実は引っ越しする際に退去日と入居日の折り合わせがうまくいかずに荷物を運ぶことができないといった、ケースはは良くあることです。
そのような場合に利用すると便利なサービスを今回紹介していきます。

一時的に荷物を預かってほしい場合は引っ越し業者の一時保管サービスを利用しましょう。

引っ越しする際に退去日と入居日の折り合わせがうまくいかずに荷物を運ぶことができない場合や、
家のリフォームや建替えの間に荷物を一時的に預かって欲しい場合は、
一時的に荷物を預かってもらえる一時保管サービスというものがあります。
基本的には、荷物を預かってくれるサービスは大手の引っ越し業者しか扱っていない場合が多いのですが、
対応してくれる中小の引っ越し業者も存在しますので、見積もりの際確認しておくと良いでしょう。

荷物を一時的に預かってくれる引っ越し業者

引っ越しの荷物を預かってくれる引っ越し業者を紹介していきます。
引っ越しの荷物を預かってほしいときが起きたときは検討してみると良いと思います。

1 レジェンド引越サービス

UEL:www.legend-1009.com/

2 澁澤引越センター

UEL:www.shibusawa.co.jp/

3 ダック引越センター

URL:888888.jp/

4 キリン引越センター

UEL:www.chukou-unyu.co.jp/

5 博多引越本舗

UEL:www.yoka-hikkoshi.com/

6 ベスト引っ越し会社

URL:www.bestservice.co.jp/index.html

荷物を預かってくれる料金の相場は?

料金はだいたい畳1枚分に収まるぐらいの荷物の量で、
10000~12000円ぐらいが相場とされています。

どうしても引っ越しが業者が荷物を預かってくれない場合は?

上記で記載したように基本的には、荷物を預かってくれるサービスは大手の引っ越し業者しか扱っていない場合が多いです。
中小の引っ越し業者も上で紹介させて頂いたように、対応してくれる業者も存在するのですが、
エリアの関係などでどうしても一時預かりが難しい場合は『トランクルーム』を活用すると良いでしょう。
トランクルームは1週間や1か月といった単位で、お金を払うことで、利用が可能なサービスで、家具や家電など の大きな荷物を預けることができます。
しかし、トランクルームには危険物、貴重品、生もの等の腐敗する物は保管ができないのと、営業時間内でしか荷物の出し入れができないことので、トランクルーム業者に迷惑が掛からないように注意しましょう。

トランクルームの料金の相場は?

畳1枚の半分の量で、東京23区の場合は月額の料金が5,000円以上、 都心を外れると4,000円以上というケースが多く、地方では2,000円台で借りることも可能です。
ネット上で検索すると、様々なトランク業者が出てくるので、料金やサービスの比較をしていくと良いでしょう。

参考サイト
【1】HOME’S
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/prepare/keeping/

【2】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/plan/00000009/

【3】引っ越し業者はこう選べ
URL:xn--68jxa5796aywiko2ai7q.tv/option/ichijihokan.html