比較で注意するべきポイント

引越し会社に引越し依頼をする場合に、誰もがより安くて気持ちよく安心して引越しをされたい
と思います。
今回は、単身の方が後悔しないための引越し会社を選ぶうえで注意するべきポイントに
ついてまとめました。

必要な情報を見積もり前に必ず準備しましょう

引越し会社に見積もりを依頼するには、
引越しの希望日、現在住んでいる住まいの情報、引越し先の情報、運ぶ荷物の数が
わからなければ引越し会社は正確に見積もりを出すことができません。
見積もり依頼の前に必ず情報を把握できるようにしておきましょう。

複数の業者に見積もりを取ることが基本です

引越し会社に見積もりを依頼する場合、複数の業者に依頼をすることは基本中の基本です。
1社目の料金が2社目のほうが安いというケースがあるので、
高い引越し料金を払ってしまったと後悔がないように複数の業者に見積もりを取ることを
心がけましょう。

包装資材は何が貰えるか確認しましょう

引越し時に荷物を運ぶときには、
ダンボールを始めとする包装資材が必要になってきます。
これらの包装資材が引越しのプランの中に既に料金が組み込まれている場合は
何個までダンボールを受け取ることができ、その他の資材は何を受け取ることができるのか、
逆に引越しのプランの中に既に料金が組みこまれていない場合はどれくらい別料金が発生するのか
を見極めましょう。

オプションの料金についても調べましょう

エアコン、洗濯機など引越し先に新たに設置しなければならない機器が
あるかと思います。
これらの設置はオプション料金と呼ばれるため、値段が引越し会社によって
違います。
必ずチェックしましょう。

安いからといって簡単に依頼をすすめてはいけません

一括依頼で上がってくる見積もりは、まだ最終的な見積もりではありません。
ですので、まだ概算見積もりの段階で値段を決めるのは早々です。
しかしそのごの訪問見積もりでも、引越し業者は「今決めてもらうと、○○円が
○○円でさせて頂きます」と、自分のところの会社に依頼してもらいたいがために、
その場で契約を求められるケースがあります。
そのように即決を求められた場合は、はっきりと提案を断りましょう。
本当にこの料金が安いのか、簡単に決めずに、じっくりと比較検討する事を
徹底してください。

最終的な見積もり時には提示された見積書をしっかり確認が必要です

最終的な見積もりを引越し会社から提示されたときは、
しっかりとその内訳を聞くようにしましょう。
見積もり内容をしっかり聞くことは、後にサービスに関することを『言った言わない』で
揉めることを防ぐことになります。
不明な点があれば、解消できるように納得できるまで質問を引越し会社の作業員さんに
聞くことを心がけてください。
明確な答えや、説明に納得いかない場合は、一度契約を保留にしたほうが賢明でしょう。

引越し会社との相性は良いか?を確かめましょう。

依頼をするには、引越し会社のスタッフさんとのコミュニケーションが必須に
なってきます。
そのときに『安心感がある』、『この人なら任せられる』、『親身に対応してくれそう』など
実際に感じたことは、ほぼ間違いないことが多いです。
逆に『この人は不安』、『好きになれない』という場合は契約を見送った方が無難だと
思います。

参考サイト
【1】なっとく.com
URL:na109.com/hikkosi-mitumori-kotu/sentei/

【2】引越し見積もり注意点.com
URL:xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/qa/point-18.html

引越しの見積もり時に注意しておきたいポイント

引越しをする際にどれくらいの引越し費用なのかを知るためには
引越し会社に見積もり依頼を頼む必要があります。
今回はその見積もりの際に注意しなければならない点を紹介します。

引越しの見積もりにおける注意点

複数の引越し業者に見積もりを頼むようにしましょう

一つの業者に見積もりを依頼しても、値段が安いのか高いのか値段の相場を
把握することができません。
『これくらいかな?』と思って始めの1社に依頼し、その他の業者が安い場合が多々有り得ます。
また、他にエアコンの取り付けなどのオプション費用も引越し会社によって異なるので、
オプション費用や引越し費用をなるべく安くするために複数の業者を比較するようにしてください。

訪問見積もりを業者に頼むときの注意点

見積もりには、電話だけで簡易的な見積もりをとってもらう方法と、
より詳しく引越し費用を調べてもらうための訪問見積もりがあります。
上記では簡易的な見積もり時における注意点を紹介させて頂きましたが、
訪問見積もり時における注意点についても紹介していきます。

1 業者が訪問に来たからといってその場で依頼することは避けましょう

訪問見積もりに来る業者も仕事なので、お客さんに決めてもらうために、
甘い言葉を掛けてくることが多いので注意しましょう。
いくつか甘い誘惑の代表例を紹介します。

○ダンボールは無料です

ダンボールを無料でくれるのは嬉しいのですが、大抵『契約を行った場合』に限ります。
契約する意思がなくまだ他の業者と比較をするのであれば、はっきりと断るようにしましょう。
後々にダンボールを配ったので契約意思があると業者に思われると、トラブルに繋がります。

○今ならこの値段より割引ます

まだ、いくつかの業者と比較する段階のうちに、
割引されて申し込んでしまっては、他の業者との比較ができませんので、
割引という言葉は良い響きですが、ぐっとこらえましょう。

○今決めると、内金や手付金が必要ありません

内金や手付金が無料なのは、標準引越運送約款にはっきり書かれていることなので、
惑わされないように注意しましょう。

これらが、業者の甘い言葉の代表例です。
訪問見積もりには、その場で契約しなければならないという
義務はありません。
かならずご自身が納得するまで、他社の引越し業者を比較し、
気持ちよく引越しができるようにしていきましょう。

2 複数の業者とバッティングする状況にないようにしましょう

業者側はお客さんが複数の業者に見積もりをしているとほとんどわかっているのですが、
いざ業者がバッティングすると交渉に支障がでることがありますので、
注意しましょう。

3 運ぶ荷物が変動した場合は再度訪問を頼みましょう

訪問見積もりにきてもらったあと、契約を決めたあとに、もしかすると
荷物の増減があるかもしれません。
荷物の量が変われば、作業員の人数やトラックの大きさが変わってくる
こともあり、料金も変わります。
ですので引越し会社に連絡し、再度訪問を頼むことで再度見積もりを取り、
正式な料金がわかるようにしてください。
再度訪問を依頼するときは、『増減した荷物の種類』、『どれくらい増減したかの量』を
事前に伝えておくと業者も見積もりの予測が当日に立てやすいのでしっかり伝えておくと
良いでしょう。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/the-day-you-get-competitive-quotes/

【2】引越し見積もり注意点.com
URL:xn--68j9dya1778bncc6z0apjglovml5aimi.com/hikkoshi-site/zba.html

業者が下見に来るときはどのようなことを聞かれるの?

引っ越しをする時に、業者が必ず訪問見積もりに来ます。
自分の家や部屋に業者を上がらせたくないと思うかもしれませんが、
下見にきてもらうことの重要さを紹介していきます。

なぜ業者は下見に来るのか?

見積もりには、電話やネットだけで荷物の情報を伝え料金をだす概算見積もりと、
実際に家に訪問にきてもらう正式見積もりの2パターンがあります。
正式見積もりは、実際に現場に引っ越し会社の作業員がきて見積もりを出すパターンです。
電話やネットだけでおおよその概算だけで見積もりをだして、
いざ引っ越し当日に運んでもらおうと思ったときに積むことが出来ずに、
トラブルが発生するケースがあります。
そのようなトラブルを業者側は避けたいので訪問見積もりにやってくるのです。
どうせ頼むなら、ちゃんと訪問に来てもらってトラブルなく気持ちよく引っ越しを
したいですよね。
下見による正式見積もり後に引っ越し依頼をすることでトラブルは防げますので
覚えておいて損はないと思います。

業者が下見に来る前に準備しておきたいこと

業者が訪問に来る前に、どの荷物を業者さんに運んでもらうのかを
自分で把握する必要があります。
最初の下見に業者が来る段階ではまだ荷物をダンボールに詰める必要はないのですが、
運ぶものと運ばないものの荷物をわけて把握できるようにしておきましょう。
荷物をわけておかないと、当日の作業員の人数やトラックの大きさなど値段に幅が生まれてしまいます。
下見は何度か頼むことができるので、荷物をダンボールに詰め終わったときや運ぶ物の量が増えたり減ったときにもう一度頼むと良いでしょう。
正確な値段がわかり、追加料金を徴収される心配もありません。

業者さんが訪問に来たからといって即決する必要はありません

上記の説明により、いつでも下見にくる準備が整ったかと思うのですが、
よく、せっかく業者さんにきてもらったのだからもうこの値段で決めてしまおうと
なりがちなのですが、実は見積もりのために訪問に来てもらったからといって、
その引っ越し会社とすぐに契約しなければならない決まりはありません。
複数の業者に下見に来てもらい、見積もりを比較して交渉材料にしましょう。
一円でも費用を抑えたいと思うのは当然のことなのです。

参考サイト
【1】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/gyosya/sitami.html

【2】引っ越し業者の口コミ一覧
URL:xn--68jxa5v5fu73oibox7qcu6b5oza.biz/gimon/shitami.html