近所

引越しの挨拶で気をつけておきたいポイント

引っ越す前後にご近所へどういう対応をしたら良いか?

引っ越しが決まったら、なにをすべきか…と戸惑うことも多いかと思います。自分の荷物整理や引っ越し業者の選定に追われていると、忘れてしまうのが“ご近所さんへのご挨拶”。社会人としての自分をしっかりと示すためにも、そういった周りへの配慮は忘れずにいたいものです。いったい、引っ越しの前後にはどういった対応をするのが良いのでしょうか?

引っ越し作業は、音も振動も大きいものです。 

引っ越し作業は、自分が思っている以上に振動や音が大きいものです。朝早い時間から荷造りをしたり、夜遅い時間まで荷造りをしたり…。普段の生活を続ける中で引っ越しの作業を進めないといけないので、どうしても作業の時間は周りの人が寝ていたり、静かに過ごしている時間に偏ってしまいがちです。たくさんの荷物が入ったダンボールを移動するだけでも、引きずって移動させればザザザ…と響きますし、重たい荷物を移動させたならドシンドシンと音だけでは無く振動まで伝わってしまいます。

少なくとも、引っ越しが決まって荷出しの日が決まったあたりでは、周り近所に挨拶を行なっておくと良いでしょう。

共同住宅の場合は、トラブル防止のためにも挨拶は必須です!

今住んでいるところが共同住宅であったり、これから暮らす物件がアパートやマンションといった物件の人は、トラブル防止のためにも挨拶をしておくのが礼儀といえます。引っ越しをするには荷造りや荷解きでの騒音や振動だけでは無く、たくさんのゴミが出ることになりますし、引っ越し作業に伴う大型車両が道に長時間停車することになります。

同じように引っ越しに伴う様々な不便なことや騒音なども、きちんと挨拶をされているかいないかで、受ける側の印象は大きく違ってきます。ですので、ここはしっかりと挨拶にまわっておきましょうね。

挨拶をする際に渡すと喜ばれる品物をご紹介!

引越しの挨拶を面倒だと感じるかもしれませんが、
手持ちの一品を用意することで、挨拶をすることの不安は和らぐ
かと思います。
そこで挨拶をする際に渡すと喜ばれる粗品ベスト3を紹介します。

1位 タオルや手ぬぐい

タオルはどの家庭にもあり、複数あっても困らないのが人気のポイント
だと思います。

2位 洗剤

洗剤は日用品として日々毎日使うもので、尚且つ消耗していく物です。
タオル同様にどの家庭にもあり毎日使う物だからこそ喜ばれるのでしょう。

3位 お菓子

特に地元の名産品だととても喜ばれる傾向にあるようです。
食べ物なので、好き嫌いは分かれるかと思いますが、
お子さんがいるファミリーの方には嬉しい品物だと思います。

引越し挨拶の粗品ギフトの購入をお考えであれば、
引っ越し挨拶品.comというサイトでは、
値段もお手軽で、人気商品がランキング化されているので、
何を購入すれば良いのか悩まずに喜ばれる粗品を購入することができます。
また、引越しの挨拶のマナーについても細かく記載されているので、
マナーが心配な方はこちらで事前にチェックすると良いでしょう。
URL:www.hikkosiaisatuhin.com/

代わりに挨拶をしてくれる引っ越し業者もあるんです!

とはいっても、隣にどんな人が住んでいるかもわからない…という方も多いのではないでしょうか?働いている時間や、家にいる時間がまばらだと、挨拶しようにも時間が合わずになかなか顔を合わせることが出来ない…といったようなことも予想できます。そんなときに利用したいサービスが、引っ越し業者が隣近所に挨拶をしてくれるということです。挨拶時には、ちょっとしたご挨拶の品まで用意してくれる業者もありますので、そういったところも業者選びのときに確認しておきましょうね。

間違っていない?引越し後の挨拶マナー

引っ越し後には近隣の方々や付近の住民の方々への挨拶が欠かせなくなってきます。
しかし、最近は挨拶をされる方が少なくなってきているかもしれません。
また、近隣の方々に挨拶される場合でも、タイミングや何を渡せばいいのか?と悩むことが
あるかと思います。
今回は引っ越し後の挨拶のマナーについて紹介していきます。

そもそも挨拶をしないことはマナー違反になるのか?

結論から言いますと、挨拶をしないことはマナー違反になります。
新しい引っ越し先の近隣の方々にはもちろんですが、旧居の近隣の方々にも挨拶が必要です。
少なからずお世話になっていることがあるかと思いますので、何も言わず立ち去るよりは直接訪問をして挨拶をしたほうがいいでしょう。
時間がなければ挨拶状を出すということもできますので、引っ越す前にお世話になってお礼と、
新しい引っ越し先を書いて伝えてください。

またALLABOUTによる、『ご近所に引越しされてきた方が挨拶に!あなたはどんな気がしますか?』というアンケートには、どんな人が引っ越してきたのかわかってよかったという声が67%、挨拶は当然のことと答えられている方が18%というアンケート結果でした。
この結果からわかるように、引っ越し後の挨拶はやはり欠かせないことだと認識できたかと思います。
逆に挨拶に来ない場合は『なぜ挨拶にこないのだろう?』、『誰が引っ越してきたのだろう?』と疑問を持たれてしまうので、勇気をもって近隣の方々に挨拶をしていきましょう。

引用:ALLABOUT URL:allabout.co.jp/gm/gc/372492/

引っ越し挨拶品は幾らぐらいの物を渡せばいいの?

引っ越しの近隣の方々に挨拶する際には挨拶品を持っていくことがマナーとされています。
挨拶時に挨拶品を持っていかずに、常識がない、マナーがなっていない、と近隣の方々に思われないように注意するようにしてください。
挨拶品は何を持って行けばいいのか、また幾らぐらいの品物を渡せば良いのか?ですが、
あまり値段の高いものを渡してしまうと、近隣の方々から不安がられてしまいますので、
だいたい一般的には1000~1500円くらいが相場とされているのでその値段の範囲の物を挨拶品として
渡していくと良いでしょう。

近隣の方々から喜ばれる挨拶品

挨拶品で喜ばれる傾向にある品物を紹介していきます。

1 旧居(引越前)の土地のお菓子

地元のお菓子を持っていくことで、どこから来たのかなどコミュニケーションが生まれるので、喜ばれることが
多いそうです。おいしい物であれば、なお更もらう側もうれしいですよね。

2 石鹸・シャンプー

毎日使うもので、かつ消費するものなので比較的喜ばれる傾向にあります。

3 タオル

タオルや手拭いは日常で使う機会が多いので喜ばれる方が多いようです。

日持ちがするもので、いくつ家にあっても困らない、普段から使うことができて便利と
いうものが好まれる傾向にあるようです。

デパートで代表的な高島屋オンラインストアでは、様々な挨拶品がそろっているので、
一度除いてみてはいかがでしょうか?
URL:www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/

参考サイト
【1】引っ越し料金の裏テク
URL:www.hikkoshitechnic.com/manner/aisatusinamono.html

【2】パピマミ
URL:papimami.jp/5562

【3】体験者は語る引っ越しアンケート
URL:www.h-100.info/cat525/