保険

引越し業者が荷物を破損した!その時どんな対応してくれる?

引越し破損

引越をする時の注意点としては、引越し業者による荷物の破損の問題です。やはりプロとは言っても一番気になるところなのではないでしょうか。一般的には業者さんはプロですから、決して荷物の破損などをするわけが無いと思いたいのですが、やはりそこは人ですから万が一の事があるかもしれません。今回はそんな時の業者さんの対応や補償についてをお話していきましょう。

続きを読む

万が一引越し会社が荷物を破損させたときに加入している保険とは?

引越し会社は引越しのプロフェッショナルとして無事故であることを最優先に
お仕事をされています。
しかし、いくら引越しのプロフェッショナルと言えども万が一に荷物の破損などトラブルが
生じる可能性は否めません。
そのような場合に引越し会社が加入している保険について紹介していきます。

『運送業者貨物賠償責任保険』について

『運送業者貨物賠償責任保険』は年間を通じて、運送業者が運送作業中に起きた
荷物の紛失や破損が生じた場合に引越し業者が加入している保険を言います。
引越し業者が加入するものなので、依頼をする側は保険に加入する必要が
ありません。
しかし、中には『運送業者貨物賠償責任保険』に加入しておらず、
万が一のときに荷物を破損させても保障をしない悪徳な引越し会社が
あるので、依頼する際には『運送業者貨物賠償責任保険』に加入されているか
調べるようにした方が良いでしょう。

保険が適用されない場合もあるので注意です

『運送業者貨物賠償責任保険』が適用される内容は、

  • 積み込み中もしくは荷物を降ろしたときに荷物が壊れたもしくは紛失した
  • 荷物を輸送中に壊れたもしくは紛失した
  • 梱包中に荷物が壊れたもしくが紛失した

場合です。
また、これらの3つは全て偶然に起きた事故を想定されたものであり、
仮に引越し会社に過失があった場合は、
『標準引越運送約款』の規定により引越し会社が損害を賠償しなければなりません。
しかし、『標準引越運送約款』には物を引き渡した日から三ヶ月以内に
通知をしなければ効果がなくなると記載されているので気を付けてください。
引越し業者がこの約款を提示しているか『運送業者貨物賠償責任保険』同様に
記載されているかチェックしておきましょう。

逆に保険が適用されない場合は、

  1. お客さん側の責任による荷物の破損や紛失
  2. 引越しの依頼前に既に荷物が破損していた場合
  3. 地震・噴火・津波など、自然災害による事故

と、お客さんに責任がある場合や天災による事故です。
また、美術品、骨董品・書画、宝石、宝飾品、貴金属など極めて高額な品は
保険では賄いきれない可能性があるため保障外の荷物になります。

引越し会社との万が一のトラブルを未然に防ぐために

引越し会社はプロで無事故であることを最優先にお仕事をされています。
しかし、万が一破損や紛失が起きないとは言い切れません。
引越し業者とお客さんの両方がお互いが気持ちよく引越しをできるように、
荷物の内容は正しく伝えるようにし、何かあればすぐにその場で引越し業者に
伝えるようにしましょう。

参考サイト
【1】引越しまとめ.com
URL:xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-1765/
【2】引越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/trouble/nimotuhason.html

洗濯機を始めとする家電類の運搬で気をつけるべきポイント

引っ越しするときに気を付けたい家電の扱いについて

引っ越しで面倒な作業と言えば、衣服だけにとどまらず普段梱包したりする機会の無い大きな家具や家電の梱包もですよね。家電は、購入したときの値段も高額ですし、梱包をする前にやっておかなければならない作業や確認もあるので、一度確認してみてくださいね。

洗濯機は必ず水抜きをしておきましょう。

あまり知られていませんが、引っ越し慣れている人にとってみれば常識ともいえるのが“洗濯機”の水抜きです。引越しをするときには必ず、洗濯機の水抜きをしなければなりません。引越し契約をしたときなどに引っ越し業者から「引っ越し前日までに、洗濯機の水抜きしておいてくださいね。」なんて言われてしまい、慌てて「水抜きってなんだ?」と調べることのないよう今のうちに要領を掴んでおきましょう。

手順としては、まず水道のコックを閉めた状態で洗濯機のスタートボタンを押します。そうすると、洗濯機に付属しているホースの中の水が抜けていきます。そうしたら、給水ホースを外し、脱水のみを行ないましょう。脱水終了後に排水ホースを外せば、洗濯機の水抜き作業は完了です。

引っ越し作業の最中に、洗濯機から水が漏れだしたりしたら他の荷物が濡れてしまい大変悲惨なことになってしまいますので、前もってしっかりと行っておきましょう。

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段

洗濯機のみを引越し業者に運んでもらった時の値段を、
大手引越し会社の一つでもある『クロネコヤマト』の料金を調べると、
洗濯機の大きさによってことなりますがが、高さ+幅+奥行が
250センチまでの場合、都内から都内の引越しで、6800円でした。

佐川急便での場合、
東京から大阪まで運んだ場合に
ただ輸送する場合では、52,06円でした。

『洗濯機』だけを大手の業者に任せると、
リーズナブルに運んでもらえそうですね。

ただし、その他の業者と比較するために、
引越し一括見積もりサイトを活用し総合的に
どの業者を選ぶことで安く運んでもらうことができるか
見極めるようにしたほうが賢明かと思います。

おすすめの引越し一括見積もりサイトは以下のサイトです。

引越し侍

最大10社の見積もりをじっくり比較することで、
安い業者が見つかるだけでなく、
引越し会社と直接値段の交渉も可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

引越し戦隊

引越し料金が実質0円にすることが可能な、
他の見積もりサイトにはないキャッシュバックメニューが
取り揃えられています。
URL:hissen.jp/

ズバット引越し比較

引越しの際に必要な手続きやマナーなど
引越しのコツがわかる見積もりサイトです
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

目に見える部分の破損はありませんか?

引っ越し業者によっては、引っ越しの保険に入れる場合があります。引っ越し金額のナンパーセントか分を保険料として支払うことによって、引っ越し作業によって故障したとされる荷物の保障をしてもらえるというサービスです。

たとえば、機械の部品が折れたなどといった目に見える部分の保障はしてもらえるのですが、パソコン内部の故障といったものは保障の対応外となるケースがほとんどです。目に見えない部分だと、引っ越しの作業中に故障したものかどうかの見極めが非常に難しいからです。

従って、パソコンなどの精密電子機器類については、データのバックアップをとっておくことをオススメします。そうすれば、パソコンが壊れてしまうといった最悪の場合にも、データを失うことだけは免れることができます。

高額な家電のためにも、引っ越し時は保険を!

家具家電…引っ越しで大型のものや高額なものを長距離移動する際には、万が一のことを考えて保険にはいっておくべきでしょう。引っ越し業者の保険はもちろん、自分自身の生命保険の付属オプションで身の回りの品の物の破損等の保険に入っておくことも重要です。

参考サイト
【1】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/transport/kazai/

【2】佐川急便
URL:www.sagawa-exp.co.jp/service/kaden/