冷蔵庫の運搬に必要な費用の相場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冷蔵庫の荷造りや運搬は引越しの際に非常に手間が掛かる作業です。
引越し業者に運ぶ方もいれば、自力で運んだり、運ばずに処分される方と様々な方がいるかと思います。
今回は冷蔵個の運搬についての値段の相場や冷蔵個の処分の方法についてご紹介していきます。

冷蔵庫を運搬してもらう3種類の方法

基本的に冷蔵個をはじめとする大型家具を新居に運ぶ方法は下記の3種類です。

1 引越し業者に依頼

一番オーソドックスな運び方だと思います。
クロネコヤマトの『らくらく家財宅急便』料金見積フォーム(form.008008.jp/mitumori/PKZI0100Action_doSearch.action#main)
で見積もってみると、サイズによって違ってはきますが一人用の冷蔵個だと同一県内の移動で
約6000円~12000円が相場です。

2 軽トラックをレンタルして自力で運ぶ

軽トラックをレンタルしてし自力で引越しをする場合、軽トラックのレンタル費用で5,000円〜10,000円程が相場のようです。しかし、自分で運ぶことになるので、手間が掛かりますし、トラックに載せるときに故障してしまう可能性があるので注意が必要です。

3 宅配便で送る

大型荷物専門便で新居へ送る場合、同じ都道府県内の移動でも10,000円〜15,000円程度掛かります。

それぞれ値段はあまり変わりがなく冷蔵個のみを運んでもらうのであれば、引越し業者に頼むのが一番安全で、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

<

h2>冷蔵個を運搬せずに処分したい場合は?
中には冷蔵個を運搬せずに、新しい冷蔵庫に買い替える人もらっしゃる方がいるかもしれません。
その場合は冷蔵個の処分をしなければなりません。
処分をするには以下の3つの方法があります。

1 家電販売店に依頼する

新しく冷蔵個などの家電を買い替える場合は、購入した小売店に、冷蔵庫の回収の依頼がかのうです。しかし小売店に古い冷蔵個の回収を頼んだ場合はリサイクル料金と収集運搬料金が発生するので、値段は新しい家電の購入の際に併せて確認するようにしてください。

2 ネットショップやリサイクルショップで買い取ってもらう

品質や型式によって買い取ってもらう値段は異なりますが、ネットショップやリサイクルショップに
家電を売りにだすことで、売買が成立することで現金を手にすることができます。
例えば、メリカリ(URL:mercari.jp/)というスマートフォン向けアプリでは売りたいものをカメラに
撮って約3分で出品できるのでお手軽です。

3 リサイクル料金を支払い、指定場所へ直接持っていく。

買いかえる為の家電量販店や売りにだすためのリサイクルショップや小売店が
遠方にある場合や、自分で処分した方が早い場合には、この方法が良いと思います。
郵便局でリサイクル料金を支払いリサイクル券を手に入れることで、
地域が指定する指定取引場所に直接運べば処分してくれます。
自力で運べない場合は運搬費用が発生しますが、地域の指定業者に
依頼することで運んでくれます。

それぞれの処分費用がどれくらいなのかしっかり確認をし、
直前になって処分しようとすると時間や手間の負担が大きくなるので、
早めに手配を進めるようにしていきましょう。

参考サイト
【1】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/qa/12.html

【2】HOME’S
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/prepare/furniture/refrigerator/

【3】冷蔵個のみの引越し・輸送料金相場
URL:xn--68jt81hi2iema978mzpk.jp/souba.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。