冷蔵庫

冷蔵庫を運搬するために気をつけなければいけないポイント

引っ越すときに冷蔵庫はどうしたら良いか?

引っ越し作業でやらなければならない作業として、忘れてしまいがちなのが冷蔵庫の処理。ギリギリまで使っていたい家電なだけに、冷蔵庫を止めてしまうというのはイマイチ実感がわかないと思いますが、早めに処置しておかないと引っ越し当日に大変なことになってしまうだけではなく、冷蔵庫の故障の原因にもなってしまうので注意が必要です。

必ず中身を空っぽにする必要があります。

引越し業者は冷蔵庫に食品類の中身が残っておくと運んではくれません。
そのため、食材を買い足すことは控え、
なるべく冷蔵庫の中の物だけで食事を作るようにし、
使い切ることを考えましょう。
仮に、食材や調味料をもっていきたい場合は、
クーラーボックスに収まるだけの量を入れると良いでしょう。
しかし、遠距離の引越しをするのであれば、調味料のような常温で
保存できるものでなければ、中身が腐る可能性があるので注意が必要です。
もったいないと感じるかもしれませんが、いざとなれば捨てる覚悟を持っておきましょう。

早目に電源を切っておく必要があります。

 
冷蔵庫は、遅くとも引っ越しの前日には電源を切っておく必要があります、その理由として挙げられるのが“霜”です。冷凍庫には、多かれ少なかれ霜がついていますから、その霜が電源を切って段々と溶けていくことで水分が出てきます。水分が運搬中に漏れ出すと、引っ越しの他の荷物が濡れてしまいます。家電に水は故障の原因になりますし、家具が濡れては傷んでしまいます。引っ越しにおいて、水分は大敵。ですので前もって水分を取り除いておく必要があるのです。遅くても、前日の夜にはコンセントを抜いて電源を切っておきましょうね。

では、引っ越し完了後はどうしたら良いでしょうか

引っ越しの荷出しが終わり、そして引っ越し先への荷入れが終わったら、いち早く家具や家電を復旧させたいものです。早くいつも通りの生活ができるようにしたいと思いますが、冷蔵庫は少し休ませた方が良いでしょう。

引っ越しの輸送によって、冷蔵庫の内部にある冷媒が傾いていたりしている場合があります。外から見てもわからないので、ここは念のため傾いた冷媒を落ち着かせ元の定位置にもどるまでの間は電源を入れないようにしてあげましょう。冷蔵庫の大きさにもよりますが、時間にして荷入れして置いてから大体1~2時間は電源を付けずに休ませてあげると安心でしょう。

もしも早まって付けてしまうとどうなるのか…

早くものを入れて冷やしたいからと言って、冷蔵庫を休ませることなく引っ越しの荷入れ作業が終わってすぐに電源を入れてしまったとします。内部の冷媒が偏っていたとするならば、正しく冷却されずに電源を入れているのに冷蔵庫がいつまでたっても冷えない…といった困った事態に陥ってしまいますので、ここは急がず焦らずしっかりと待っている方が良いでしょう。

また、コンセントを入れたり抜いたりするのも良くありません。コンセントを入れ電源が入ったら冷蔵庫は冷媒の冷却を開始します。それが急に止められたり、また再開したりすると内部に負荷がかかり故障してしまう原因にもなってしまうので、むやみにコンセントの抜き差しをするのはやめておきましょうね。

参考サイト
【1】冷蔵庫の引越し
URL:www.xn--68jt81hi2iema978mzpk.com/

【2】冷蔵庫の引越し
URL:引越し段取り
URL:webshufu.com/drain-frige/

冷蔵庫の運搬に必要な費用の相場は?

冷蔵庫の荷造りや運搬は引越しの際に非常に手間が掛かる作業です。
引越し業者に運ぶ方もいれば、自力で運んだり、運ばずに処分される方と様々な方がいるかと思います。
今回は冷蔵個の運搬についての値段の相場や冷蔵個の処分の方法についてご紹介していきます。

冷蔵庫を運搬してもらう3種類の方法

基本的に冷蔵個をはじめとする大型家具を新居に運ぶ方法は下記の3種類です。

1 引越し業者に依頼

一番オーソドックスな運び方だと思います。
クロネコヤマトの『らくらく家財宅急便』料金見積フォーム(form.008008.jp/mitumori/PKZI0100Action_doSearch.action#main)
で見積もってみると、サイズによって違ってはきますが一人用の冷蔵個だと同一県内の移動で
約6000円~12000円が相場です。

2 軽トラックをレンタルして自力で運ぶ

軽トラックをレンタルしてし自力で引越しをする場合、軽トラックのレンタル費用で5,000円〜10,000円程が相場のようです。しかし、自分で運ぶことになるので、手間が掛かりますし、トラックに載せるときに故障してしまう可能性があるので注意が必要です。

3 宅配便で送る

大型荷物専門便で新居へ送る場合、同じ都道府県内の移動でも10,000円〜15,000円程度掛かります。

それぞれ値段はあまり変わりがなく冷蔵個のみを運んでもらうのであれば、引越し業者に頼むのが一番安全で、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

<

h2>冷蔵個を運搬せずに処分したい場合は?
中には冷蔵個を運搬せずに、新しい冷蔵庫に買い替える人もらっしゃる方がいるかもしれません。
その場合は冷蔵個の処分をしなければなりません。
処分をするには以下の3つの方法があります。

1 家電販売店に依頼する

新しく冷蔵個などの家電を買い替える場合は、購入した小売店に、冷蔵庫の回収の依頼がかのうです。しかし小売店に古い冷蔵個の回収を頼んだ場合はリサイクル料金と収集運搬料金が発生するので、値段は新しい家電の購入の際に併せて確認するようにしてください。

2 ネットショップやリサイクルショップで買い取ってもらう

品質や型式によって買い取ってもらう値段は異なりますが、ネットショップやリサイクルショップに
家電を売りにだすことで、売買が成立することで現金を手にすることができます。
例えば、メリカリ(URL:mercari.jp/)というスマートフォン向けアプリでは売りたいものをカメラに
撮って約3分で出品できるのでお手軽です。

3 リサイクル料金を支払い、指定場所へ直接持っていく。

買いかえる為の家電量販店や売りにだすためのリサイクルショップや小売店が
遠方にある場合や、自分で処分した方が早い場合には、この方法が良いと思います。
郵便局でリサイクル料金を支払いリサイクル券を手に入れることで、
地域が指定する指定取引場所に直接運べば処分してくれます。
自力で運べない場合は運搬費用が発生しますが、地域の指定業者に
依頼することで運んでくれます。

それぞれの処分費用がどれくらいなのかしっかり確認をし、
直前になって処分しようとすると時間や手間の負担が大きくなるので、
早めに手配を進めるようにしていきましょう。

参考サイト
【1】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/qa/12.html

【2】HOME’S
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/prepare/furniture/refrigerator/

【3】冷蔵個のみの引越し・輸送料金相場
URL:xn--68jt81hi2iema978mzpk.jp/souba.html

冷蔵庫は引っ越しのときにどうやって運べば良い?

家具や家電の中でも冷蔵庫の荷造りや運搬は非常に手間が掛かります。
今回はそんな冷蔵庫をどのようにして運ぶのかを紹介していきます。

お引越し2日~前日までに冷蔵庫の中身を空にして電源を切っておきましょう。

引っ越し業者は冷蔵庫に食料などの中身が詰まれたまま運んではくれません。
また、運搬時に冷蔵庫内の霜が溶けて、ほかの荷物を水浸しにしてしまうのを防ぐために
必ず電源を切るようにしましょう。

冷蔵庫の中身の処分方法

生ものは夏場の場合だと短時間でいたんでしまうので、なるべく食べ切るようにするか、
もったいないと思うかもしれませんが無理をせずに捨てることをおすすめします。
また、常温で保存できるような調味料の場合でも、液漏れをする可能性もあるので、
やはりなるべく食料は食べ気ってしまい、調味料は使い気ってしまうのが一番ベストです。
しかし、どうしても近場で持っていきたい物があればクーラーボックスや発泡スチロールに入れて
新居に運ぶという方法があるので状況に応じて運ぶようにしてください。

自力で運ぶ場合の注意点

引越し業者に依頼する場合はプロに任せてしまえば問題ありませんが、
軽トラックなどをレンタルして自力で引越しを行う場合の注意点を記載していきます。

1横置きは厳禁

冷蔵庫には冷却システムが備わっており、このシステムは大変デリケートな造りになっており、
確実に壊れるわけではありませんが、冷蔵庫を横に傾けることで想定外の方向から重力を掛けることで冷蔵庫の故障の原因になります。
どうしても横に寝かせて運ぶしか方法がないのであれば、引越し先に冷蔵庫を設置し、30分~1時間経ってからコンセントを差し込むと良いでしょう。

2冷蔵庫のドアや中のトレイを布テープで固定しておきましょう

移動中にもしかすると冷蔵庫のドアが開くかもしれません。
そのようなことがないようにするために、念のためにドアや中のトレイを布テープで固定しておくように
しましょう。

安い費用で安全に業者に運んでもらうことを希望するなら

安い費用で安全に業者に運んでもらうことを希望されるのでしたら、
やはり複数の業者に見積もりを取ることでしょう。
見積もりサイトを紹介します。

1 引越し戦隊

引越し費用を実質0円にできるようなキャッシュバックメニューが揃っています。
URL:hissen.jp/

2 引越し侍

よくCMで流れているのでもしかすると見掛けた事があるかもしれません。
全国202社の引越し業者と提携されているので、業者のそれぞれ得意な点や不得意な点がまるわかりとなり、
料金の比較だけでなくサービスもしっかり比較することが可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

3 ズバット引越し比較

見積もりができるだけでなく、最新の住まいのトレンドや引越し料金の節約術まで役立つ引越し情報が満載の見積もりサイトとなっています。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

参考サイト
【1】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/qa/12.html

【2】引越し段取り
URL:webshufu.com/drain-frige/