お得

引っ越し業者の値段の時期による違い

単身引越し

引っ越し業者の繁忙期は、進学や就職など新年度の始まりで引っ越しをする人が急増する3月〜4月の期間とされています。その為、繁忙期は引っ越し業者の需要が高くなるので引っ越しの値段もそれに伴い高くなる傾向があります。逆に繁忙期以外の5月〜2月はオフシーズンとされており、引っ越し業者の予定も空いているので値段を抑えて引っ越しを行うことができます。

続きを読む

引越し先が近距離の場合に単身の方向けのお得な引越し方法

引越しは長距離の引越しだけを取り扱っているだけではない

よく、引越しは新生活のために田舎から都会に出るということを
思い描く方がいらっしゃいますが、何も長距離の引越しだけを
業者が取り扱っているということはありません。
都内から都内といった近距離の引越しも沢山の業者が扱っているので
近場の場合でもt安心して引越し業者に依頼をして頂ければと思います。

近距離の引越しをお得にする方法

まず近距離の引越しをお得にする方法について紹介する前に、
近距離で単身引越しを行ったときの相場を知って頂きたいので
ご紹介します。

移動距離 単身(荷物量不通) 単身(荷物多め)
近距離(20km以内) 37,805円 44,315円
近距離(50km以内) 43,595円 45,980円

オフシーズン(5月~2月)の引越し料金相場(引越し侍引用:hikkoshizamurai.jp/price/souba/

では、近距離の引越しをお得にする方法について紹介していきます。
方法は主に2つです。

1 引越し一括見積もりサイトを活用し複数の業者から見積もりを取る

上記で紹介した相場はあくまで平均的な相場であり、
実際に引越しに掛かる料金は引越し会社によって様々です。
そのため、引越し一括見積もりサイトを活用することで、
一番安い業者が見つかることが可能になりますし、
値段の交渉が有利になります。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

引越し代金が実質0円になるキャッシュバックメニューが取り扱われていたり、
必ず最も安い引越し業者を紹介してくれるのが特徴的です。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

利用者数が追啓350万人を超えており、
引越し会社の比較だけでなく、家事セラピストの方が
様々な引越しに役立つ情報を教えてくれる見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

引越し侍

こちらも様々な引越しに役立つ情報が記載されており、
見積もりを行う際にもランキングや口コミで人気業者が一目でわかるように
なっています。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 フリー便を活用する

フリー便とは引越し日だけを指定し時間は業者都合に合わせて引越しがおこなれる
ことを言います。
業者都合に合わせなければならないので、料金が相場より遥かに安くなることが
多いです。
ですので、移動距離が短く、作業も短時間で終わり、時間に余裕がある引越し
にはおすすめのプランです。

3 自力で引越しをする

大きな家具が特になく、マイカーを持っている、もしくはレンタルするなどの引越しに必要な条件が
整っており、自力で引越しをするほうが安いと判断した場合は自力でお引越しをされて問題ないと
思います。
しかし、マイカーを持っている場合はかまいませんが、レンタルをする場合の費用や、引越しに掛かる時間などしっかり考えた上で行うことをおすすめします。

繁忙期は値段が5倍以上跳ね上がることを覚悟してください!

上記では単身の方がお引越しをする際に料金を抑えるお得な方法について
紹介したのですが自力で引越しすることを除いて、引越し業者に頼む場合、
上記の方法を活用したとしても料金を安く抑えることがとても厳しい
時期があります。
とある引越し会社の営業担当の方からお伺いしたのですが、
近距離の場合に単身の方がフリー便で2月中旬2万前後、2月末は3万前後で済むのが、
3月21日を過ぎると、その時期には引越しの準備が整いはじめ引越し会社に依頼が
殺到するために、徐々に値段があがり始めるそうです。
そして、3月28日以降から末まで10万円まで高騰するそうです。
また、3月末には引越し会社も依頼が殺到しているため、なかなか依頼することも難しいので、
この時期に引越しをする方は5倍以上跳ね上がることを覚悟してくださいね。

参考サイト
【1】引越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/mamechishiki/chigaiha.html

学生の方が引越しをする際に気をつけておきたいポイント

春になると進路や就職が決まって初めての一人暮らしを経験する学生さんが
多いことでしょう。
今回は初めての一人暮らしを経験する方のために向けて気をつけて欲しい
ポイントを紹介していきます。

進路や就職が決まっている場合は早めに依頼しましょう

3~4月は就職や入学など避けられない事情によって引越しを
希望する方々が急増します。
この時期を繁忙期と言うのですが、この時期は3~4月以外の月に
引越しをするときと比べて料金が3倍以上跳ね上がるケースがあります。
ですので、進路や就職が決まっている場合は早めに依頼することで
引越し料金を節約するように心がけた方が良いでしょう。

引越し料金を更に節約するために活用しておきたいサービス

進路や就職が決まっている場合は早めに依頼することで、
引越し料金を節約することができるのですが、
更に節約したいとお考えであれば活用して欲しいのが
引越し一括見積もりサイトです。
引越し一括見積もりサイトは複数のサイトに見積もり依頼をすることが
できるサービスで、1社だけでなく複数の業者の引越し料金がわかるように
なります。
最も安く引越しができる会社が見つかったり、値段交渉をすることで料金を
安くすることができるので是非活用して引越し料金を節約していきましょう。

おすすめ引越し一括見積もりサイトを紹介します。

1 引越し戦隊

最大20社の引越し会社に見積もりを出すことができ、
最安値で引越しができることを保障されているので、
引越し料金を節約したいとお考えの方にぴったりです。
URL:hissen.jp/

2  引越し侍

全国220社以上の引越し会社と提携しており、
口コミ件数が累計6700件を突破しているので、
業者の評判がまるわかりです。
URL:hikkoshizamurai.jp/

3 ズバット引越し比較

引越し侍同様に全国220社以上の引越し会社と提携しており、
引越しの際に役に立つコンテンツが満載なので、
困ったときはズバット引越し比較を活用すると、
問題が解決できるのではないでしょうか。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

新居で何を揃えれば良いのかチェックシートをつくりましょう

初めて一人暮らしをするという場合は、家電や家具を新しく買う
ことがほとんどだと思います。
そのために何が必要なのかチェックリストをつくっておくことで、
すぐに必要なものと、あとから買い足せば済むものの分類することが
可能になります。

チェックリストを作る上で2つの注意点

1 予算を決めて無駄使いがないようにしましょう

必要な物を揃えるときに、テレビやベッドなど値段を決めずに漠然と
お店に行ってしまっては、新しい物やすぐ目の前に入った物が気になってしまい、
無駄な買い物をしてしまうキッカケを作ることになります。
そうなるとあらかじめて予定していた予算を大幅に超えてしまうということも考え
られるので、個別に予算を決めるようにしましょう。

2 家電や家具のサイズをしっかり計りましょう

家電や家具製品の大きさは様々です。
しっかり計っておかなければ、例え気に入って購入したとしても、
部屋に置けないといったトラブルが起きるケースが多々あります。
また、コンセントの位置が遠くて電化製品が使えないケースもあります。
しっかりとサイズを図るようにし、新居でのコンセントの位置も把握しておきましょう。

学生の方がすぐに新生活をはじめられるおすすめ通販サイト

学生の方が初めての一人暮らしで何を揃えれば良いかわからなくても、
安心してすぐに新生活をはじめられるおすすめ通販サイトを紹介していきます。

一人暮らし通販.COM

新居の引越し日にあわせて指定同時宅配が可能な、
新生活に伴う必要なものをまとめ買いすることのできる通販サイトです。
URL:www.hitorigurashi-tsuuhan.com/index.html

大学生協

現役大学生の声を元に一人暮らしに必要なアイテムがセットで売られており、
何が必要かわからなくても大丈夫です。
URL:shinseikatsu.ne.jp/

参考サイト
【1】ズバット引越し比較
URL:www.zba.jp/hikkoshi/cont/case-student/

【2】引越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/type/gakusei.html

引越し業者の様々なキャンペーンを活用することでお得に引越しをしよう

引越し会社は引越しシーズン時に、お客さんに選んで頂くことができきつようにと、
様々なキャンペーンや特典を行っています。
今回は一部ですが各引越し業者が独自で行っているキャンペーンを紹介していきます。

各引越し業者が独自で行っているキャンペーン

1 クロネコヤマト

特設ホームページから申し込むことによって、3000円相当の資材が無料でもらえます。
www.008008.jp/campaign/single2014/index.html

2 カルガモ引越しセンター

無料訪問見積もりを希望すると全員に1000円のJCBギフト券がプレゼントされます。
URL:www.karugamo.co.jp/

3 ハート引越センター

見積もり依頼、引越し依頼した場合のみですが、毎月3名にiPod nanoをプレゼントするキャンペーンをおこなっています。
URL:www.hikkoshi8100.com/content/campaign/

4 ダック引越しセンター

木曜日のみに限り、キャンペーン特典専用サイトから見積もりを依頼することで、
見積もり訪問時に、ダンボール20箱、クラフトテープ1巻、布団袋が家族限定でプレゼント
されます。
URL:888888.jp/

5 日本通運

春の新生活応援キャンペーンとして、日通で引っ越しした人の中から、東京ディズニーランドチケットのペアチケットと「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」の体験券が500組1000名にもらえます。
URL:www.nittsu.co.jp/hikkoshi/news/campaign_201401/result.html

6 アリさんマークの引越し社

楽天カードで支払いすることで、楽天ポイントが3倍になってポイントをもらえます。
楽天をよく利用される方にはうれしい特典ですね。
URL:www.2626.co.jp/service/rakuten_c.html

7 サカイ引越センター

ポンタカードを見積もりのときに見せることで、引越し料金100円ごとにポイントがたまります。
他に、訪問見積もり時に全員にお米が1キログラムプレゼントされる特典があります。
URL:www.hikkoshi-sakai.co.jp/pontacard/index.html

8 アップル引越しセンター

引越しの際に、専門業者に依頼すれば5~7万円以上する盗聴器の無料調査をおこなってくれます。
URL:www.apple-hikkoshi.co.jp/campaign/001.html

引越し会社のキャンペーンを利用する際の注意点

上記のキャンペーンは期間限定のキャンペーンが含まており、
またキャンペーンや特典がいつまで続くかは未定です。
他にキャンペーンや特典を打ち出している業者は多数ありますで、
ぜひ、良いと思ったものには参加されてみるのも良いかと思います。

安く引越しができるベストな時期はいつ?

安く引越しをするのにベストな時期ははオフシーズン

3月と4月の時期は卒業や入学、また転勤や入社のシーズンになりますから、
単身者に限らず家族での引越しも増える時期です。
そのため、引越し業者がもっとも忙しくなる月のため、値段を通常の引越
料金より割増して見積もりを出すことがあります。
ですが、繁忙期以外のシーズンを『オフシーズン』と呼ばれ、料金が通常の
料金にもどり、繁忙期に比べて業者によっては3倍以上値段が安くなります。
特に一番おすすめするのは夏場の季節に引越しをすることです。
夏場の引越しは暑くて大変なので嫌う人が多いためか、引越しを希望される方が
少ない傾向にあります。

仏滅の引越しも引越し費用が安くなる傾向にあります

信憑性が薄いとされているとしても、日本人は縁起を担ぐ傾向にあります。
そのため、引越しやお祝い事をどうしても避けてしまうため、引越し業者には、
お客さんを呼び込むために仏滅割引のサービスを行っているところがあります。
逆に大安の日は、引越しが込み合う可能性が高いので、料金も高くなる場合が多いです。
仏滅や大安をあまり気にされないのでしたら、仏滅の引越しを検討しても良いでしょう。

仮に仏滅を選んで縁起を気にするなら

仏滅の信憑がたとえ薄いといされていても、やはり新しいスタートは気持ちよく切りたいと、
誰もが思うものです。
ですので、仏滅に引越しすることを、
仮に気にされるのでしたら、個人個人の気持ちの持ちようによるのですが
縁起を担ぐ行動を起こされてみても良いかと思います。
縁起物の植物では、万年青(おもと)が代表的です。
置き場所は、良い方角は、(北東)に置くのが良いと
言い伝えられています。

曜日は平日を狙いましょう。

基本的に引越しは昼間にすることが多いです。
そのため、昼間から時間を空けなければならないので、
休日の引越しを希望される方が多いです。
そうなると必然的に祝日や休日に引越し依頼が集まるので、
料金も高くなる傾向にあります。
できることならば、平日の引越しを検討してみましょう。

引越し一括見積もりを活用することで、各引越し業者の情報をチェックしましょう

上記の安くなるタイミングの条件で、引越し会社の比較をすることで、
最も安く良い条件で引越し会社を探し出すことができるようになります。

参考サイト
【1】新しいスタートには縁起物で験を担ぎたい
URL:www.hikkoshi-kantan.asia/category23/entry393.html

【2】引越し費用を安くするガイド
URL:www.discount-clearwater-hotels.com/2013/03/post-3.html

安い料金で引越しできるシーズンはいつ頃?

どうせ自分の好きな街に引っ越しをしたいと思うのであれば、
一番引っ越し費用が安く条件が良いときに引っ越しをしたいものです。
この記事では引っ越し費用が安くすむ条件が良いタイミングや時間帯を紹介していきます。

この日はなるべく避けたい繁忙期

引越には繁忙期と呼ばれる時期があります。
特に3月、4月の時期は転勤、就職、進学など新しい生活を希望される方が
最も多いため引越しの以来件数も増えるので、普段より倍の料金が発生します。
業者側にとっても、魚の入れ食い状態のようにお客さんの依頼が舞い込んできますので、
値段交渉も応じにくくなります。
急な転勤の辞令を受けてしまった場合などは仕方のないことかもしれませんが、3月、4月以外の単身引越しの値段が安いシーズンを検討してみることをおすすめします。

時間帯にも気をつけることで引っ越し料金がやすくなります

引っ越しをする時間によって引越料金は安くなる条件があります。
それはフリー便を活用することです。
フリー便を間単に説明すると、日にちだけ決めて作業開始時間は引越し当日までわからないサービスです。
完全に業者の都合に合わせたサービスのため、午前や午後とこちらから指定するよりも、
場合によっては通常時の半額誓い料金になることもありますので、時間に余裕をもたせられるのであれば、フリー便を活用して値段を安くしていきましょう。

引っ越しのおすすめの曜日は?

曜日に関しては、平日に引っ越しをするのが、土日に引っ越しをするよりも安く引っ越しをすることが可能です。
特に金曜日と月曜日は週末に続く曜日になりますので、比較的平日の中では他の平日の曜日と比べて引っ越しの値段が上がることが考えられるので、火曜~木曜で選ぶのがおすすめです。
また、引っ越しを行うにあたり、できれば大安や吉日といった縁起の良い日を選びがちになりますが、引っ越し業者の中には仏滅の日に引っ越し料金を安く設定している業者があるので、
そのようなことが気にならないのであれば、仏滅の日に引っ越しをしも問題はないかと思います。

単身引越しの簡単節約術

たとえ単身者の引越しで小さな引越しだとしても、料金はできるだけ抑えたいものです。
料金をできるだけ抑えられるような節約術を紹介していきます。

単身者向けにぴったりなサービスを活用していきましょう

引越し会社によっては、単身者の方が引越しをしやすくするために
学生なら学割パック、女性ならレディースパックというように、
お得な料金設定のプランを用意していることが多いです。
そのようなサービスがあるのか紹介していきます。

1 単身パック

通称“単身パック”と呼ばれているサービスで、
名前のとおり、荷物の量が少ない単身者向けのサービスです。
どれぐらいの荷物量をいくらぐらいの料金で運んでくれるのか一目瞭然なので、
料金が大変リーズナブルに済ませることができます。

2 家具運搬サービス

衣類や小さく自分で運べるものは自分で運ぶけれど、
家電類や家具といった大きい荷物を単品で業者に運んでもらいたいときに
ぴったりなサービスです。

3 学割サービス

映画館やアミューズメントパークが提供する学割のように、
学生の引越しのために特別料金を設定しているサービスです。

4 フリー便

引越し業者の都合に合わせ、業者が引越し日時を指定される代わりに料金が半額程度に設定されているサービスです。運ぶ荷物が少なく、引越し日程に融通が利く方におすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することで値段交渉の材料にしましょう

複数の引越業者に見積もりを依頼することで、値段の比較をすることができるようになります。
料金を比較して値段交渉をすれば、安い費用で単身引越しをする確立は高くなるので、
ぜひとも複数の業者に見積もりを出すようにしましょう。

たとえ単身者の小さな引越しだとしても料金交渉していきましょう

上記で、複数の引越業者に見積もりを依頼することで、値段の比較をすることができるようになることはお伝えしました。
単身者の小さな引越しだとしても、臆することなく業者さんに交渉していけば、
値段交渉に応じてくれますのでがんばってください。

参考サイト
【1】ALLABOUT
URL:allabout.co.jp/gm/gc/399496/

【2】引越しトラの巻
URL:www.leadingdesign.org/

単身パックをなるべく安く済ませるには?

引越しをする際に誰もが一番気になるのは引越し費用ではないでしょうか?
やはり一人暮らしといえども引越し費用は安くありません。
そのために、一人暮らしに掛かる引越し費用の相場はどのくらいなのか、
どうすれば引越し費用を1円でも安くすることが可能になるのかを
紹介していきます。

単身パックの相場を知りましょう

引っ越し単身パックの料金の相場は約3万円から6万と言われていますが、
単身パックというサービス名と料金を明確に公開している業者にはクロネコヤマトと日本通運があるのですが、基本料金を公開していない業者があるところも多いので、比較しにくいのが現状です。
ですので、相場を把握し料金を比較するために、複数の業者から見積もりを依頼する必要があります。

引越し一括見積サイトから依頼をし引越しを効率的にすすめましょう。

複数の引越し業者に見積もりをする為には一括見積もりサイトを活用することで、
時間が掛からずに、効率的よく見積もり依頼が可能になります。
いくつかおススメの一括見積もりサイトを紹介していきます。

1 引越し侍

このサービスの特徴的なところは、、引越し業者の口コミや引越し業者のランキングを知ることができる以外にも、引越しの効率的な段取りの仕方、引越しの際に出る不必要な物の処分の仕方など引越しに起こりうるシチュエーションや手続きがわかりやすく記載されているところです。
最大10社に見積もりを取ることができることで、
一番値段が安い業者が手間隙かからずに見つけることができます。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

この引越し一括見積もりサイトは見積もり引越しの4か月前から頼めるので、
引越しの際に必要な各種手続きなど幅をもたせてスケジュールを立てることができます。
業者も大手~中小まで幅広く変わらない条件で見積もりを依頼できるので、
料金の相場を把握することができ、業者の選定がしやすいです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 引越し戦隊

今春リリース予定の新しい引越し一括見積もりサイトです。
URL:hissen.jp/

交渉には強気でいきましょう。

引越し一括見積もりサイトを活用することで、
あなたは見積もり料金の比較ができたことで、
交渉をすすめやすくなりました。

そこで、NGな行動は弱腰で交渉を行わないことです。
交渉ごとに馴れていなくて冷静さを失い、「今ならこの値段にします」と即決を求められて、
ノーといえずに同意していまうケースがあります。
他の業者との値引き交渉をするチャンスを失わないためにも強気で交渉していきましょう。

参考サイト
【1】SUUMO引越し
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/manual/knowhow/03.html

【2】ALLABOUT
URL:allabout.co.jp/gm/gc/401477/

【3】【知らなきゃ損する!】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
URL:www.npo-emba.org/

引越しの際に値段交渉を成功させるには?

一般的なご家庭の場合、引越しといえば清水の舞台から飛び降りるくらいに
大きな一大イベントと言えると思います。
これまでに住んできたお家にも愛着があるかと思いますし、
その家を出て新しい環境へと移り住むのですから、
時間的にも体力的にも負担が生じることもあるかと思います。
そんな引っ越しという一大イベントを成功させるために
今回は引越し費用を劇的に値切るためのポイントを紹介していきます。

一括見積もりサイトを活用することで値段を比較しましょう

複数の業者から見積もりを取ることで、
「先に見積もりをだしてもらったA社さんは、
大体○○○円くらいでやってくれると言ってましたよ」と交渉が可能になります。
このように低料金の提示を業者から引き出すことが可能になりますので、
一括見積もりサイトを活用し、複数の業者から見積もりを取りましょう。

できるだけ引越しの繁忙期を避けましょう

引っ越し時期によっては難しい場合もありますが、
可能ならば3月や12月などの繁忙期は避けるようにしましょう。
3月や12月は引っ越しシーズンでどうしても繁忙期なので、
苦労せずとも業者に引越しの依頼が次々と舞い込まる時期になります。
そうすると交渉は厳しくなりますので、可能でしたら前倒しの引越しが
出来ないかを検討してみてください。

フリー便を利用しましょう

これも可能ならばになるのですが、フリー便を利用できるか検討してみてください。
フリー便とは、業者の都合に合わせた引越しのサービスを言います。
業者からの時間指定により、引っ越しの引越し当日のスケジュールが組みにくくなるというデメリットがありますが、数千円~数万円程度値段が安くなる場合があります。
もし、当日の引っ越し日に時間に余裕があるのでしたら、フリー便を選ぶと値引き交渉はしやすくなるのでおススメです。

参考サイト
【1】引っ越しトラの巻き
URL:www.leadingdesign.org/negiri.html
【2】ズバット引っ越し比較
URL:www.zba.jp/hikkoshi/cont/hikkoshi-discount/
【3】引っ越しポーターラビット
URL:porter-rabbit.com/guide/guide04/