ポイント

荷解きして整理整頓し始めるのに役立つポイントは?

荷ほどき引越し

引越しが終わり、新しい家についてもまだまだ仕事はいっぱいあります。それは・・・荷物の荷解きと整理です!一通り終わらせないと、なかなか気持ちも落ち着きませんよね。でも手当たり次第、荷物を開けても部屋中に散乱してしまい、余計に労力を使って疲れてしまうことも。一体どのように効率よく荷物を片付けていけるでしょうか?

続きを読む

衣服を荷造りするときに心がけたい3つのポイント

引っ越しの準備で憂鬱なことと聞いて思い浮かべるものは、どなたでも“荷造り”だと思います。日頃から整理整頓している人でも、自分の荷物をダンボールに詰めていくのは大変な労力です。散らかっている部屋を片付けながら、綺麗に物を荷造りしなければならないのですから、出来るだけ要領よく、効率的に行いたいものです。そんな荷造りのなかで今回は衣服についての荷造りのポイントを3つご紹介していきます。

続きを読む

引越し荷造りのポイントについて

仕分ける

引越しの荷造りは、新居での荷解きの事を考えながら行う事が大切です。段ボールの隙間を埋めるように、手当たり次第に詰めていくと、荷解きの時に各部屋に移動しながら片付けなければいけないので、苦労します。使う部屋ごとに仕分けて段ボールに詰めると、その部屋で荷解きが行なえるので良いでしょう。
また、寝室の荷物を詰めた段ボールは、新居でも寝室に運んでもらう方が助かります。そのため、新居に付いた時に、どの部屋に運んでもらうのかを、全ての段ボールに明記しておくと、便利です。しかし、「寝室」という字を、大量の段ボールに書くのは疲れてしまいます。そういう時には記号を使うと、楽に記入する事ができます。部屋の間取り図を用意し、各部屋にA,B,Cなどの記号を書き込みます。例えば、寝室がCの部屋なら、段ボールにCと書けばよいので、作業がとても楽になります。引越し当日には、新居の入り口に間取り図の紙を貼っておくと、作業員の人も運びやすくなります。

荷物の仕分け方のポイント

荷物のまとめ方について重要なことは、の二つあります。
それは、「まとめる順番」と「箱詰めの注意点」です。
そして、まとめた物をラベルを貼るなどわかりやすくすることも大切です。
まとめる順番を適切に行うことで作業効率が進みます。

まとめる順番

ステップ1 段ボールをどこに置くか場所を決める

荷物の置き場を決めておくことで、日常生活に支障をきたすことなく梱包作業を進めることができます。

ステップ2 ダンボールに入れる物をリストアップする

まず趣味性の高い物や本といった使わないものをリストアップし、
梱包することで、作業が早くなります。

ステップ3 梱包資材を確認する

梱包資材はダンボール以外に、包装するための資材があります。
割れ物など用途別に何が必要か確認しましょう。

ステップ4 とりあえず段ボールに物を入れる

どのぐらいの量が入り、重さになるのか一度確認するために、
蓋を閉めずに段ボールに放り込んで調べてみましょう。

ステップ5 梱包資材は隙間無く詰める

梱包資材も詰めて、持ち運べるかを確認します。
本を詰めすぎた場合重すぎて運べない可能性があるので、その場合は軽くしていきましょう。

ステップ6 箱を閉じて中身が何なのか記入する

ダンボールに物を入れたらその場で中身と、持っていく先の部屋などを記載することで中身が後になって忘れずに澄みます。

上記の仕分け以外に箱詰めの注意点をまとめました。

1 重い物は下、軽い物は上にする

重い物を上にし、軽い物を下にすると重さに耐え切れずに破損の原因になります。

2 無理なく大人が一人で荷物を持てる重さにする

本などの重たいものを大きな箱にたくさん詰め込むと、いざ持ち上げようとしたときに 2 人 がかりでないと運ぶことができなかったり、腰を痛めるなどの身体に支障が起きる原因にもなります。
重たいものは小さな箱に、衣類や小物といった軽いものは大きな箱に詰めることで一人で運びやすくなります。

新居ですぐに使うものは別箱に入れる

引越し先で すぐに必要になるものは専用の箱を一つ用意して、
そこにまとめて入れるようにすることで、
新居で夜遅くに引越しが終了しても、
その箱だけを開ければいいので、一から全てダンボールを明けて
整理していかなければならないということはなくなります。

参考サイト

URL :【1】引越しヤドカリ hikkoshi-yadokari.com/2012/02/nidukurikotsu.php
URL :【2】引越し虎の巻 www.leadingdesign.org/junbi.html
URL :【3】引越しの梱包術 hikkoshi-konnpou.biz/shizai/shiwakehouhou.html

減らす

引越しは大掃除のチャンスとも言われています。荷物をそのまま新居に運ぶのではなく、不要なものを減らす良いきっかけになるので、考えてみましょう。
まずは、靴や衣類です。欲しい時にはどんどん買いますが、捨てるのには愛着もあるので抵抗があり、使わないけれど置いてあるというものが多い人もいるでしょう。下駄箱や洋服入れは、スペースが限られています。押し込めるように入れていると、お気に入りのものまで傷める原因となるので、見切りをつけてこの際、思い切って処分しましょう。
その他にも、キッチン用品、食器、本、子供のオモチャなど、家の中にはたくさんの使っていないものがあるはずです。引越しは、普段整理しない引出も、全て片付ける事が出来るチャンスです。よい機会を逃さないように、決断することをお勧めします。

モノを捨てるコツ

1 リサイクルショップに売る

もう読まなくなった本や聞かなくなったCD、
遊ばなくなったゲームなどが、『不用品』に挙げられると思います。
出張買取を行ってくれる大手チェーン店もありますし、
さほど苦労もせず、大量に処分することが可能です。
中には価値がなく、使えなかったり売れない物があるかもしれませんが、
そういった不良品でも無料で引き取ってくれることがありますので、
処分するよりかなりお得だと思います。

2 リサイクルショップで売れなかったものは友人に譲る

リサイクルショップにも引き取ってもらえなかった家電や家具。
を捨てるのには大変面倒なことだと思います。
そんな場合は友人に家具や家電を必要としてる人がいないか
声をかけてみると良いでしょう。

3 最終的に残ったものの処理

最終的に残った不用品の処理に関しては以下の方法があります。

  • 引越し業者に依頼する
  • 民間の粗大ゴミを回収してくれる業者に依頼する
  • 各自治体に頼む

粗大ゴミ・不用品を処分するにもやはり無料ではできませんので、
自分で処分できるものはできるだけ処分し、
各業者のコストを把握し、値段を抑えて頂きたいと思います。
また、民間業者も複数あり、悪徳業者も存在するので、
以下の情報の記載を把握することで
優良企業に依頼できる可能性が上がります。

優良企業の基準

  1. ホームページがあり、会社のサービス内容や所在地など情報をしっかりと公開している。
  2. 産業廃棄物収集運搬業の認可を受けている。
  3. 古物商の資格がある。

参考サイト

URL:【1】 引越しのミカタ www.hikkoshinomikata.com/nizukuri/nijyuu.html
URL:【2】 引越し手続きマニュアル www.j-home.ne.jp/suteru.html
URL:【3】 引越し費用節約調査隊 www.zhgfn.com/tetuzuki/sodai_gomi.html

詰める

引越しが近づいたら、荷造りを始めていきます。決まったサイズの段ボールに物を詰めるという作業は、思ったよりも難しく時間がかかります。箱いっぱいに荷物を入れないと、段ボールを重ねた時に上からの重みでへこみ、中のものを傷める原因となります。しかし、空いている隙間に何か入れようと、他の部屋の物を詰めてしまうと、荷解きの時にあちこちの部屋を移動することになり、苦労します。
また、重い本を大きな段ボールに大量に入れてしまうと、段ボールを持ち上げられなかったり、底が抜けてしまったりするので避けましょう。
このように、色々考えながらの作業となるので、引越し当日に全ての荷造りをするのでは、間に合いません。1週間前くらいから、普段使わない物を少しずつ荷造りしていくと、焦ることもなくなるのでお勧めです。

荷造りを行う際にやってはいけないこと

  1. 紙袋やビニール袋に入れる
  2. ふとんの間にガラスを挟む
  3. 荷物を自分が持てない重さにする
  4. ダンボールを運ぶときに中からガチャガチャと音がする
  5. ダンボールの底が抜けるような組み立て方をしない
  6. 本に紐掛けをする

荷づくりとは、ダンボール箱の中に荷物をまとめて、
積み重ねが出来る状態にする事を言うので、
上記のことは絶対にしないようにお願いします。

参考サイト

URL:【1】 ハート引越しセンター www.hikkoshi8100.com/content/guide/packing.html
URL:【2】 アルファ引越センター www.1121.co.jp/info/info03.html
URL:【3】 shroomfestival  www.shroomfestival.com/hikkoshi-nizukuri.html

参考動画

URL:【1】インク結びで、新聞や雑誌を束ねる結び方
www.youtube.com/watch?v=qqWEl15_tbc

URL:【2】新聞紙や雑誌、ダンボール ヒモの縛り方
www.youtube.com/watch?v=BHHLlRPnXrE

引越し荷ほどきのポイントについて

新居に引っ越したら、大きな家財から整理しよう

引越し業者は、こちらの意見を聞きながら、家具や家電を置いてくれます。しかし、前もって考えていた位置に配置しても、実際に置いてみると、入り具合や使い勝手が思っていた感じと違うという事もあります。引越しをした後は、部屋の中は段ボールだらけなので、少しでも早く片付けたいという気持ちが募りますが、まずは、大きな家具や家電を、実際の位置に置きなおす事から始めましょう。
例えば、本棚に本を入れてしまってから、やっぱり別の場所に移動しようと思っても、重くて動かす事が難しくなります。このような事が無いように、家具の配置はしっかりと考えてから、中身を入れましょう。
また、大きな家具が収まると、作業スペースを作りやすくなります。段ボールの中身を荷解きするのにも、広いスペースが出来た方がはかどるので、お勧めの方法です。

引越し後の片づけは、動線の確保を考えながら行おう

引越し後は、足の踏み場がないくらい段ボールなどの物が、散乱としている状態だと思います。手当たり次第に段ボールを開けて行っても、取り出すスペースが確保できずに、まずます、床に物が散らかりやすくなります。そうなると部屋の移動もままならないので、作業効率が下がりますし、重たい段ボールを移動するのにも危険が生じます。
そこで、部屋を移動できるように、動線を確保する事がとても大切です。玄関から入って、奥の部屋まで歩ける通路を早く作れるように、玄関から順番に荷解きをしていくと良いでしょう。玄関が整うと、そこに、使用済みの段ボールを集める事も出来るので、より作業効率があがります。玄関の次は、キッチンやリビングという間取りも多いです。キッチンが片付くと段ボールの数が激減しやすいので、頑張って乗り越えましょう。

まとめると以下の2ステップです

  1. 荷解きは大きな家財から行う
  2. 玄関に近いものから順番に荷解く

引越し後も開けない段ボールについて

引越し後に、段ボールを開けて中のものを取り出していきますが、段ボールに収めたままの状態で置いておくものも、あるでしょう。多いパターンに、洋服があります。最近は、ハンガーにかけてあるものは、引越し業者がハンガーボックスを用意してくれる場合もあります。しかし、季節外の服は、そのまま段ボールに入れっぱなしにしておく事もあります。その場合には、防虫剤を入れるのを忘れないようにしましょう。また、あらかじめ、そのつもりでシワになりにくいように荷造りしたり、段ボールに入っている服を明記しておいたりすると便利です。
また、アルバムや子どもの作品などの思い出グッズは、新居で開放せずに、そのまま段ボールに入れて保存しておく人も多いです。その場合、子供別に段ボールを分けたり、年代別に分けたりするなど、保存しやすい形で荷造りをしておく事をお勧めします。

季節外の服をそのままダンボールにいれっぱなしにするために、シワにならない服のたたみ方を紹介します。

主に、シワにならない服のたたみ方は2種類あります。

1つめ

ステップ1 衣類(たとえばTシャツ)の左右を折りたたむ
ステップ2 下からくるくると巻いていく
たったこれだけで、シワになりにくく、ひとつひとつの面積が
小さくなるのでちょっとした隙間を埋めるのにも使うことができます。

2つめ

ステップ1 あらかじめ、服以外のものをダンボールの中にいれておく
ステップ2 そこにパンツや服をひろげたままにダンボールにいれて重ねていく
ステップ3 全部の服を重ね終わったあとにはみ出している部分をたたむことで完成。

参考サイト

URL :【1】絵でわかるはじめての海外旅行 ta-bi.net/posts/packing/
URL :【2】ライフハッカー www.lifehacker.jp/2009/07/post_1042.html
URL :【3】DIONS www.dinos.co.jp/hotdinos/antenna/style/110510/