荷ほどき

荷解きして整理整頓し始めるのに役立つポイントは?

荷ほどき引越し

引越しが終わり、新しい家についてもまだまだ仕事はいっぱいあります。それは・・・荷物の荷解きと整理です!一通り終わらせないと、なかなか気持ちも落ち着きませんよね。でも手当たり次第、荷物を開けても部屋中に散乱してしまい、余計に労力を使って疲れてしまうことも。一体どのように効率よく荷物を片付けていけるでしょうか?

続きを読む

引越し荷ほどきのポイントについて

新居に引っ越したら、大きな家財から整理しよう

引越し業者は、こちらの意見を聞きながら、家具や家電を置いてくれます。しかし、前もって考えていた位置に配置しても、実際に置いてみると、入り具合や使い勝手が思っていた感じと違うという事もあります。引越しをした後は、部屋の中は段ボールだらけなので、少しでも早く片付けたいという気持ちが募りますが、まずは、大きな家具や家電を、実際の位置に置きなおす事から始めましょう。
例えば、本棚に本を入れてしまってから、やっぱり別の場所に移動しようと思っても、重くて動かす事が難しくなります。このような事が無いように、家具の配置はしっかりと考えてから、中身を入れましょう。
また、大きな家具が収まると、作業スペースを作りやすくなります。段ボールの中身を荷解きするのにも、広いスペースが出来た方がはかどるので、お勧めの方法です。

引越し後の片づけは、動線の確保を考えながら行おう

引越し後は、足の踏み場がないくらい段ボールなどの物が、散乱としている状態だと思います。手当たり次第に段ボールを開けて行っても、取り出すスペースが確保できずに、まずます、床に物が散らかりやすくなります。そうなると部屋の移動もままならないので、作業効率が下がりますし、重たい段ボールを移動するのにも危険が生じます。
そこで、部屋を移動できるように、動線を確保する事がとても大切です。玄関から入って、奥の部屋まで歩ける通路を早く作れるように、玄関から順番に荷解きをしていくと良いでしょう。玄関が整うと、そこに、使用済みの段ボールを集める事も出来るので、より作業効率があがります。玄関の次は、キッチンやリビングという間取りも多いです。キッチンが片付くと段ボールの数が激減しやすいので、頑張って乗り越えましょう。

まとめると以下の2ステップです

  1. 荷解きは大きな家財から行う
  2. 玄関に近いものから順番に荷解く

引越し後も開けない段ボールについて

引越し後に、段ボールを開けて中のものを取り出していきますが、段ボールに収めたままの状態で置いておくものも、あるでしょう。多いパターンに、洋服があります。最近は、ハンガーにかけてあるものは、引越し業者がハンガーボックスを用意してくれる場合もあります。しかし、季節外の服は、そのまま段ボールに入れっぱなしにしておく事もあります。その場合には、防虫剤を入れるのを忘れないようにしましょう。また、あらかじめ、そのつもりでシワになりにくいように荷造りしたり、段ボールに入っている服を明記しておいたりすると便利です。
また、アルバムや子どもの作品などの思い出グッズは、新居で開放せずに、そのまま段ボールに入れて保存しておく人も多いです。その場合、子供別に段ボールを分けたり、年代別に分けたりするなど、保存しやすい形で荷造りをしておく事をお勧めします。

季節外の服をそのままダンボールにいれっぱなしにするために、シワにならない服のたたみ方を紹介します。

主に、シワにならない服のたたみ方は2種類あります。

1つめ

ステップ1 衣類(たとえばTシャツ)の左右を折りたたむ
ステップ2 下からくるくると巻いていく
たったこれだけで、シワになりにくく、ひとつひとつの面積が
小さくなるのでちょっとした隙間を埋めるのにも使うことができます。

2つめ

ステップ1 あらかじめ、服以外のものをダンボールの中にいれておく
ステップ2 そこにパンツや服をひろげたままにダンボールにいれて重ねていく
ステップ3 全部の服を重ね終わったあとにはみ出している部分をたたむことで完成。

参考サイト

URL :【1】絵でわかるはじめての海外旅行 ta-bi.net/posts/packing/
URL :【2】ライフハッカー www.lifehacker.jp/2009/07/post_1042.html
URL :【3】DIONS www.dinos.co.jp/hotdinos/antenna/style/110510/