家族

家族で引越しする予定がある方に伝えたい引越しがスムーズに行えるポイント

家族で引越しの予定がある方へ、今回は必要な段取りやスムーズに引越しが
行えるポイントについて紹介していきます。

家族での引越しをする準備がスムーズに進む3ステップ

家族で引っ越しをする際、何から手をつけていいのかわからない方がいると
思いますが、基本的におこなうことは以下の3ステップです。
ステップ1 引越しに掛かる料金の相場を知る
ステップ2 引越し業者を選定する
ステップ3 引越し準備に取り掛かる

順番に説明していきます

ステップ1 引越しに掛かる料金を知る

荷物の量や引越す時期によって、引越し料金が大きく変わってくるのですが、
下記の図ではオフシーズンと繁忙期(3~4月)の時期に分けて料金の相場を
表記しました。

移動距離 2人家族 4人家族
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 約46,000円 約60,000円 約62,000円 約80,000円
近距離(50km以内) 約52,700円 約68,500円 約72,800円 約94,600円
中距離(100km以内) 約69,000円 約89,700円 約78,000円 約100,000円
長距離(200km以内) 約80,800円 約105,000円 約96,000円 約125,000円
長距離(300km以内) 約113,000円 約147,000円 約162,800円 約211,700円

参考サイト 引越し侍URL:hikkoshizamurai.jp/type/family/#step4

ステップ2 引越し業者を抑える

だいたい1ヶ月前に引っ越し業者を選び、予約をするようにしましょう。

1円でも引越し料金を安く抑えたいという場合に引越し会社を選定するには、
引越し一括見積もりサイトから複数の業者に見積もりを頼むことで、
複数の業者から提示された料金をそれぞれ比較することをおすすめします。

おすすめ引越し一括見積もりサイト

引越し戦隊

3月上旬にリリース予定で、
業界初の最安値を保障してくれる見積もりサイトです。
他社の見積もりサイトとは違い引越し戦隊のスタッフがすべて対応するので、
複数の業者から電話が掛かってこないところも特徴的です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

フォームに現住所と引越し先の都道府県、引越しのタイプ、ユーザー情報と
荷物の詳細を入れるだけで最短1分で見積もり料金がわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

HOME’S 引越し 見積もり

『引越しのポイント」や引越し前の「引越しチェックリスト」、
引越し用語集など引越しに役立つ情報が満載です。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

ステップ3 引越し準備を始める

スケジュールの立て方として

1ヶ月前

  • 賃貸の場合は退去連絡
  • 新居先の情報の把握
  • 運ぶ荷物の把握
  • 引越し会社の手配
  • お子さんがいる場合は学校に連絡

2週間前

  • 公共料金の手続き
  • ゴミだし
  • 転居手続き

前日

  • 荷造り

が主な段取りになります。
引越し時に必要な各種手続きは以外に多いので、後回しにしておくと、
どの手続きが済んで、まだどの手続きをする必要かがわからなくなり、
逆に手間がかかる可能性があるので、面倒だと思わずに必要は手続きは
早めに済ませておくことをおすすめします。

スムーズに段取りを組むには家族全員の協力が必要不可欠です。
一人ではなく、役割を分担することでスムーズに引越しが出来ますので、
家族全員で引越しを成功させて欲しく思います。

参考サイト
【1】nanapi
URL:nanapi.jp/74701

家族で格安で引っ越しを頼むコツとは?

お引っ越しをされる方は、単身者に限らずご家族の方々もおられると思います。
今回はご家族が引っ越しをする際に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

<

h2>家族で引っ越しをおこなう場合の相場はどのくらい?
家族で引っ越しをするとなった時、いったいどのくらいの引っ越し料金がかかるの?と、
誰もが一番最初に抱く疑問かと思います。
まず、引っ越し費用を抑えるためには、どれくらいの料金が掛かるのか相場をしっておく必要が
あります。
いったいどのくらいの引っ越し料金が掛かるのか、家族別に表にまとめてみました。

人数 同一市内 同一県内 同一地方 長距離
2人家族 約7万円 約8万円 約9万5千円 約14万3千円
3人家族 約9万円 約11万円 約12万5千円 約16万円
4人家族 約10万円 約12万円 約13万5千円 約18万円

引っ越し料金RABより引用 URL:www.hikoshi-lab.com/200

引っ越し料金を安くする2つのポイント

上記の表から、2人家族の場合なら何とか10万円以内に納まりそうですが、
4人家族となると確実に10万円を超えることがわかります。
この料金を少しでも安くするために、おこなわなければならない2つのポイントを紹介します。

1 不必要なものは処分してしまいましょう。

引っ越し料金の値段は移動距離とトラックの大きさによって値段が決まります。
つまり、荷物を載せる量が多いと、トラックの大きさが大きくなり、料金が追加されていくのです。
普段使わないものでまだ使えるものならばサイクルショップにもって行くことで、現金に換わりますし、
まだ利用できるものを友人や知人にプレゼントをするときっと喜んでもらえるかと思います。
この引っ越しの機会に、本当に必要なものなのか、不必要なものなのかを見極めて断舎利を行ってみるのも良いかもしれません。

2 業者はひとつに絞らずに複数に依頼をしましょう

引っ越しをするのであれば、サービスが良く、値段が安い業者に頼みたいものです。
引っ越しが決まったときに引っ越し会社に見積もりを出すかと思うのですが、サービスが良く、値段が安い業者に依頼するには、一社にだけ絞るのではなく、複数の引っ越し会社に見積もりを取りましょう。
理想は最低3~5社から見積もりを取ることです。
3~5社だと、プラン内容や料金の相場がわかり、比較がしやすくなり、料金の交渉も業者が応じやすくなります。

交渉を行い引っ越し料金を安くしてもらうときの注意点

上記で運ぶものを減らすこと、複数の業者から見積もりをとることで、引っ越し料金を抑えることができることを紹介しましたが、注意してもらいたいことが一つあります。
それは、3~4月の繁忙期は、引っ越し希望者が多いため、引っ越し業者も忙しく
交渉に応じてくれることが大変厳しいということです。
どうしても引っ越し日が業者の忙しい繁忙期に引っ越さなければならないのであれば仕方のないことですが、
引っ越し日に余裕があるのであれば、忙しくない日をお選び頂くことを推奨します。

参考サイト
【1】引っ越し料金RAB
URL:www.hikoshi-lab.com/200
【2】引っ越し料金の相場
URL:www.geocities.co.jp/SweetHome-Skyblue/4496/souba.html