家具

単身の方が揃えておきたい家具・家電とすぐに揃えることが可能なお店の見つけ方

一人暮らしで揃えておきたい家具・家電の種類

一人暮らしで揃えておきたい家具・家電で何を揃えれば
わからない方のためにあれば便利な家具・家電を紹介していきます。

家具

1 ベット・寝具

快適な睡眠を行うために、寝床は確保された方が良いでしょう。

2 カーテン

カーテンには部屋の中の光りを漏らさないだけでなく、
プライベートな自分の空間を守るための
防犯の機能がありますので自分のプライベートの
盗み見されないように取り付けましょう。

3 テーブル

一人暮らしの部屋には、脚が折りたためてあままり場所を取らないタイプの
テーブルがおすすめです。

4 テレビ台

テレビの購入のお考えの場合は、
テレビを支える台になりますし、
レコーダー機器、ゲーム機、配線コードなど、収納することが
できますので収納力のあるテレビ台を活用することをおすすめします。

5 ゴミ箱

引越しの際に不必要なダンボールやその他のゴミが
沢山出来てきます。
それ以外にも新しい生活用品を購入すれば当然その分のゴミが
出ることになりますので、せっかくの新居をゴミ屋敷にしないためにも
ゴミ箱の購入を忘れないようにしましょう。

6 カーペット

足音などの騒音対策を行うのであれば、カーペットは最適です。
仮に必要ないと感じるのであれば座布団を置くだけでも過ごしやすく
なるかと思います。

家電類

1 電子レンジ

単身の方や学生の方が家で自炊するときは、
電子レンジは必須です。
多彩な機能は必要なくシンプルな物で大丈夫です。

2 炊飯器

電子レンジと同じく、お米を自分で炊くだけでも食費を抑えることができるので、
炊飯器も引越し時に用意しておくことをおすすめします。

3 冷暖房器具

冷暖房機具は、賃貸マンションなどの場合、新居に始めから設置されていることが
ほとんどなので、引越し前に確認しておきましょう。
また、購入する場合でも新居に取り付け設置可能か事前に確認したあとに
購入してください。

4 テレビ

一人暮らしではつい大きい物を選びがちですが、
大きすぎると部屋のスペースがなくなってしまうので、
部屋のスペースにあったテレビを購入するように
選ぶと良いと思います。

5 照明

照明器具についても、引越し先に始めから設置されている場合があるので
確認するようにしましょう。

6 冷蔵庫

自炊をするか、しないかによってサイズや機能が大きく変わるので、
自分のタイプにあった冷蔵庫を購入するようにしましょう。

7 洗濯機

賃貸の場合は、引越し先に洗濯機が設置されている場合があるので確認を
しておきましょう。
また仮に購入する場合でも、洗濯機を置けるスペースが引越し先にあるか
どうかの確認が必要です。

8 掃除機

部屋には必ずチリやホコリが出てきます。
モップで事足りると感じれば購入の必要がありませんが、
あれば便利な家電の一つです。

外に出ずとも短時間ですぐに家電や家具がすぐ揃うサービス

一人暮らしに揃えておきたい家具や家電を紹介してきましたが、
時間がない方のためにすぐにでも揃えられるサービスを紹介していきます。

1 ラクダ・パーソナル・レンタル&リース

引っ越しの初期費用を抑えたい方や、転勤が多く家財の処分にいつもお悩みの方に
最適なサービスです
URL:www.designarc.co.jp/rental/index.asp

2 Debut!

新生活応援セットが用意されており、
必要な家電・家具が揃えることができ、すぐに新生活をスタート
することが可能です。
URL:www.singlelife.co.jp/index.php

3 大学生協

現役大学生の意見を取り入れ、一人暮らしに必要なアイテムが
セットで発売されていますので、学生の方は検討されてみては
いかがでしょうか
URL:shinseikatsu.ne.jp/store/

参考サイト
【1】MEN-ZINE
URL:menzine.jp/lifestyle/hikkosihiyouosaerukaden7658/

引越し時にベットを運ぶときの注意点

ベッドは一口で言ってもサイズは色々で運ぶのにとても大変な作業です。
そのため、引越し業者に運搬を任せるのが安心なのですが、
注意しなければならない点があるので紹介していきます。

ベッドを引越し時に運ぶ際に注意しておきたい2つのポイント

1 エレベーターと階段の状況により追加料金が掛かる可能性がある

アパートやマンションの構造によりますが、
階段から入らなくて窓からベッドを入れなければならない時や、
3階建ての場合は階段幅がないのでそのような時は、
つり上げ作業が基本的に必要になります。
その場合、クレーンを活用するなど通常より作業員の労力が
発生するため、追加で料金が発生する可能性があります。

2 分解できないベットは自己責任になるので注意しましょう

ベッドは、作業員が分解しなければ運べないと判断されたときに、
ベッドのフレームが組み立て式の場合は必要に応じて分解してくれます。
しかし、IKEAの製品のように一度分解すると、二度目の組み立てが弱くなる製品や
解体のできないフレームの場合は業者は分解を行ってくれませんので
注意が必要です。
仮に分解をするのであれば、自己責任で分解をするようにしましょう。

処分をする方が安く済む可能性があります

ベッドの運搬は、現実的には引越し業者にお願いするしかなく、
引越し前に売却したり、捨てたりして処分するのが
運ぶよりも安上がりになる可能性があります。
しかし、売却しようにもベッドをお店まで運ぶのが大変です。
そのような場合は、サカイ引越センター(www.hikkoshi-sakai.co.jp/kaitori/
のように不要品買い取りサービスが行われている業者を選び、
ベッドの買取・処分も含めた見積もりを取ると良いです。
また、不要品買い取りサービスは大手にしかないサービスだと思われるかもしれませんが、
アップル引越しセンター(http://www.apple-hikkoshi.co.jp/info/m-r.html)
のように中小の引越し会社も不要品買い取り会社と提携していたり、独自で行っている
引越し業者があるので、引越し一括見積もりサイトでサービスの比較をしてみると
良いかと思います。

本当に捨てるのであれば自治体に処分をしてもらうとお得です

世田谷区www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/113/252/255/d00022581.html
を例に挙げると、
シングルベッドの収集料金はわずか1000円で済みます。
インターネットで「自分の地域名 粗大ゴミ」で自治体のHPにたどり着くことが
できると思いますので本当に捨てるのであれば自治体に処分をしてもらうことを
検討してみも良いでしょう。
しかし、自治体の場合、収集に日数が掛かる場合が多いので、引越し直前に
申し込むと手遅れになる可能性があるので早めに申し込むようにしてください。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/packing-bed/

【2】ひっこしまとめ.com
URL:xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-1628/

洗濯機を始めとする家電類の運搬で気をつけるべきポイント

引っ越しするときに気を付けたい家電の扱いについて

引っ越しで面倒な作業と言えば、衣服だけにとどまらず普段梱包したりする機会の無い大きな家具や家電の梱包もですよね。家電は、購入したときの値段も高額ですし、梱包をする前にやっておかなければならない作業や確認もあるので、一度確認してみてくださいね。

洗濯機は必ず水抜きをしておきましょう。

あまり知られていませんが、引っ越し慣れている人にとってみれば常識ともいえるのが“洗濯機”の水抜きです。引越しをするときには必ず、洗濯機の水抜きをしなければなりません。引越し契約をしたときなどに引っ越し業者から「引っ越し前日までに、洗濯機の水抜きしておいてくださいね。」なんて言われてしまい、慌てて「水抜きってなんだ?」と調べることのないよう今のうちに要領を掴んでおきましょう。

手順としては、まず水道のコックを閉めた状態で洗濯機のスタートボタンを押します。そうすると、洗濯機に付属しているホースの中の水が抜けていきます。そうしたら、給水ホースを外し、脱水のみを行ないましょう。脱水終了後に排水ホースを外せば、洗濯機の水抜き作業は完了です。

引っ越し作業の最中に、洗濯機から水が漏れだしたりしたら他の荷物が濡れてしまい大変悲惨なことになってしまいますので、前もってしっかりと行っておきましょう。

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段を、
大手引越し会社の一つでもある『クロネコヤマト』の料金を調べると、
洗濯機の大きさによってことなりますがが、高さ+幅+奥行が
250センチまでの場合、都内から都内の引越しで、6800円でした。

佐川急便での場合、
東京から大阪まで運んだ場合に
ただ輸送する場合では、52,06円でした。

『洗濯機』だけを大手の業者に任せると、
リーズナブルに運んでもらえそうですね。

ただし、その他の業者と比較するために、
引越し一括見積もりサイトを活用し総合的に
どの業者を選ぶことで安く運んでもらうことができるか
見極めるようにしたほうが賢明かと思います。

おすすめの引越し一括見積もりサイトは以下のサイトです。

引越し侍

最大10社の見積もりをじっくり比較することで、
安い業者が見つかるだけでなく、
引越し会社と直接値段の交渉も可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

引越し戦隊

引越し料金が実質0円にすることが可能な、
他の見積もりサイトにはないキャッシュバックメニューが
取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

引越しの際に必要な手続きやマナーなど
引越しのコツがわかる見積もりサイトです
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

目に見える部分の破損はありませんか?

引っ越し業者によっては、引っ越しの保険に入れる場合があります。引っ越し金額のナンパーセントか分を保険料として支払うことによって、引っ越し作業によって故障したとされる荷物の保障をしてもらえるというサービスです。

たとえば、機械の部品が折れたなどといった目に見える部分の保障はしてもらえるのですが、パソコン内部の故障といったものは保障の対応外となるケースがほとんどです。目に見えない部分だと、引っ越しの作業中に故障したものかどうかの見極めが非常に難しいからです。

従って、パソコンなどの精密電子機器類については、データのバックアップをとっておくことをオススメします。そうすれば、パソコンが壊れてしまうといった最悪の場合にも、データを失うことだけは免れることができます。

高額な家電のためにも、引っ越し時は保険を!

家具家電…引っ越しで大型のものや高額なものを長距離移動する際には、万が一のことを考えて保険にはいっておくべきでしょう。引っ越し業者の保険はもちろん、自分自身の生命保険の付属オプションで身の回りの品の物の破損等の保険に入っておくことも重要です。

参考サイト
【1】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/transport/kazai/

【2】佐川急便
URL:www.sagawa-exp.co.jp/service/kaden/