引越しすると決めたら、新しい引越し先の新居を探さなければなりません。
今回は単身者の方におすすめする引越し先の探し方について紹介していきます。

引越し先を決める前に新居の条件を明確にしましょう

引越し先の新居はあなたにとって新たな新生活の始まりです。
そんな新生活がこれから始まる新居を適当に決めてしまうと住んでから後悔する
可能性が出てきます。
そんな後悔をすることのならないように例えば、

  • ペットと一緒に住みたい
  • 駅から近い
  • 近所にはスーパーがあって欲しい
  • ルームシェアがOK
  • 防音がしっかりしている
  • ○○の地域に住みたい

など新居を探すときは自分の住みたい新居の条件を明確にしておきましょう。

条件が決まればいざ物件探し

引越しをする際にも一括見積もりサイトをを活用し、
複数の見積もりを取りながら引越し料金の相場が把握できたように、
家賃の相場をネット上で調べることができます。
不動産情報を調べるにあたり、有名なサイトは、
SUUMO(suumo.jp/?vos=evpasubr049x0091626)や
HOME’S(www.homes.co.jp/)
があります。
これらのサイトを活用しならがら、
自分が出せる金額をもとに、住みたい場所や上記で決めた
引越し先で譲れない自分の条件に照らし合わせた物件を
探していきましょう

不動産屋はどこに依頼しても同じだという考えは危険です

SUUMOやHOME’Sでは不動産会社の情報も一緒に見ることが
できます。
ですので、自分が住みたい地域の物件を扱っている不動産屋さんにメールや連絡を
取り、親身に相談にのってくれる業者にめぐり合えば良いのですが、
中には『サイトからご自身で選んでください』と、親身になって物件情報を
教えてくれない場合があります。
そのために、あらかじめWEB上から不動産会社の口コミ情報を参考にしておくと
良いでしょう。
もしくは、希望している物件情報を不動産会社にfaxまたはメールを送ることで、
すぐに返信が返って来たり、送ってくれた資料をもとに細かい情報をくれたり、
希望に添えない場合でも別の物件を提案してくれたりする場合は、
優良な不動産会社と言えると思います。
約30社ほど自分の希望する条件を送ることで、自分にあった不動産会社が
見つかるかと思いますので、不動産会社が自分にとって親身に理解してくれているのか
しっかり見極めて探しましょう。

ときにはWEBだけでなく自分の足で不動産屋さんに行ってみましょう。

地元の不動産会社に足を運んでみると、WEB上では紹介されていない地元の
不動産屋さんしか知らない物件も少なからず出てくることがあります。
また、物件の良い面ばかりでなく、悪い面を教えてくれることがあり、
WEB上は条件にぴったりと思っていた物件でも契約しなくて良かったと
思うことがあります。

参考サイト
【1】stocker.jp
URL:stocker.jp/diary/rental_apartment/