計画

家族で引越しする予定がある方に伝えたい引越しがスムーズに行えるポイント

家族で引越しの予定がある方へ、今回は必要な段取りやスムーズに引越しが
行えるポイントについて紹介していきます。

家族での引越しをする準備がスムーズに進む3ステップ

家族で引っ越しをする際、何から手をつけていいのかわからない方がいると
思いますが、基本的におこなうことは以下の3ステップです。
ステップ1 引越しに掛かる料金の相場を知る
ステップ2 引越し業者を選定する
ステップ3 引越し準備に取り掛かる

順番に説明していきます

ステップ1 引越しに掛かる料金を知る

荷物の量や引越す時期によって、引越し料金が大きく変わってくるのですが、
下記の図ではオフシーズンと繁忙期(3~4月)の時期に分けて料金の相場を
表記しました。

移動距離 2人家族 4人家族
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 約46,000円 約60,000円 約62,000円 約80,000円
近距離(50km以内) 約52,700円 約68,500円 約72,800円 約94,600円
中距離(100km以内) 約69,000円 約89,700円 約78,000円 約100,000円
長距離(200km以内) 約80,800円 約105,000円 約96,000円 約125,000円
長距離(300km以内) 約113,000円 約147,000円 約162,800円 約211,700円

参考サイト 引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/type/family/#step4

ステップ2 引越し業者を抑える

だいたい1ヶ月前に引っ越し業者を選び、予約をするようにしましょう。

1円でも引越し料金を安く抑えたいという場合に引越し会社を選定するには、
引越し一括見積もりサイトから複数の業者に見積もりを頼むことで、
複数の業者から提示された料金をそれぞれ比較することをおすすめします。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定で、
業界初の最安値を保障してくれる見積もりサイトです。
他社の見積もりサイトとは違い引越し戦隊のスタッフがすべて対応するので、
複数の業者から電話が掛かってこないところも特徴的です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

フォームに現住所と引越し先の都道府県、引越しのタイプ、ユーザー情報と
荷物の詳細を入れるだけで最短1分で見積もり料金がわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

HOME’S 引越し 見積もり

『引越しのポイント」や引越し前の「引越しチェックリスト」、
引越し用語集など引越しに役立つ情報が満載です。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

ステップ3 引越し準備を始める

スケジュールの立て方として

1ヶ月前

  • 賃貸の場合は退去連絡
  • 新居先の情報の把握
  • 運ぶ荷物の把握
  • 引越し会社の手配
  • お子さんがいる場合は学校に連絡

2週間前

  • 公共料金の手続き
  • ゴミだし
  • 転居手続き

前日

  • 荷造り

が主な段取りになります。
引越し時に必要な各種手続きは以外に多いので、後回しにしておくと、
どの手続きが済んで、まだどの手続きをする必要かがわからなくなり、
逆に手間がかかる可能性があるので、面倒だと思わずに必要は手続きは
早めに済ませておくことをおすすめします。

スムーズに段取りを組むには家族全員の協力が必要不可欠です。
一人ではなく、役割を分担することでスムーズに引越しが出来ますので、
家族全員で引越しを成功させて欲しく思います。

参考サイト
【1】nanapi
URL:nanapi.jp/74701

単身引っ越しのスケジュールの立て方

いざ、単身で引越しを行おうと考えても、なにから手を付けていいのかわからないものです。
今回は引越しのスケジュールを引越す前から当日まで何をする必要があるのかを紹介していくので、
スケジュールを立てるための参考にして頂ければと思います。

引越しのスケジュール

1ヶ月前

1 新居さがし

新居探しをはじめて、可能であれば部屋の中を見せてもらってください。

2 不動産会社に退去することの連絡

マンションにお住まいの場合は最低でも一ヶ月前に退去することを伝えましょう。

3 引越し会社の選定、見積もり依頼

これらは一括見積もりサイトを活用することで効率よく業者をみつけることができ、
見積もりを依頼することができます。

約2週間前

1 荷物の整理

引越し先にもっていくもの、不必要なものをわけましょう。
日々の使わないものは処分することで後の整理がはかどるようになります。

2 転出届

市区町村役場で手続きを行い、「転出証明書」を発行してもらいます。引越し後、引越し先の市区町村役場で転入届の手続きをする時に、この転出証明書が必要になりますので紛失しないようにしましょう。

3 ガス・電気・水道の使用停止、使用開始の連絡

解約日と開始日は引越し当日におこなうと良いです。
それぞれコールセンターのフリーダイヤルに掛けることで応じてくれるのですが、
対応する業者に限られますが、引越し連絡帳という公共料金や郵便、銀行といった
住所変更をしなければならないものに必要事項を入力することで一括で変更手続きをしてくれる
『引越し連絡帳』というサービスがあります。
URL:www.hikkoshi-line.jp/

4 粗大ゴミの処理やゴミの収集のスケジュール確認

粗大ごみの処理はなるべく早めに行っておくほうが良いです。
粗大ゴミやリサイクルゴミについては料金がかかるものなので、料金の確認と
自治体によってゴミを収集する日程が異なるので収集のスケジュールを把握しておきましょう。

約1週間前

1 引越しの挨拶の粗品の準備

引越し後に挨拶をする場合は粗品を用意してといいでしょう。

2 新居の掃除

たいていの新居であれば、不動産業者が掃除をしてくれていますが、
近場で新居に伺うことが可能でしたら、自分で掃除をすることでより一層愛着がわいてくることでしょう。

3日前から前日まで

1 荷造りをはじめる

効率よくダンボールに荷物を入れるために、荷物リストをつくっておくと、
スムーズに荷造りをはじめることができます。

2 洗濯機の水抜き

水漏れすることのないように水を抜いておきましょう

3 冷蔵個の電源を抜いておく

引越し当日に電源を抜くと、冷蔵個の中の露が溶けて、運搬中の荷物が水に濡れてしまう可能性があるので引越し当日には電源を抜かないように気をつけてください

4 ごみ捨て

自治体のごみ収集のスケジュールが把握できていると思いますので、ゴミを出しましょう。

引越し当日

1 荷物の運搬

運搬作業は全て業者がおこなってくれますので全て業者に任せましょう

2 ガス、水道、電気の停止

電気と水道はスタッフに来てもらう必要はありませんが、ガスだけは業者の立会いのもと
料金を精算しなければならないので注意が必要です。

参考サイト
【1】nanapi
URL:nanapi.jp/81970

【2】一人暮らしのコツ
URL:www.hitorikurashi.net/htm/hikkosizengonosukejyu-ru.html

【3】失敗しない!一人暮らしの引越しのコツ
URL:www.single-hikkoshi.com/check-rist/schedule.html