一人暮らしで、近距離の引っ越しであれば、できるだけ引っ越しの料金を抑えて一円でも安くしたいと考えるのが普通ですよね。
そのようなお考えの方のために、一人暮らしで近距離にぴったりなプランと値段を抑える
コツを紹介していきます。

一人暮らしをこれから始められる学生さんやビジネスマンの方であれば単身パックを活用していきましょう

単身パックは、日本通運や、クロネコ引っ越しサービスといった大手の引っ越し業者は展開してるプランになるのですが、荷物を載せる量が限られているので、荷物が少ない方にはとてもぴったりなプランです。
まず各業者の相場を紹介していきます。

クロネコヤマト

クロネコヤマトの場合公式ホームページの記載情報によると、
同一市内の近距離の引っ越しであれば関東圏内なら18360円(税込)、その他のエリアなら15210円(税込)、東京から神奈川まで運ぶのであれば22680円(税込)の料金となります。
トラックに載せられる荷物は目安として、2ドアの冷蔵庫、4㎏の全自動洗濯機、電子レンジ、ダンボール箱10箱、衣装ケース3個、布団袋1袋、スーツケース1個と、
押入れ1段分の大容量の荷物を運んでくれます。

日本通運

日本通運の場合は、単身パックSと単身パックLの2種類があり、
単身パックSに積み込めきらない場合は追加料金を払い、ボックスを追加する形です。
公式HPの記載情報によると、
単身パックSに載せられる荷物は目安として、2ドア109リットルの冷蔵庫、20インチの薄型テレビ、テレビラック、電子レンジ、掃除機、3段のカラーボックス、姿見、布団、ダンボール4箱です。
単身パックLは、洗濯機、衣装ケースを加えることができます。
東京から大阪まで引っ越した場合単身パックSを2ボックス使って、51840円(税込)なので、平均的な相場として5~7万円程度と考えておくと良いでしょう。

<

h2>単身パックは安いけれどさらに安くするには?
引っ越し料金は、トラックの移動距離と運ぶ荷物の量で料金がいくらかが決まります。
移動距離が長いほど、トラックに載せる荷物が多いほど引っ越し料金は高くなるのです。
その場合、運ぶ荷物を減らすか、距離を縮ませるかの2択になるのですが、
運ぶ荷物やダンボールの量を減らすことはできそうですが、もうすでに引っ越し先が決まってるかと思いますし距離を縮めることは容易ではないでしょう。
そのために、おこなってて欲しいことがあります。
それは、引っ越し一括見積もりサイトを活用することで複数の会社に相見積もりを取り、引っ越し会社同士競争させて引っ越し費用を下げることです。
複数の見積もりを取ることで、「A社はこれくらいでしたよ」と交渉の材料に使えるので
引っ越し一括見積もりサイトを活用していきましょう。

3月上旬に引っ越し戦隊というサイトがあるのですが、
このサイトは引っ越し会社の最安値が保障されており、
多くのキャッシュバックメニューが用意されているので、
活用してみるといいと思います。
URL:hissen.jp/

参考サイト
【1】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
URL:www.npo-emba.org/

【2】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/moving/single/

【3】日本通運
URL:www.nittsu.co.jp/hikkoshi/moving-s/otoku/