Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php:270) in /home/yottayocto/everybodymoving.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
みんなの引越し

引越し後に必要な手続きは?

引っ越し後には、印鑑登録や転入届の提出など沢山やることがあります。
必要なことを下記でリストにしてまとめましたので、
漏れがないように手続きを行ってくださいね。

役所での手続き

1 転入届と住民票をもらう

住民票の移動の手続きは、法律(住民基本台帳法第22条)で、引越し日(転入をした日)から14日以内に行わなければならないと決まっています。
必ず引越し後14日以内に、前住所の役所で入手した「転出証明書」と身分証明書、印鑑を持参の上、「転入届」を役所に提出するようにしましょう。

2 印鑑登録

印鑑登録をする場合は、登録の手続きが必要です。
免許証や保険証などの本人であることを証明できるものと実印がなければ本人が直接申請できないので注意してください。

運転免許証の住所変更など車に関係する手続き

1 運転免許証

運転免許証は住所変更しなくても、運転することに支障はありません。
しかし、免許証は本人を確認するために活用できますし、住所変更を行わないことで
更新のハガキが届かずに、免許を失効してしまう可能性が出てきますし、
住所変更を行うのであれば早めにしておくことをおすすめします。

2 車庫証明申請

車を引っ越ししたら、新しい住所の車庫証明が必要になります。
申請には、車庫の配置図などの必要な申請書類などがあるので、あらかじめ準備してから出かけるようにしてください。

その他の必要な手続き

1 水道・ガス・電気を通す

それぞれ、電話や使用開始申込ハガキに必要事項を記入の書いて郵送しましょう。

2 ダンボールなどの梱包資材を業者に返却

新居に荷物をしまい終えたら、段ボールなどの梱包資材を業者さんに回収してもらいに来てください。
また、新しい引っ越し先で荷解きをした場合に、不必要なものが出てきたときは処分可能か業者に依頼すると費用は掛かってきますが処分してくれることがあります。

3 引っ越しのお知らせを送る

引っ越しが落ち着いて、来客しても可能な状態になったら
友人・知人に引っ越しのお知らせをしましょう。

参考サイト
【1】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/manual/ato/01.html

【2】HOOMS
URL:www.homes.co.jp/edit/hikkoshi/nagare03/

【3】住民票ガイド
URL:xn--pqqy41ezej.com/?p=497

引越し前に必要な手続きや準備は?

引っ越し前には必要な手続きや準備が沢山あります。
この記事では1週間前に必要な手続きや前日までに必要な準備について
紹介していきます。

引っ越し日の1週間前はこの手続きを忘れないでください

1 市役所に転出届けを提出

まだ引っ越す前の現住所の市区役所に転出届を渡すことで、転出証明書が発行されます。
この転出証明書がないと、新居での転入手続が不可能になるので、忘れないようにしましょう。

2 ガス、電気、水道のそれぞれの会社に連絡

3上記以外に必要な届出を忘れないように提出
市役所やガス、電気、水道のそれぞれの会社以外にも引っ越しをすることの連絡が必要なところが沢山あります。
たとえば、銀行、保険、カード会社、新聞販売会社などです。
電話1本で簡単に終わらせられるものもあれば、書類提出が必要なものもあるので、時間があるときにチェックを怠らないようにすることと、面倒臭がらずに届出を出しましょう。

引っ越し前日にしておきたい準備

先ほどは1週間前までに終わらせておきたい手続きについて記載しましたが、
前日にしておきたい準備について紹介していきます。

1 洗濯機、冷蔵庫の水を抜いておきましょう

洗濯機は内部に水がたまっており、引っ越し当日までに水を抜いておかないと水が漏れて
他の荷物が濡れないように注意が必要です。
冷蔵庫は中に食べものが入っていると、言うまでもありませんが運ぶことができません。
引っ越しまでに空にしておくことが必要です。
また、冷蔵庫は最近のものは霧が付着しないようになっていますが、すこし旧型の冷蔵庫の場合には霧が溶けて水が出てくる可能性があるので注意するようにしてください。

2 大家さんや近隣の住人に挨拶をする場合の品を用意しておきましょう。

もし、大家さんや隣の方々に挨拶をされるのでしたら、持参する品は前日までに用意することで、スムーズに渡すことが可能です。

3 当日必要なお金を準備しておきましょう

引っ越し費用の支払いは引っ越し作業が全て終わったあとに業者に現金で手渡すのが一般とされています。
引越し料金の支払いや当日の食事の手配などに備えて、現金は余裕を持ってを用意しておくこと安心できます。

4 トラックに積み切らない貴重品や最後まで必要な日用品は厳重に管理しましょう

トラックには積み切らない貴重品や、着替えやコンタクトレンズといった最後まで必要な日用品などは最後まで使うものですし、同時に引っ越し後もすぐに必要なものです。
それぞれ管理できるように、箱を用意しておくと便利です。

5 当日の引っ越しの最終チェック

最後に当日の引っ越しの当日の段取りをチェックしておきましょう。
ダンボールの開封に必要なカッターや、引っ越し先で出るゴミをすてるための袋など
充分な数を用意できているか?や、作業分担についても最後に確認することで、
当日の引っ越しをスムーズにすすめられるようにしていきましょう。

参考サイト
【1】引っ越し料金の裏テク
URL:www.hikkoshitechnic.com/nimotuseiri/reizouko.html

【2】HOOMS
URL:www.homes.co.jp/edit/hikkoshi/nagare04/

引越し費用がお得な業者を選ぶには?

引っ越し業者に引っ越し依頼をする場合、
引っ越し業者の選定を行うときに会社の良し悪しが決まります。
引っ越し費用がお得な業者を選ぶときに必要なポイントを紹介していきます。

引っ越し業者を選ぶときの注意点

1 国から認可が下りていない悪得業者には気をつけましょう

引っ越し会社を選ぶときは、信頼できる業者なのかを事前に把握しておきましょう。
でなければ、金銭トラブルや、荷物を運んでいる途中に大事な荷物が破損してしまったのにかかわらず何の保障もなかったというトラブルに巻き込まれてしまうことがありえます。
そうならないように悪徳業者か優良業者かをチェックするために、
ちゃんと国から認可を下りているか確かめましょう。
『引越し業務』には国土交通省に届け出・登録して認可を受けなければならない
義務があります。
荷物の搬入・搬出や梱包の手伝い程度であれば認可が下りていない業者にも頼めますが
乗用車・トラックの運転までは依頼することはできませんので注意するようにしましょう。

2 大雑把な見積もりを出してくる引っ越し業者は避けましょう

引越し業者に訪問見積もりを依頼すると、業者は大抵見積書を渡してくれます。
その際には、合計金額の見積もりだけではなく、何にどのくらい費用が掛かっているかがわかる詳細な内訳がわかる見積書になっているかをチェックしましょう。
わからなければ、あとで法外な追加料金を取られてしまうといったトラブルに繋がります。
大雑把な見積書を手渡す引越し業者は、避けたほうが良いでしょう。

3 引っ越し業者は必ず契約を決める為に即決を迫ってくるので気をつけましょう

簡易見積もりを一括見積もりサイトから複数の業者に依頼すると、
次は実際に家に来る訪問見積もりが待っています。
その際、家に下見に来た引っ越し業者は高い確立で「今、契約して頂けましたら、安くしますし、このサービスもお付けしますよ」と即決を迫ってきます。
このときに業者から伝えられる金額は、業者側からするとまだまだ余裕がある金額の場合が多いので、「他の業者さんと比較してから決めます」といったん断りを入れましょう。

大手業者とマイナー業者との違い

引っ越し業者には、全国展開している大手の業者もあれば、地域密着型のそれほど大きくない業者があります。それぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

1 大手業者のメリット、デメリット

CMで流れているサカイ引越センター、アート引越センターといったような全国的に知名度がある大手引越し業者は、ネットワークの強力さが大きな売りとしています。
日本各地に支社や営業所があるので、例えば北海道→九州のような遠距離輸送も
対応しいるため、安心感があります
万が一、引越し途中で破損など予期せぬトラブルが起きたとしても、
補償やアフターサービスの面でもサービスが充実しています。
デメリットは、「単身向けパック」「家族向けプラン」のような色々なプラン・サービスがあり
お客さんの顧客獲得のために割引やサービスが用意されていますが、自社製品の特殊な梱包材などオプション料金が色々多くなりがちで見積もり次第で費用が上増しされてしまう点でしょうか。

2 地域密着型のそれほど大きくない業者のメリット、デメリット

大手業者と比べてあまり大きくない引越し業者は、
地域密着型で、近郊地への輸送を主として扱っている場合がほとんどです。
大手のように全国ネットワークを持っていない業者の場合が多いので、
遠隔地への輸送は間に他の業者や運送会社に依頼する輸送になってしまうため
料金が割高になってしまうことが大きなデメリットです。
ですので、遠い地域へ引っ越す場合は大手を使った方が安くなる確立が高いです。
しかし、地域によっては、引越業者が密集しているため価格競争が活発で、
大手業者より基本料金が安いところも珍しくありません。
引越しプランに関しても、ある程度柔軟に対応してくれる可能性が高いので、
引っ越し費用のシステムが一律で決まっている大手には無い魅力があります。

とにもかくにも見積もり比較をするようにしましょう

大手引っ越し業者、地域密着型の業者それぞれメリット、デメリットがあり、
最終的にどちらが良いかは、見積もりを取ってみるまで判断ができません。
そんな時に便利なのが、インターネットの一括見積もりサイトの活用です。
どちらにしようか迷った場合は、見積もりを取ってみてから判断するのがベストなので
ぜひ活用しましょう。

参考サイト
【1】引っ越し業者の採点集
URL:www.hikkoshigyousyascore.com/erabu/sokketsu.html

【2】引っ越しなっとく.com
URL:na109.com/

【3】ECナビ
URL:hikaku.asahi.com/hikkoshi/select.html

引越し費用を安くするために引っ越し一括見積もりサイトに失敗しない為には?

単身で安く引っ越しをする上で一番重要なことは引越し業者の選定です。
業者の選定に複数の業者から相見積もりを行うのが鉄則となってきます。
今回は相見積もりを行うための引っ越し一括見積もりサイトの活用時に気をつけるべき
ポイントを紹介していきます。

引っ越し一括見積もりサイトのメリット・デメリット

メリット

1 料金が無料

引っ越し一括見積もりサイトのサービスは引っ越し業者から手数料や広告料を
とっているため、利用料金は無料なので安心してサイトを利用することができます。

2 数多くの業者に見積もり依頼をすることができる

相見積もりを行うので、その比較対象はなるべく多いほうがいいのはお分かりだと思います。
自分で引っ越し会社を探すとなると、TVやラジオでCMが流れている大手の引っ越し会社しか思い当たらない場合でも、一括見積もりサイトを活用することで優良な地域密着型の町の引っ越し会社さんまで幅広く見積もりを頼むことができます。

3 はじめから安めの引っ越し料金を業者から出してもらえる

引っ越し一括見積もりサイトを活用すると、だいたい10社以上見積もりを依頼することが
可能になるます。、
引っ越し会社の心理から考えると9社以上は競合となり当然相見積もりになります。
他社と比べられる前提の見積もり提示となるわけですから、初めから安い価格での料金提示となる可能性が高いのです。

デメリット

引っ越し一括見積もりサイトを使うことで一度に複数の業者に依頼をすることになるので、その分業者から見積もり報告や連絡の電話が掛かってくるようになります。
業者も契約を獲得することに必死なのでそのあたりは理解をすることが必要かもしれませんが、あまりにもしつこく掛かってきた場合には、電話にでて他の引っ越し業者に決まってしまったと一言伝えれば大丈夫だと思います。

引っ越し一括見積もりサイトの選び方

引っ越し一括見積もりサイトのメリット、デメリットを紹介してきましたが、
単身引っ越しの費用を安い値段にするために、
引越し一括見積サイトの失敗しない選び方を紹介していきます

1 運営会社がしっかりわかる会社のサイトを活用しましょう

中には、運営元や連絡先の記載がない引っ越し一括見積もりサイトが存在します。
運営元がわからないと、引っ越し一括サイトが機能しているかもわからないので
はっきりと運営元や連絡先がわかるサイトを利用すると安心です

2 参加している引っ越し会社が多いサイトを活用しましょう

複数の会社に見積もりを出すわけですから、当然参加している業者が少ないより多いサイトがいいです。
しかし、多さばかり目にとられがちですが、引っ越し会社の質のチェックも忘れないようにしましょう。

3 個人情報の取り扱いは大丈夫なのか確認しましょう

引っ越し一括見積もりサイトを活用すると、必ず入力しなければならないのが
名前や住所といった個人情報です。
個人情報の外部への流出や不正アクセス等に関しどのような対策を行っているのか、
プライバシー保護のための利用規約を記載しているのなどしっかりチェックするように
しましょう。

この3つを守ることで単身引っ越しの費用を安い値段にするための、
業者を引っ越し一括見積もりサイトから選定することが可能になります。
よい、引っ越しライフをおくってくださいね。

引越し料金を下げるために荷物を減らしましょう

引っ越し料金はどのようにして決まるのか?

引越し料金は「標準引越運賃」という国土交通省から定められた料金をモデルにしているため、大まかにふたつのポイントで価格が変動します。

  1. 引っ越しの際に乗せる荷物の量
  2. 引っ越しの移動距離

です。
引っ越しの際に運ぶ荷物を沢山トラックに積めば積むほど使用するトラックは大きくなり、
遠い場所に引っ越すほど引っ越し費用は跳ね上がっていくのです。

引っ越し費用を安くするためには何に気をつければいいの?

引っ越しをする際にはもう引っ越し先が決まっているはずなので、近場に引っ越すことは
現実的ではありません。
となれば、引越し料金を安く抑えるためにはできる限りトラックに運ぶ荷物の量を減らすことがベストと言えます。

引っ越しを機会に不用品を断舎利しましょう

引っ越し会社は荷物の量をダンボールの箱の数で判断します。
しかし、ダンボールの数を減らすためにダンボールに多くの物を詰め込みすぎてはダンボール底が抜けてしまう可能性があるので詰め込みすぎるのはよくありません。
また、詰め込みすぎると重くて運べないという問題も生じてきます。
これらの問題を解消するために、一度本当に必要な物なのか、不必要な物なのかを考え、
不必要なものはこの引っ越しを機会に処分するのも良いのかもしれません。

効率の良い断舎利の3つのコツ

なかなか捨てることができない方のために、断舎利がうまくいくコツをまとめました。

1 もったいなくて捨てられないのなら、いっそ誰かにあげてしまおう

リサイクルショップに処分したいものを持っていくことで多少のお金はもらうことができますが、誰かにあげたほうが感謝されて良かったりします。

2 着ない衣類は捨ててしまおう

あなたのクローゼットの中に1年以上着ていない服はありませんか?
買った頃は良いと思っていても1年以上着ていないのであれば次に着る機会は
ほほ無いに等しいと思います。
この機会に1年以上着ていない服を処分してみてはいかがでしょうか。

3 小さい物の処分は早くするようにしましょう

大きい物はすぐ目に留まり捨てようとするのですが、物が小さければまだ大丈夫という
心理が働き、ちりも積もれば山となるという状態になってしまいます。
小さいものはとっておくもの、捨てるものをこまめに分けることで早めに処分するようにしましょう。

参考サイト
【1】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/ryoukin/nimotunoryou.html

【2】引っ越しまとめ.com
URL:xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-1643/

【3】引越しを機会に捨てるべきモノとは?荷物を減らす方法
URL:xn--68jv31jfteoxbi61i.biz/hikkosi_zyunbi/hikkosi_nimotu.html

安い料金で引越しできるシーズンはいつ頃?

どうせ自分の好きな街に引っ越しをしたいと思うのであれば、
一番引っ越し費用が安く条件が良いときに引っ越しをしたいものです。
この記事では引っ越し費用が安くすむ条件が良いタイミングや時間帯を紹介していきます。

この日はなるべく避けたい繁忙期

引越には繁忙期と呼ばれる時期があります。
特に3月、4月の時期は転勤、就職、進学など新しい生活を希望される方が
最も多いため引越しの以来件数も増えるので、普段より倍の料金が発生します。
業者側にとっても、魚の入れ食い状態のようにお客さんの依頼が舞い込んできますので、
値段交渉も応じにくくなります。
急な転勤の辞令を受けてしまった場合などは仕方のないことかもしれませんが、3月、4月以外の単身引越しの値段が安いシーズンを検討してみることをおすすめします。

時間帯にも気をつけることで引っ越し料金がやすくなります

引っ越しをする時間によって引越料金は安くなる条件があります。
それはフリー便を活用することです。
フリー便を間単に説明すると、日にちだけ決めて作業開始時間は引越し当日までわからないサービスです。
完全に業者の都合に合わせたサービスのため、午前や午後とこちらから指定するよりも、
場合によっては通常時の半額誓い料金になることもありますので、時間に余裕をもたせられるのであれば、フリー便を活用して値段を安くしていきましょう。

引っ越しのおすすめの曜日は?

曜日に関しては、平日に引っ越しをするのが、土日に引っ越しをするよりも安く引っ越しをすることが可能です。
特に金曜日と月曜日は週末に続く曜日になりますので、比較的平日の中では他の平日の曜日と比べて引っ越しの値段が上がることが考えられるので、火曜~木曜で選ぶのがおすすめです。
また、引っ越しを行うにあたり、できれば大安や吉日といった縁起の良い日を選びがちになりますが、引っ越し業者の中には仏滅の日に引っ越し料金を安く設定している業者があるので、
そのようなことが気にならないのであれば、仏滅の日に引っ越しをしも問題はないかと思います。

単身引越しの簡単節約術

たとえ単身者の引越しで小さな引越しだとしても、料金はできるだけ抑えたいものです。
料金をできるだけ抑えられるような節約術を紹介していきます。

単身者向けにぴったりなサービスを活用していきましょう

引越し会社によっては、単身者の方が引越しをしやすくするために
学生なら学割パック、女性ならレディースパックというように、
お得な料金設定のプランを用意していることが多いです。
そのようなサービスがあるのか紹介していきます。

1 単身パック

通称“単身パック”と呼ばれているサービスで、
名前のとおり、荷物の量が少ない単身者向けのサービスです。
どれぐらいの荷物量をいくらぐらいの料金で運んでくれるのか一目瞭然なので、
料金が大変リーズナブルに済ませることができます。

2 家具運搬サービス

衣類や小さく自分で運べるものは自分で運ぶけれど、
家電類や家具といった大きい荷物を単品で業者に運んでもらいたいときに
ぴったりなサービスです。

3 学割サービス

映画館やアミューズメントパークが提供する学割のように、
学生の引越しのために特別料金を設定しているサービスです。

4 フリー便

引越し業者の都合に合わせ、業者が引越し日時を指定される代わりに料金が半額程度に設定されているサービスです。運ぶ荷物が少なく、引越し日程に融通が利く方におすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することで値段交渉の材料にしましょう

複数の引越業者に見積もりを依頼することで、値段の比較をすることができるようになります。
料金を比較して値段交渉をすれば、安い費用で単身引越しをする確立は高くなるので、
ぜひとも複数の業者に見積もりを出すようにしましょう。

たとえ単身者の小さな引越しだとしても料金交渉していきましょう

上記で、複数の引越業者に見積もりを依頼することで、値段の比較をすることができるようになることはお伝えしました。
単身者の小さな引越しだとしても、臆することなく業者さんに交渉していけば、
値段交渉に応じてくれますのでがんばってください。

参考サイト
【1】ALLABOUT
URL:allabout.co.jp/gm/gc/399496/

【2】引越しトラの巻
URL:www.leadingdesign.org/

単身パックをなるべく安く済ませるには?

引越しをする際に誰もが一番気になるのは引越し費用ではないでしょうか?
やはり一人暮らしといえども引越し費用は安くありません。
そのために、一人暮らしに掛かる引越し費用の相場はどのくらいなのか、
どうすれば引越し費用を1円でも安くすることが可能になるのかを
紹介していきます。

単身パックの相場を知りましょう

引っ越し単身パックの料金の相場は約3万円から6万と言われていますが、
単身パックというサービス名と料金を明確に公開している業者にはクロネコヤマトと日本通運があるのですが、基本料金を公開していない業者があるところも多いので、比較しにくいのが現状です。
ですので、相場を把握し料金を比較するために、複数の業者から見積もりを依頼する必要があります。

引越し一括見積サイトから依頼をし引越しを効率的にすすめましょう。

複数の引越し業者に見積もりをする為には一括見積もりサイトを活用することで、
時間が掛からずに、効率的よく見積もり依頼が可能になります。
いくつかおススメの一括見積もりサイトを紹介していきます。

1 引越し侍

このサービスの特徴的なところは、、引越し業者の口コミや引越し業者のランキングを知ることができる以外にも、引越しの効率的な段取りの仕方、引越しの際に出る不必要な物の処分の仕方など引越しに起こりうるシチュエーションや手続きがわかりやすく記載されているところです。
最大10社に見積もりを取ることができることで、
一番値段が安い業者が手間隙かからずに見つけることができます。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

この引越し一括見積もりサイトは見積もり引越しの4か月前から頼めるので、
引越しの際に必要な各種手続きなど幅をもたせてスケジュールを立てることができます。
業者も大手~中小まで幅広く変わらない条件で見積もりを依頼できるので、
料金の相場を把握することができ、業者の選定がしやすいです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 引越し戦隊

今春リリース予定の新しい引越し一括見積もりサイトです。
URL:hissen.jp/

交渉には強気でいきましょう。

引越し一括見積もりサイトを活用することで、
あなたは見積もり料金の比較ができたことで、
交渉をすすめやすくなりました。

そこで、NGな行動は弱腰で交渉を行わないことです。
交渉ごとに馴れていなくて冷静さを失い、「今ならこの値段にします」と即決を求められて、
ノーといえずに同意していまうケースがあります。
他の業者との値引き交渉をするチャンスを失わないためにも強気で交渉していきましょう。

参考サイト
【1】SUUMO引越し
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/manual/knowhow/03.html

【2】ALLABOUT
URL:allabout.co.jp/gm/gc/401477/

【3】【知らなきゃ損する!】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
URL:www.npo-emba.org/

引越しの際に値段交渉を成功させるには?

一般的なご家庭の場合、引越しといえば清水の舞台から飛び降りるくらいに
大きな一大イベントと言えると思います。
これまでに住んできたお家にも愛着があるかと思いますし、
その家を出て新しい環境へと移り住むのですから、
時間的にも体力的にも負担が生じることもあるかと思います。
そんな引っ越しという一大イベントを成功させるために
今回は引越し費用を劇的に値切るためのポイントを紹介していきます。

一括見積もりサイトを活用することで値段を比較しましょう

複数の業者から見積もりを取ることで、
「先に見積もりをだしてもらったA社さんは、
大体○○○円くらいでやってくれると言ってましたよ」と交渉が可能になります。
このように低料金の提示を業者から引き出すことが可能になりますので、
一括見積もりサイトを活用し、複数の業者から見積もりを取りましょう。

できるだけ引越しの繁忙期を避けましょう

引っ越し時期によっては難しい場合もありますが、
可能ならば3月や12月などの繁忙期は避けるようにしましょう。
3月や12月は引っ越しシーズンでどうしても繁忙期なので、
苦労せずとも業者に引越しの依頼が次々と舞い込まる時期になります。
そうすると交渉は厳しくなりますので、可能でしたら前倒しの引越しが
出来ないかを検討してみてください。

フリー便を利用しましょう

これも可能ならばになるのですが、フリー便を利用できるか検討してみてください。
フリー便とは、業者の都合に合わせた引越しのサービスを言います。
業者からの時間指定により、引っ越しの引越し当日のスケジュールが組みにくくなるというデメリットがありますが、数千円~数万円程度値段が安くなる場合があります。
もし、当日の引っ越し日に時間に余裕があるのでしたら、フリー便を選ぶと値引き交渉はしやすくなるのでおススメです。

参考サイト
【1】引っ越しトラの巻き
URL:www.leadingdesign.org/negiri.html
【2】ズバット引っ越し比較
URL:www.zba.jp/hikkoshi/cont/hikkoshi-discount/
【3】引っ越しポーターラビット
URL:porter-rabbit.com/guide/guide04/

引越し業者に違いはあるのか?

引越し安くするぞ!

いざ、引っ越し業者を選ぼうと思ったとき、あなたは何を重要視して選んでいるでしょうか。金額、サービス内容、接客態度…色々その会社ごとの特色があるかと思います。一体、具体的にそういったことが会社によって違うのかを知っておき、今後引っ越し業者を選択するときの参考にしてみてくださいね!

金額の違いが大きく表れるのは、輸送方法

なぜ、同じ距離で同じ荷物にも関わらず、会社によって金額に大きく差が現れるのか…そんな疑問を抱いた経験がありませんか?その金額に大きく差が出る理由の一つとして、輸送方法が挙げられます。まず、会社の強みに差があって、“トラック”で輸送するのか“コンテナ”で輸送するのかで大きく内容が変わってきます。

トラック輸送が主な会社のメリットとデメリット

トラックを使用して輸送している業者の強みとしては、家から荷出ししてトラックに積み込み、そのトラックで目的地までドライバーがしっかりとついて送り届けてくれるという安心感です。担当ドライバーが責任を持って目的地まで運転してくれるので、その道中の道の状況によって段差などは減速し、曲がる際には細心の注意を払ってくれる運転のプロが、積んでいる荷物に最大限配慮した運転を心がけてくれるので荷物の破損や故障といった問題が起こりにくいというのが最大のメリットといえます。

ただし、この手の業者だと、引っ越し先への距離が相当遠方になる人にとっては料金が高めの設定になってしまいがちなので、そこは自分の予算と相談して決めましょう。

コンテナ輸送が主な会社のメリットとデメリット

かなり遠い場所への引っ越しが必要になったときに、依頼したいのが“コンテナ輸送”に強い会社です。遠距離の引っ越しでどうしても気になるのが料金です。トラック輸送だと高値になってしまいがちな引っ越し料金を、なるべく安く抑えるために選びたいのがコンテナ輸送です。コンテナ輸送とはその名のとおり、トラックで運ぶのではなく、コンテナに荷物を入れて、JR貨物として最寄りの駅へ運ばれた後、そこからまたトラックで荷入れ先まで運ばれるものです。列車ということで人件費が削減されますので、その部分で大きく料金を安く抑えることが出来る反面、気に留めておかなければならない点もあります。

コンテナ輸送の際にどうしても避けられない揺れなどで、荷物の破損がしやすいということがあります。電子機器類は、列車での細かな揺れに大変弱いとされています。電子機器類の輸送には細心の注意を払って梱包をするようにしましょう。