冷蔵庫を運搬するために気をつけなければいけないポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引っ越すときに冷蔵庫はどうしたら良いか?

引っ越し作業でやらなければならない作業として、忘れてしまいがちなのが冷蔵庫の処理。ギリギリまで使っていたい家電なだけに、冷蔵庫を止めてしまうというのはイマイチ実感がわかないと思いますが、早めに処置しておかないと引っ越し当日に大変なことになってしまうだけではなく、冷蔵庫の故障の原因にもなってしまうので注意が必要です。

必ず中身を空っぽにする必要があります。

引越し業者は冷蔵庫に食品類の中身が残っておくと運んではくれません。
そのため、食材を買い足すことは控え、
なるべく冷蔵庫の中の物だけで食事を作るようにし、
使い切ることを考えましょう。
仮に、食材や調味料をもっていきたい場合は、
クーラーボックスに収まるだけの量を入れると良いでしょう。
しかし、遠距離の引越しをするのであれば、調味料のような常温で
保存できるものでなければ、中身が腐る可能性があるので注意が必要です。
もったいないと感じるかもしれませんが、いざとなれば捨てる覚悟を持っておきましょう。

早目に電源を切っておく必要があります。

 
冷蔵庫は、遅くとも引っ越しの前日には電源を切っておく必要があります、その理由として挙げられるのが“霜”です。冷凍庫には、多かれ少なかれ霜がついていますから、その霜が電源を切って段々と溶けていくことで水分が出てきます。水分が運搬中に漏れ出すと、引っ越しの他の荷物が濡れてしまいます。家電に水は故障の原因になりますし、家具が濡れては傷んでしまいます。引っ越しにおいて、水分は大敵。ですので前もって水分を取り除いておく必要があるのです。遅くても、前日の夜にはコンセントを抜いて電源を切っておきましょうね。

では、引っ越し完了後はどうしたら良いでしょうか

引っ越しの荷出しが終わり、そして引っ越し先への荷入れが終わったら、いち早く家具や家電を復旧させたいものです。早くいつも通りの生活ができるようにしたいと思いますが、冷蔵庫は少し休ませた方が良いでしょう。

引っ越しの輸送によって、冷蔵庫の内部にある冷媒が傾いていたりしている場合があります。外から見てもわからないので、ここは念のため傾いた冷媒を落ち着かせ元の定位置にもどるまでの間は電源を入れないようにしてあげましょう。冷蔵庫の大きさにもよりますが、時間にして荷入れして置いてから大体1~2時間は電源を付けずに休ませてあげると安心でしょう。

もしも早まって付けてしまうとどうなるのか…

早くものを入れて冷やしたいからと言って、冷蔵庫を休ませることなく引っ越しの荷入れ作業が終わってすぐに電源を入れてしまったとします。内部の冷媒が偏っていたとするならば、正しく冷却されずに電源を入れているのに冷蔵庫がいつまでたっても冷えない…といった困った事態に陥ってしまいますので、ここは急がず焦らずしっかりと待っている方が良いでしょう。

また、コンセントを入れたり抜いたりするのも良くありません。コンセントを入れ電源が入ったら冷蔵庫は冷媒の冷却を開始します。それが急に止められたり、また再開したりすると内部に負荷がかかり故障してしまう原因にもなってしまうので、むやみにコンセントの抜き差しをするのはやめておきましょうね。

参考サイト
【1】冷蔵庫の引越し
URL:www.xn--68jt81hi2iema978mzpk.com/

【2】冷蔵庫の引越し
URL:引越し段取り
URL:webshufu.com/drain-frige/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。