家電

単身の方が揃えておきたい家具・家電とすぐに揃えることが可能なお店の見つけ方

一人暮らしで揃えておきたい家具・家電の種類

一人暮らしで揃えておきたい家具・家電で何を揃えれば
わからない方のためにあれば便利な家具・家電を紹介していきます。

家具

1 ベット・寝具

快適な睡眠を行うために、寝床は確保された方が良いでしょう。

2 カーテン

カーテンには部屋の中の光りを漏らさないだけでなく、
プライベートな自分の空間を守るための
防犯の機能がありますので自分のプライベートの
盗み見されないように取り付けましょう。

3 テーブル

一人暮らしの部屋には、脚が折りたためてあままり場所を取らないタイプの
テーブルがおすすめです。

4 テレビ台

テレビの購入のお考えの場合は、
テレビを支える台になりますし、
レコーダー機器、ゲーム機、配線コードなど、収納することが
できますので収納力のあるテレビ台を活用することをおすすめします。

5 ゴミ箱

引越しの際に不必要なダンボールやその他のゴミが
沢山出来てきます。
それ以外にも新しい生活用品を購入すれば当然その分のゴミが
出ることになりますので、せっかくの新居をゴミ屋敷にしないためにも
ゴミ箱の購入を忘れないようにしましょう。

6 カーペット

足音などの騒音対策を行うのであれば、カーペットは最適です。
仮に必要ないと感じるのであれば座布団を置くだけでも過ごしやすく
なるかと思います。

家電類

1 電子レンジ

単身の方や学生の方が家で自炊するときは、
電子レンジは必須です。
多彩な機能は必要なくシンプルな物で大丈夫です。

2 炊飯器

電子レンジと同じく、お米を自分で炊くだけでも食費を抑えることができるので、
炊飯器も引越し時に用意しておくことをおすすめします。

3 冷暖房器具

冷暖房機具は、賃貸マンションなどの場合、新居に始めから設置されていることが
ほとんどなので、引越し前に確認しておきましょう。
また、購入する場合でも新居に取り付け設置可能か事前に確認したあとに
購入してください。

4 テレビ

一人暮らしではつい大きい物を選びがちですが、
大きすぎると部屋のスペースがなくなってしまうので、
部屋のスペースにあったテレビを購入するように
選ぶと良いと思います。

5 照明

照明器具についても、引越し先に始めから設置されている場合があるので
確認するようにしましょう。

6 冷蔵庫

自炊をするか、しないかによってサイズや機能が大きく変わるので、
自分のタイプにあった冷蔵庫を購入するようにしましょう。

7 洗濯機

賃貸の場合は、引越し先に洗濯機が設置されている場合があるので確認を
しておきましょう。
また仮に購入する場合でも、洗濯機を置けるスペースが引越し先にあるか
どうかの確認が必要です。

8 掃除機

部屋には必ずチリやホコリが出てきます。
モップで事足りると感じれば購入の必要がありませんが、
あれば便利な家電の一つです。

外に出ずとも短時間ですぐに家電や家具がすぐ揃うサービス

一人暮らしに揃えておきたい家具や家電を紹介してきましたが、
時間がない方のためにすぐにでも揃えられるサービスを紹介していきます。

1 ラクダ・パーソナル・レンタル&リース

引っ越しの初期費用を抑えたい方や、転勤が多く家財の処分にいつもお悩みの方に
最適なサービスです
URL:www.designarc.co.jp/rental/index.asp

2 Debut!

新生活応援セットが用意されており、
必要な家電・家具が揃えることができ、すぐに新生活をスタート
することが可能です。
URL:www.singlelife.co.jp/index.php

3 大学生協

現役大学生の意見を取り入れ、一人暮らしに必要なアイテムが
セットで発売されていますので、学生の方は検討されてみては
いかがでしょうか
URL:shinseikatsu.ne.jp/store/

参考サイト
【1】MEN-ZINE
URL:menzine.jp/lifestyle/hikkosihiyouosaerukaden7658/

冷蔵庫を運搬するために気をつけなければいけないポイント

引っ越すときに冷蔵庫はどうしたら良いか?

引っ越し作業でやらなければならない作業として、忘れてしまいがちなのが冷蔵庫の処理。ギリギリまで使っていたい家電なだけに、冷蔵庫を止めてしまうというのはイマイチ実感がわかないと思いますが、早めに処置しておかないと引っ越し当日に大変なことになってしまうだけではなく、冷蔵庫の故障の原因にもなってしまうので注意が必要です。

必ず中身を空っぽにする必要があります。

引越し業者は冷蔵庫に食品類の中身が残っておくと運んではくれません。
そのため、食材を買い足すことは控え、
なるべく冷蔵庫の中の物だけで食事を作るようにし、
使い切ることを考えましょう。
仮に、食材や調味料をもっていきたい場合は、
クーラーボックスに収まるだけの量を入れると良いでしょう。
しかし、遠距離の引越しをするのであれば、調味料のような常温で
保存できるものでなければ、中身が腐る可能性があるので注意が必要です。
もったいないと感じるかもしれませんが、いざとなれば捨てる覚悟を持っておきましょう。

早目に電源を切っておく必要があります。

 
冷蔵庫は、遅くとも引っ越しの前日には電源を切っておく必要があります、その理由として挙げられるのが“霜”です。冷凍庫には、多かれ少なかれ霜がついていますから、その霜が電源を切って段々と溶けていくことで水分が出てきます。水分が運搬中に漏れ出すと、引っ越しの他の荷物が濡れてしまいます。家電に水は故障の原因になりますし、家具が濡れては傷んでしまいます。引っ越しにおいて、水分は大敵。ですので前もって水分を取り除いておく必要があるのです。遅くても、前日の夜にはコンセントを抜いて電源を切っておきましょうね。

では、引っ越し完了後はどうしたら良いでしょうか

引っ越しの荷出しが終わり、そして引っ越し先への荷入れが終わったら、いち早く家具や家電を復旧させたいものです。早くいつも通りの生活ができるようにしたいと思いますが、冷蔵庫は少し休ませた方が良いでしょう。

引っ越しの輸送によって、冷蔵庫の内部にある冷媒が傾いていたりしている場合があります。外から見てもわからないので、ここは念のため傾いた冷媒を落ち着かせ元の定位置にもどるまでの間は電源を入れないようにしてあげましょう。冷蔵庫の大きさにもよりますが、時間にして荷入れして置いてから大体1~2時間は電源を付けずに休ませてあげると安心でしょう。

もしも早まって付けてしまうとどうなるのか…

早くものを入れて冷やしたいからと言って、冷蔵庫を休ませることなく引っ越しの荷入れ作業が終わってすぐに電源を入れてしまったとします。内部の冷媒が偏っていたとするならば、正しく冷却されずに電源を入れているのに冷蔵庫がいつまでたっても冷えない…といった困った事態に陥ってしまいますので、ここは急がず焦らずしっかりと待っている方が良いでしょう。

また、コンセントを入れたり抜いたりするのも良くありません。コンセントを入れ電源が入ったら冷蔵庫は冷媒の冷却を開始します。それが急に止められたり、また再開したりすると内部に負荷がかかり故障してしまう原因にもなってしまうので、むやみにコンセントの抜き差しをするのはやめておきましょうね。

参考サイト
【1】冷蔵庫の引越し
URL:www.xn--68jt81hi2iema978mzpk.com/

【2】冷蔵庫の引越し
URL:引越し段取り
URL:webshufu.com/drain-frige/

洗濯機を始めとする家電類の運搬で気をつけるべきポイント

引っ越しするときに気を付けたい家電の扱いについて

引っ越しで面倒な作業と言えば、衣服だけにとどまらず普段梱包したりする機会の無い大きな家具や家電の梱包もですよね。家電は、購入したときの値段も高額ですし、梱包をする前にやっておかなければならない作業や確認もあるので、一度確認してみてくださいね。

洗濯機は必ず水抜きをしておきましょう。

あまり知られていませんが、引っ越し慣れている人にとってみれば常識ともいえるのが“洗濯機”の水抜きです。引越しをするときには必ず、洗濯機の水抜きをしなければなりません。引越し契約をしたときなどに引っ越し業者から「引っ越し前日までに、洗濯機の水抜きしておいてくださいね。」なんて言われてしまい、慌てて「水抜きってなんだ?」と調べることのないよう今のうちに要領を掴んでおきましょう。

手順としては、まず水道のコックを閉めた状態で洗濯機のスタートボタンを押します。そうすると、洗濯機に付属しているホースの中の水が抜けていきます。そうしたら、給水ホースを外し、脱水のみを行ないましょう。脱水終了後に排水ホースを外せば、洗濯機の水抜き作業は完了です。

引っ越し作業の最中に、洗濯機から水が漏れだしたりしたら他の荷物が濡れてしまい大変悲惨なことになってしまいますので、前もってしっかりと行っておきましょう。

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段を、
大手引越し会社の一つでもある『クロネコヤマト』の料金を調べると、
洗濯機の大きさによってことなりますがが、高さ+幅+奥行が
250センチまでの場合、都内から都内の引越しで、6800円でした。

佐川急便での場合、
東京から大阪まで運んだ場合に
ただ輸送する場合では、52,06円でした。

『洗濯機』だけを大手の業者に任せると、
リーズナブルに運んでもらえそうですね。

ただし、その他の業者と比較するために、
引越し一括見積もりサイトを活用し総合的に
どの業者を選ぶことで安く運んでもらうことができるか
見極めるようにしたほうが賢明かと思います。

おすすめの引越し一括見積もりサイトは以下のサイトです。

引越し侍

最大10社の見積もりをじっくり比較することで、
安い業者が見つかるだけでなく、
引越し会社と直接値段の交渉も可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

引越し戦隊

引越し料金が実質0円にすることが可能な、
他の見積もりサイトにはないキャッシュバックメニューが
取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

引越しの際に必要な手続きやマナーなど
引越しのコツがわかる見積もりサイトです
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

目に見える部分の破損はありませんか?

引っ越し業者によっては、引っ越しの保険に入れる場合があります。引っ越し金額のナンパーセントか分を保険料として支払うことによって、引っ越し作業によって故障したとされる荷物の保障をしてもらえるというサービスです。

たとえば、機械の部品が折れたなどといった目に見える部分の保障はしてもらえるのですが、パソコン内部の故障といったものは保障の対応外となるケースがほとんどです。目に見えない部分だと、引っ越しの作業中に故障したものかどうかの見極めが非常に難しいからです。

従って、パソコンなどの精密電子機器類については、データのバックアップをとっておくことをオススメします。そうすれば、パソコンが壊れてしまうといった最悪の場合にも、データを失うことだけは免れることができます。

高額な家電のためにも、引っ越し時は保険を!

家具家電…引っ越しで大型のものや高額なものを長距離移動する際には、万が一のことを考えて保険にはいっておくべきでしょう。引っ越し業者の保険はもちろん、自分自身の生命保険の付属オプションで身の回りの品の物の破損等の保険に入っておくことも重要です。

参考サイト
【1】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/transport/kazai/

【2】佐川急便
URL:www.sagawa-exp.co.jp/service/kaden/

エアコンの取り付け・設置に必ず注意するべきポイント

気をつけておきたい“エアコン”事情とは?

引っ越しで必要になってくるのが、エアコンのお引越し。住んでいるときは気になりませんが、エアコンも私物であるのならもちろん荷物に含まれます。冷蔵庫や洗濯機といったものと同じように考えてはいけません。エアコンには、特別な料金が加算されるので、きちんと確認をしておく必要がありますよ。

特別な資格が要る作業。その金額は意外に負担に…

あまり知られていませんが、エアコンの設置や取り外しに関わる電気まわりの作業をするには電気工事士という資格が必要です。エアコン取り付け工事のみの場合に限り、電気工事などの資格は一切必要なくなりましたが、エアコンの設置・取り外し作業に付随してよく行われるコンセントの取り換えやブレーカーの入れ替え、コンセントが足りない場合のコンセント延長工事や電圧の切替工事などは電気工事士一種か二種の資格が必要になってくるのです。

素人がやってしまうと、エアコン内部に充填されているガスが抜けてしまい、暖房・冷房効率の悪化や最悪の場合故障にも繋がってしまいますから、信頼できる人にお願いするしかほかありません。無資格なのに勝手に行ってしまうと法令違反となりますし。漏電による火災など自分自身の身も危険に晒し、更にはたくさんの人に迷惑をかけることになってしまいますので、ここはケチらず適正にしっかり引っ越し業者にエアコンの取り外しと設置をお願いしたほう無難でしょう。

見積りの金額に含まれていない会社も…要確認です!

引っ越し業者によっては、見積時のエアコン関連の金額を入れていないことがありますので、見積りしてもらったと安心するのではなく、疑ってかかるくらいにしっかりと見積りの明細を見た方が良いでしょう。

最初に見積りした金額を安く見せて、実際には“引っ越し料金”以外の“手数料”として支払いを求めてくるという悪質なケースが多々報告されていますので、注意が必要です。

引越し会社エアコンを取り外し・設置を希望したときの金額

大手の引越し会社の場合

大手の引越し会社の一つでもある『アリさんマークの引越し社』のエアコンの取り外し・設置を希望した
際の工事費用を調べると、3つのプランがあることがわかりました。

1 基本工事・・・11,550円

基本工事は名前のとおり、エアコンの取り外しと設置を行うだけの作業です。

2 スーパーパック・・・21,000円

基本工事
基本工事だけで終わらずに、エアコンと室外機を結ぶパイプが足りない場合
に6メートルまで延長することが可能です

3 化粧カバーパック・・・25,000円 スーパーパックに加えてパイプにカバーをしてもらうことが可能です。

その他の地域密着型の引越し会社の場合

その他の地域密着型の引越し会社では、
エアコンの取り外しと取り付けの設置の料金を分けているところが多かったです。
エアコンの設置・・・4,000~10,000円
エアコンの取り付け・・・6,000~12,000円
エアコンの取り外し+設置・・・15,000~20,000

取り外し、設置のどちらかであれば地域密着型の引越し会社の方が安い傾向にありますが、
取り外しと設置の両方を頼む場合は大手の業者に頼んだ方がよさそうです。
大手と地域密着型の業者どちらを選んだ場合が得なのか、
エアコンのオプションの料金を見極めるために、一括見積もりサイトを活用することで、
大手や地域密着型の業者のオプション内容を比較し、依頼するようにすると良いでしょう。

ホースの長さ次第では追加料金もあり得ます。

エアコンの取り付けに欠かせないのがホース。ホースの長さは、今住んでいる物件と新しい引っ越し先とで配線の必要になる距離など様々な点が違ってくることが考えられます。そういった場合、今よりもコンセントを延長しなければならなかったりエアコンのホースを長いものに交換しなければならなくなったりといった問題が生じてきます。そういった場合は見積り金額に追加料金が加算されることがありますので、そちらも併せて確認しておきましょうね。

エアコンの取り付けや設置で失敗しないために気をつけるべきポイント

1 エアコンが可能か事前に調べておきましょう

エアコンが設置が可能かできないかを、もし新居先が賃貸の場合は大家さん、
もしくは不動産会社に確認をする必要があります。
また、仮にエアコンが設置できる許可をもらった場合でも、
長い年数利用していてエアコンが古い場合に、パイプが老朽化してしまったせいで
設置が不可能というケースがあります。
使えずに業者に依頼をしてしまっては、依頼料金が無駄になるだけでなく、
新しくエアコンを購入しなければならない可能性がでてくるのでこのようなことが
ないように、エアコンが可能か事前に調べておくようにしましょう。

2 エアコンのオプション料金について詳しく尋ねましょう

前述にも記載したように見積時のエアコン関連の金額を入れていないことがあります。
もし、エアコンのオプション費用が記載されているとしても、取り付け・取り外しのみの金額の
場合がほとんどです。
ですので、自身のエアコンのパイプの長さを引越し業者に伝える必要があります。
そして可能であれば、引越し先に伺うことでエアコンの設置する場所を把握し新居の
情報を引越し会社に伝えましょう。
パイプと引越し先の2つの情報を確認したうえで、エアコンのオプション料金について
詳しくだずねると、より具体的な値段が出てきます。

参考サイト
【1】引越し侍
URL:hikkoshizamurai.jp/price/option/aircon.html

【2】引越しやることリスト
URL:www.hikkosi7.com/company/post_38.html

引越しでエアコンを業者に取り付け、取り外しをしてもらうために気をつけておくこと

引越しの際にこれまで利用しているエアコンを新しい住居に運搬する場合は、
エアコンの取り付け、取り外しをするための工事をおこなわなければなりません。
今回は引越しを行う上でエアコンを業者に取り付け、取り外しをしてもらうために気をつけて頂きたいことを紹介していきます。

エアコンの取り付け、取り外しは引越し業者に頼みましょう。

エアコンを設置を行うのに室内機が平らでなく凸凹であったり、配管の接続が上手くできていない場にはガス漏れの原因になるなど自分で行うには実は危険が伴う作業です。
ですので、エアコンの取り付け、取り外しは引越し業者がオプションサービスとして設置してくれる業者がほとんどなので、引越しの際にエアコンの設置をする場合は引越し業者もしくは専門業者に頼むようにしましょう。

エアコンの取り付け、取り外しの相場は?

1 引越し業者に頼む場合

アリさんマークの引越し社の料金を調べると
アリさんマークの引越し社にはエアコンの取り付け、取り外しを行うのに3つの
プランがありました。

1 基本工事・・・11,550円

基本工事は名前のとおり、旧居で取り外して引越し先に取り付ける作業です。
取り付け時に、ガスの補充の確認など作業が増えた場合には追加費用が発生します。

2 スーパーパック・・・21,000円

『ガスの量の確認と補充』、『電圧切替』が基本工事に含まれるので、
料金が少し高めですが、想定外の追加料金を防ぐことができます。
また、エアコンと室外機を結ぶパイプが足りない場合6メートルまで延長することが
可能です。

3 化粧カバーパック・・・25,000円

室内と室外のパイプ部分に見栄えの良い化粧カバーを付ける作業が1,2に加わります。

続いて、サカイ引越センターの料金を調べると
基本工事:10000円
スーパーパック:19000円
スリムダクトパック:23000円
とプラン名は変わりますが、内容はアリさんマークの引越し社と変わりませんでした。

2つの大手の業者を比較しても、若干サカイ引越センターが安いですが、
基本工事は1万円以上はしますし、もしものことを考えた場合のプランでも約2万円の料金が
掛かることを頭に入れておいてください。

エアコンの取り付けや取り外しで必ず注意が必要な2か条

1 新しい新居にエアコンを設置するならパイプの長さに注意しましょう

どのパックを選ぶことが最も重要なことになるのですが、その際に気をつけなければ
ならないのが『エアコンと室外機を結ぶパイプの長さ』です。
このパイプの長さを注意しないと、もし新しい引越し先でエアコンと室外機を取り外した際に、
パイプの長さが足りずに1メートルにつき約3000が追加費用として請求されます。
このような追加費用が発生することを防ぐために、新しい新居の下見を行い、
エアコンと室外機の設置場所やパイプの長さの計算をされることをおすすめします。
自分の判断がわからないときは引越し会社に相談するか、少し高くなりますが、スーパーパック以上のプランを選ぶことがトラブルを防ぐ一番効果的な対策になるかと思います。

2 設置が可能かも事前に調べておきましょう

賃貸物件で新しくエアコンを取り付ける際は、新居にエアコンが設置が可能かを
新居の大家さんもしくは管理もとに確認するようにしてください。
取り付けができないかを確認する前に、業者に設置の依頼をしてしまったらお金の損になります。

参考サイト
【1】引越し見積もり2強対決
URL:hikkosi-taiketu.com/arisakai/aircon.html

【2】引越し侍
URL:hikkoshizamurai.jp/price/option/aircon.html

引越しでの洗濯機を運んでもらうために注意するポイント

大型家電の一つでもある洗濯機、
子供のいるご家庭では、毎日洗濯している場合が多いと思います。
しかし、そのような洗濯機を引越しする際には注意しなければ運べない可能性がでてきます。
今回は引越しでの洗濯機を運んでもらうために注意するポイントを紹介していきます。

洗濯機を運搬してもらう為には余分に料金が掛かるのか?

洗濯機は当然のことながら、取り外しと設置の両方が必要です。
取り外しと設置や運搬に引越し料金が上乗せされるか心配されると思いますが、
ほとんどの引越し会社では洗濯機の取り外しと設置の両方が引越し料金に含まれている
ことが殆どなので安心してください。
しかし引越し先に新たに配線やコンセントを通す必要があったり、新たに部品が必要な場合は
別途料金を引越し会社から請求される場合がありますので気をつけてください。

洗濯機を運んでもらう為に絶対やっておかなければならない作業

洗濯機には常に水が入っている状態です。
なので、このまま洗濯機に水が入っていると、洗濯機を運搬するときに他の荷物が
水浸しになってしまう可能性があります。
他の荷物が水浸しになると大変なことになるので、必ず業者さんに運んでもらう前に
中の水を抜くようにしましょう。

洗濯機の水抜きの手順

洗濯機には、全自動洗濯機とドラム式洗濯機の2種類がありますので
それぞれの水抜きの手順を紹介します。

全自動洗濯機の場合

  • 必要のないタオルと水を受ける為の洗面器を用意する
  • 水道の蛇口と洗濯機のふたを閉めてドライコースを選択してスタートボタンを押す
  • 給水ホースを外しスイッチを切って、給水ホースの水を空にする
  • 再びスイッチを入れて、手動設定で脱水を行う
  • 脱水が止まったら、排水ホースを外す
  • 水分が洗濯機の槽内に残っていないかを確かめてタオルで拭く

ドラム式洗濯機の場合

  • 必要のないタオルと水を受ける為の洗面器を用意する
  • 水道の蛇口と洗濯機のふたを閉めてドライコースを選択してスタートボタンを押す
  • 給水ホースを外しスイッチを切り、給水ホースの水を空にする
  • 糸くずフィルターの水を空にするに、もう一度脱水をおこなう
  • 脱水が終了すれば、洗濯機のふたを開けて、水分がドラム内に残っていないかを確かめてタオルで拭く
  • 洗面器を用意し、糸くずフィルターの水を抜く
  • 排水ホース内に残っている水を抜く
  • 水が全て抜き終わったことが確認できたら、コードはわかりやすくまとめて、洗濯機にテープで貼り付ける。

以上が洗濯機を引越し業者さんに運んでもらう際に気をつけなければいけないポイント
です。
洗濯機をスムーズに業者さんに運んでもらう為に、上記のことを守るようにしてください。

参考サイト
【1】洗濯機の引越し
URL:www.xn--68j302l0chsvc9xegx2d.net/

【2】アート引越しセンターだけの見積もりでは値引きしにくい理由
URL:arth100.net/entry20.html