引越しを行う際に単身の方が見積もりをお願いする前に気をつけなければいけないポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越し会社に見積もりを依頼する際に1円でも安くリーズナブルなお値段を
提示してもらうには、見積もりをお願いする前に気をつけなければいけない
ポイントがいくつかあります。

引越し先の新居はみつかっていますか?

引越し先の状況で引越し料金は変動してきます。
例えば、引越し先がタワーマンションの場合に荷物を搬出する場合に
細かい条件が付き、作業員を増やさなければならない可能性があります。
また、道路の道幅がとても狭く大きいトラックでは通ることができない為、
軽トラックを用意するとなった場合軽トラックを用意するための料金が掛かります。

このように引越し先の状況で引越し料金は変動していくので、
しっかりと新居がみつからないうちに、『これだけの荷物を運ぶのにどれくらい掛かりますか?』
とアバウトな質問をされても、引越し会社は困ってしまいます。
引越し先の新居の情報をはっきりさせた上で見積もり依頼をするようにしてください。

運ぶ荷物は決まっていますか?

引越しのときには不要品がどうしても出てくることは否めません。
しかし、どの荷物が不要品かを把握しないままに、
あれもこれもと、引越し会社に運んでもらう荷物を指定すると、
トラックの大きさもサイズがアップし、引越し料金が高騰してしまいます。
ですので引越し会社に依頼する前に、引越し先に運ぶ荷物をいま一度
確かめて、必要な物と不必要なものを分けるようにしましょう。

j引越し日と時間を確定させていますか?

引越しの時間を確定させる場合でも、午前と午後の料金を比べると
午前に引越しを行う料金は午後の引越しより料金が高いです。
また、3月~4月はもっとも引越しを希望される方が多い時期に入るため
引越し会社も依頼料金の値上げを始めます。
計画性なく引越しの日程や時間を曖昧にすると、本当は払わなくても良い額を
払ってしまう可能性が出てくるので注意が必要です。
また引越し会社に見積もりを頼むときにも、たとえば『3月の中旬あたりで』などと
曖昧な言葉で依頼すると業者もトラックの手配ができませんので、
はっきり日程だけは伝えるようにしてください。

依頼する内容をはっきりさせていますか?

基本的に荷造り・荷解きは自身で行い、荷物の搬出・搬送を行うのですが、
中には荷造り・荷解きも引越し会社が行ってくれるプランもあります。
もちろん、引越し作業のほとんどを担ってくれるので自身で行う引越し作業が
楽になるのですが、その分お値段も張ってきます。
どこまで自分でやって、どこまでを引越し業者に頼むかで引越し料金が
変わってきますので、作業の分担をはっきさせておきましょう。

引越し先の住所、運ぶ荷物、引越し日時、引越し会社に依頼する内容を
確定することで、引越し会社の見積もり依頼がスムーズにいきます。
また、引越し料金も結果的に抑えることが可能になるので必ず上記のことを
確定させて引越し会社に依頼してくださいね。
依頼する際には引っ越し一括見積もりサイトから依頼すると、
手軽に見積もりを依頼できますので、おすすめのサービスを
最後に紹介します。

引越し戦隊

3月上旬にスタートする予定の引越し一括見積もりサイトで、
引越し料金の最安値を保証してくれます。
URL:hissen.jp/

引越し侍

最短1分で引越し料金の相場がわかり、
操作もお手軽です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

その場で引越し料金の相場がわかるだけでなく、
引越しに役立つ情報が満載の引越し一括見積もりサイト
です。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。