近距離の引っ越しにはどのプランがお得?

一人暮らしで、近距離の引っ越しであれば、できるだけ引っ越しの料金を抑えて一円でも安くしたいと考えるのが普通ですよね。
そのようなお考えの方のために、一人暮らしで近距離にぴったりなプランと値段を抑える
コツを紹介していきます。

一人暮らしをこれから始められる学生さんやビジネスマンの方であれば単身パックを活用していきましょう

単身パックは、日本通運や、クロネコ引っ越しサービスといった大手の引っ越し業者は展開してるプランになるのですが、荷物を載せる量が限られているので、荷物が少ない方にはとてもぴったりなプランです。
まず各業者の相場を紹介していきます。

クロネコヤマト

クロネコヤマトの場合公式ホームページの記載情報によると、
同一市内の近距離の引っ越しであれば関東圏内なら18360円(税込)、その他のエリアなら15210円(税込)、東京から神奈川まで運ぶのであれば22680円(税込)の料金となります。
トラックに載せられる荷物は目安として、2ドアの冷蔵庫、4㎏の全自動洗濯機、電子レンジ、ダンボール箱10箱、衣装ケース3個、布団袋1袋、スーツケース1個と、
押入れ1段分の大容量の荷物を運んでくれます。

日本通運

日本通運の場合は、単身パックSと単身パックLの2種類があり、
単身パックSに積み込めきらない場合は追加料金を払い、ボックスを追加する形です。
公式HPの記載情報によると、
単身パックSに載せられる荷物は目安として、2ドア109リットルの冷蔵庫、20インチの薄型テレビ、テレビラック、電子レンジ、掃除機、3段のカラーボックス、姿見、布団、ダンボール4箱です。
単身パックLは、洗濯機、衣装ケースを加えることができます。
東京から大阪まで引っ越した場合単身パックSを2ボックス使って、51840円(税込)なので、平均的な相場として5~7万円程度と考えておくと良いでしょう。

<

h2>単身パックは安いけれどさらに安くするには?
引っ越し料金は、トラックの移動距離と運ぶ荷物の量で料金がいくらかが決まります。
移動距離が長いほど、トラックに載せる荷物が多いほど引っ越し料金は高くなるのです。
その場合、運ぶ荷物を減らすか、距離を縮ませるかの2択になるのですが、
運ぶ荷物やダンボールの量を減らすことはできそうですが、もうすでに引っ越し先が決まってるかと思いますし距離を縮めることは容易ではないでしょう。
そのために、おこなってて欲しいことがあります。
それは、引っ越し一括見積もりサイトを活用することで複数の会社に相見積もりを取り、引っ越し会社同士競争させて引っ越し費用を下げることです。
複数の見積もりを取ることで、「A社はこれくらいでしたよ」と交渉の材料に使えるので
引っ越し一括見積もりサイトを活用していきましょう。

3月上旬に引っ越し戦隊というサイトがあるのですが、
このサイトは引っ越し会社の最安値が保障されており、
多くのキャッシュバックメニューが用意されているので、
活用してみるといいと思います。
URL:hissen.jp/

参考サイト
【1】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
URL:www.npo-emba.org/

【2】ヤマトホームコンビニエンス
URL:www.008008.jp/moving/single/

【3】日本通運
URL:www.nittsu.co.jp/hikkoshi/moving-s/otoku/

長距離の引っ越し費用を抑えるのポイント

見積金額の差

引っ越しの料金は荷物の量とトラックの移動距離で値段が左右されるのですが、
近場であれば料金はさほど掛からないのですが、
長距離で移動距離が300kmを超えてくる場合、引っ越し料金はかなり高くなってきます。
今回は長距離の引っ越しの場合費用を抑えるポイントを紹介していきます。

混載便を活用して長距離の引っ越し費用を抑えましょう

CMで流れているような全国展開がされている大手の引っ越し業者であれば、
最初から一台のトラックに載せて最後まで運ぶことがほとんどなのですが、
中小の引っ越し会社の場合、まだトラックに荷物を載せることができる空きが
ある場合、他のお客さんと一緒に荷物を運ぶ『混載便』というサービスが存在します。
業者にとってもトラックの有効活用ができるため、料金が安くなるという仕組みです。
しかし、この混載便はトラックに荷物がいっぱいにならないと配送が行われないこと、
そして、配送までに時間が掛かり、荷物が引っ越し先に届く日程を指定することができない
2つのデメリットがあります。
運ばれる荷物を受け取る時間が決まっている場合は、いつ荷物が届くかわからいので、
見通しを立てることができません。
混載便を活用するときは、このメリット、デメリット双方よく考えて評者さんに頼むようにしてください。

混載便のリスクを背負うのが不安であればやはり大手に頼むべきです

全国展開されている業者は、各地に営業所があります。
中小業者はいくつも営業所がないため、荷物の輸送を仲介業者に依頼しながら、
引越し先まで運ぶことになってしまいます。
そのなると引っ越し先まで多くの業者が仲介に入ることになり、料金が高くなってしまうのです。
それに比べて大手の引っ越し会社は自社で一貫した輸送になるので仲介料を他の業者に支払う必要がないので、結果大手に頼むことが安くなるケースがあるのです。
一度見積もりサイトを活用し、サービスやプランを比較してみると良いでしょう。

参考サイト
【1】ビーカイブ
URL:b-chive.com/moving39/

【2】引っ越し全国ナビ
URL:www.tenshutsu-tennyutodoke.com/chartarkonsai.html

学生の方が引っ越しの価格を抑えるポイントとは?

学生の方は、大学の進学先が決まったり就職先が決まり社会人になることで、
新たな環境に移り住むために初めての引っ越しを経験をする方が
ほとんどではないでしょうか。
今回はそんな、初めての引っ越しをする学生の方のために引っ越し料金を
抑えられるポイントついて紹介していきます。

学生さんは学割パックを活用して引っ越し費用を安くしよう

もし、あなたが学生で引っ越しの予定を考えているのならば、
視野に入れてほしいプランが『学生向け引っ越しプラン』です。
一例ですが、アート引っ越しセンターでは、学割パックを活用して引っ越しすることで、
もれなく全員にカーテンをプレゼントされるという特典がついており、また値段も通常に
比べて非常に安い料金が設定されています。
学割パックを活用できるのは、もちろん学生のうちだけです。
一度検討してみることをおすすめします。

学割パックを活用するなら引っ越し時期に気をつけよう

引っ越し料金は、荷物の量とトラックの移動距離で値段が左右されます。
しかし、荷物の量とトラックの移動距離ともうひとつ検討してもらいたいものが、
『いつ引っ越すか?』という時期についでです。
3月~4月は繁忙期なため、学生割引を活用しても、費用が割高になるケースがあります。
しかし、業者によっては早期の予約をすることで、早期予約割引が設定されていたり、
こちらから時間帯を指定するのではなく、業者から時間指定をすることで引っ越し料金が
安くなるプランもあります。
学生のうちに比較的時間があるうちになるべく引っ越しを済ませることが節約に
繋がると言えるでしょう。

安いからといってすぐ決めるのではなく、業者の比較もしてみましょう。

学割パックは通常の引っ越し料金より安いのは確実です。
しかし、例えば沢山の荷物になってしまった場合には学割の限度額を超えてしまい。
後に荷物を運ぶ為に追加料金を求められてしまうケースがあるかもしれません。
そうならないように、学割パックの値段と、一度他のプランと比べてみることも怠らないようにしましょう。
なんとなく学割パックが安いと思って申し込むのは危険です。

参考サイト
【1】引っ越し料金LAB
URL:www.hikoshi-lab.com/1459

【2】引っ越しやることリスト
URL:xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.tv/case/gakusei.html

【3】引っ越しのミカタ
www.hikkoshinomikata.com/tanshin/gakuwari.html

もし業者が荷物を破損させて引っ越しトラブルを起こしたら?

引越しトラブル

引っ越しには、今の住居の中にある荷物を新しい居住先にどうしても荷物を運ばなければなりません。
その沢山の荷物を運び出すことは、大変な労力を伴うことで、プロの業者に頼んだとしても、大小さまざまなトラブルが起きるケースがあります。
これが初めて引っ越しをされる方ならば大変に不安に思われると思います。
いざトラブルにあってしまった場合にどうすれば対処できるのか代表的なトラブルを紹介していきます。

一番よく起きるトラブルは荷物の破損や紛失

引っ越しをおこなう際にもっとも多いトラブルは荷物の破損や紛失です。
もちろん、引っ越し業者は細心の注意をはらって事故件数ゼロを目指しているのは
間違いないのですが、居住先の狭い廊下や階段、玄関をとおるケースがほとんどなので、
家電や家具といった大きいものを移動させるときに破損することが多いのです。

運ぶ荷物が破損したら泣き寝入りするしかない?

では、引っ越しの際に荷物を運んだときに家電や家具を破損してしまったときに、
泣き寝入りするしかないのか?といえばそうでもありません。
引越業者は引越し後3ヵ月以内に通知された荷物の破損や紛失について、それらが引越業者側に起因する場合には、1年以内に補償することが引越約款によって定められています。
明らかに引っ越し業者の作業員の不手際で荷物が破損したり、家具にキズが入った場合にはスムーズに話しあいができるはずです。
もし、明らかに引っ越し業者に過失があるにも関わらず、納得がいかなかったり、業者が取り合ってくれない場合には消費者生活センター
(URL:www.kokusen.go.jp/map/index.html)
に相談してみるのもひとつだと思います。

荷物を運ぶ前に荷物の状態をしっかり確認しておきましょう。

引っ越し業者が荷物の破損や、紛失に対応してくれる場合は明らかに引っ越し業者側に
過失があった場合です。
自分にも過ちがなかったか冷静な判断ができるように、大切な家具や高価なものにおいては、キズがないのはもちろん、引っ越しをする前からキズや壊れている箇所がある荷物など、引っ越し業者さんと一緒に確認しておきましょう。
引っ越し業者さんと一緒に確認することで、荷物の状況の認識を共有させることが大切です。
また、仮に引っ越し時に破損した場合はスムーズに問題解決するために、
中には悪徳な業者で、過失を知らぬ振りをして見過ごすことも稀ですがありますので、
現場でしっかり証拠を押さえるようにし、遠慮せずに問いただしていきましょう。
証拠を押さえるためには、現場ですぐに証拠写真を撮るようにし、
引っ越し業者から要求された場合に証明できるようにしておくことが
大切です。
きちんと写真に日時も表示されるようにしておいてください。

参考サイト
【1】引っ越しポーターラビット
URL:porter-rabbit.com/category/trouble/

【2】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/trouble/yukakabekizu.html

【3】引っ越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/qanda/funshitsu.html

引っ越し一括見積もりを活用すると本当にお得なのか?

引っ越しをする際に、一度は引っ越し一括見積もりサイトを目にしたことがあるかと思います。
しかし、本当に見積もりサイトを利用すると料金が安くなるのか疑問をもたれている方もいっしゃるのではないでしょうか。
そのような方のために、今回はお得な一括見積もりサイトについて紹介をしていきます。

なぜ、一括見積もりサイトは引っ越し費用を安くするのに効果的なのか?

引っ越し一括見積もりサイトは1社だけではなく、5~10社と複数の業者に簡易的な見積もりになりますが、依頼をすることができるのが特徴です。
この、5~10社と複数の業者に見積もりができているというところが費用が安くできる鍵なのです。
引っ越し業者さんも依頼をしてもらいたいがために様々な値段を提示してきます。
1社だけの値段の提示であれば、1社だけの値段しかわからず、他の引越し業者の値段がわかないのですが、引っ越し一括見積もりサイトを活用することで複数の値段がわかるようになります。
複数の値段がわかるようになることで、値段やプランの比較がすることができ、引っ越し業者さんに安くしてもらうために、値段交渉ができるようになります。
このように複数の業者の値段を把握することで、引っ越し費用を安くするのに高価的なので、引っ越し一括見積もりサイトを是非とも活用することをおすすめします。

引っ越し一括見積もりサイトのいい所は複数に見積もりを出すだけじゃない

引っ越し一括見積もりサイトのいい所は複数に見積もりを出すだけではありません。
引っ越し一括見積もりサイトから申し込むことで、業者によっては割引の特典や、ダンボールのプレゼント、使用後のダンボールの回収など引っ越しをする際にうれしい特典が豊富に用意されている会社があります。
また、5000円のキャッシュバックといったサイト独自で行っている特典もあるので、
それぞれのサイト独自の特典も調べながら、見積もりを依頼するためにどのサイトを活用するかも考えると良いと思います。

一括見積もりサイトを使用する上で気をつけておきたい点

上記で一括見積もりサイトの良い部分を記載したので、もしかすると今にでも引っ越し一括見積もりサイトにアクセスしてみたくなった方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、良いことばかりではなく、気をつけて頂きたい点があります。
それは、見積もりを複数の引っ越し会社に出した分、複数の業者からあなたに連絡が来るようになることです。
中には、夜中でも平気で電話かけてくるような引っ越し業者も存在します。
また、一度の連絡で契約をきめさせようよすることもあります。
これらの悪質業者には業者側が儲けることしか考えていないので相手にしないように注意してください。

複数の会社から連絡が来るのは面倒だと感じたら

複数の会社から連絡が来るということを聞いて、もしかすると引っ越し一括見積もりサイトを活用することを
ためらったかもしれません。
しかし、ご安心ください。
引っ越し会社から何社も連絡が来ず、一番安い値段で引っ越しができる業者を紹介してくれるサイトがあります。
それは、『引っ越し戦隊』というサイトです。
この引っ越し戦隊という一括見積もりサイトは、複数の業者から何社も連絡が来ることがなく、引っ越し戦隊のスタッフとの1度の電話だけで済むので、悪徳引っ越し会社の対応をすることがないので安心です。
引っ越し代金が0円にすることも可能なキャッシュバックメニューも取り揃えられているので、
活用してみてはいかがでしょうか。
URL:hissen.jp/

参考サイト
【1】引っ越し段取りチェック表
URL:dandori.blog.jp/

【2】引っ越し料金の裏テク
URL:www.hikkoshitechnic.com/ryoukin/3minutes.html

荷造りに必要なダンボールを無料で手に入れて引っ越し費用を安くする方法

引っ越しに欠かせないアイテムのひとつにダンボールがあります。
どのようにして、ダンボールを調達すれば良いのか気なる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。
通常ダンボールはホームセンターなどで買うと、A4サイズで50円~100円くらいします。
意外と高く感じますよね。今回は引っ越し代を節約するために、無料でダンボールを調達できる方法を紹介していきます。

こうすればダンボールは無料でもらえます!

早速ダンボールを無料でもらう方法を紹介していくのですが、
今回は無料でダンボールをもらうことのできる代表的な方法を2つ紹介します。

1 スーパーやドラッグストアにもらいに行きましょう。

お店に行ってダンボールをもらいに行くのは、『恥ずかしい』、『お店に迷惑掛けないかな』と少しは感じるかもしれません。
しかし、スーパーやドラッグストアといったお店はあまったダンボールを産業廃棄物としてコストを掛けて処分をしているので、そんなダンボールをお金を欠けずに捨てる必要がなく貰い手がいるのであれば、歓迎されることの方が多いです。
勇気を出して、「ダンボールください」と声をかけて、どんどんダンボールを貰いに行きましょう。

2ネットの一括見積もりから申し込むことでダンボールがもらえます

ネットの一括見積もりサイトから引っ越しを申し込むと、
下記のサイト例のように
www.hikkoshi-tatsujin.com/company_profile/8.html
無料でダンボールをくれる引っ越し業者もあります。
もし、ダンボールの特典がない場合でも訪問見積もりに来た時に、
ダンボールを無料でくれるか頼んでみると応じてくれる場合もあるので、
業者にも遠慮せずに声を掛けていきましょう。

ダンボールをもらう時に注意すること

1 お店にダンボールをもらうときはお店に一度電話してからにしましょう。

お店にいざ行ってみて、もうすでにダンボールが処分されていては何のために
店に行ったかわかりません。
確実にダンボールを貰う為に一度見せに一本連絡を入れましょう。

2 なるべく頑丈なダンボールをもらいましょう

小物やトイレットペーパーなど軽いものが入っていたダンボールは強度が弱いので、
そのダンボールにいざ本や家電といった重いものを入れて運んでは、
底が抜け落ちてしまう可能性があります。
家電類が入っていたような丈夫なダンボールを貰うようにしましょう。

3 ダンボールの大きさはなるべく統一させましょう

ダンボールは大きいものもあれば小さいものもあり、様々です。
実は、ダンボールの大きさがバラバラでトラックに運ぶと、
積み込み作業や積み下ろしの作業効率が悪くなってしまいます。
作業効率をはかどらせるために、極力大きいダンボール、中くらいといったように
それぞれダンボールの大きさを統一させるのがおすすめです。

参考サイト
【1】引っ越しやることリスト一覧
URL:xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.cc/nidukuri/atumekata.html

【2】SUUMO
URL:hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/smarttech/05.html

業者が下見に来るときはどのようなことを聞かれるの?

引っ越しをする時に、業者が必ず訪問見積もりに来ます。
自分の家や部屋に業者を上がらせたくないと思うかもしれませんが、
下見にきてもらうことの重要さを紹介していきます。

なぜ業者は下見に来るのか?

見積もりには、電話やネットだけで荷物の情報を伝え料金をだす概算見積もりと、
実際に家に訪問にきてもらう正式見積もりの2パターンがあります。
正式見積もりは、実際に現場に引っ越し会社の作業員がきて見積もりを出すパターンです。
電話やネットだけでおおよその概算だけで見積もりをだして、
いざ引っ越し当日に運んでもらおうと思ったときに積むことが出来ずに、
トラブルが発生するケースがあります。
そのようなトラブルを業者側は避けたいので訪問見積もりにやってくるのです。
どうせ頼むなら、ちゃんと訪問に来てもらってトラブルなく気持ちよく引っ越しを
したいですよね。
下見による正式見積もり後に引っ越し依頼をすることでトラブルは防げますので
覚えておいて損はないと思います。

業者が下見に来る前に準備しておきたいこと

業者が訪問に来る前に、どの荷物を業者さんに運んでもらうのかを
自分で把握する必要があります。
最初の下見に業者が来る段階ではまだ荷物をダンボールに詰める必要はないのですが、
運ぶものと運ばないものの荷物をわけて把握できるようにしておきましょう。
荷物をわけておかないと、当日の作業員の人数やトラックの大きさなど値段に幅が生まれてしまいます。
下見は何度か頼むことができるので、荷物をダンボールに詰め終わったときや運ぶ物の量が増えたり減ったときにもう一度頼むと良いでしょう。
正確な値段がわかり、追加料金を徴収される心配もありません。

業者さんが訪問に来たからといって即決する必要はありません

上記の説明により、いつでも下見にくる準備が整ったかと思うのですが、
よく、せっかく業者さんにきてもらったのだからもうこの値段で決めてしまおうと
なりがちなのですが、実は見積もりのために訪問に来てもらったからといって、
その引っ越し会社とすぐに契約しなければならない決まりはありません。
複数の業者に下見に来てもらい、見積もりを比較して交渉材料にしましょう。
一円でも費用を抑えたいと思うのは当然のことなのです。

参考サイト
【1】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/gyosya/sitami.html

【2】引っ越し業者の口コミ一覧
URL:xn--68jxa5v5fu73oibox7qcu6b5oza.biz/gimon/shitami.html

リサイクル業者を上手に使った不要品の処分の仕方

引っ越しを行う際にどうしても出てしまう不用品。
可能なことならお金に換えたいですとね?
今回は不用品をうまくリサイクル業者に売ることで処分する仕方について
紹介していきます。

リサイクル業者に不用品を売るメリット

1 引っ越し費用が浮いて料金が安くなる

引っ越し業者の料金は主に、距離と荷物の量が関係してくるのですが、
荷物の量を減らすことで引っ越し費用の代金が浮きますし、
売ることでお金が入ってきますので、引っ越し費用を少なからず捻出することが
可能になります。

2 処理業者に頼む費用が掛からない

ベッドやエアコンといった、不通ゴミとして回収にだせない物は、
通常処分するために、自治体の粗大ゴミ回収に頼むか、民間のゴミ処理業者に
処分を依頼する必要があります。
その場合、回収費用やリサイクル費用が掛かるので、売れるものはリサイクルショップに
積極的に査定に出してることをおすすめします。

高値で売るコツはあるのか?

高値で不用品を買い取ってもらうためのコツが存在します。
それは、ゲーム機やソフトを売りたいと考えているならソフトの買取専門店、
本を売り平らなら本の専門店といったように専門性を持った店にもっていくことです。
各分野ごとに査定してもらってなるべく高値で買い取ってもらうようにしていきましょう。

おすすめ買取サービス一覧

ジャンル別でおすすめの買い取りサービスをまとめましたので紹介します。

ブックステーション

高額買取情報が頻繁に更新されています。
URL:nyantowan.sakura.ne.jp/

Vaboo

定価の30パーセントの買取を保障してくれます。
URL:www.vaboo.jp/

バリューブックス

ビジネス書や専門書の高価買取をおこなっています。
URL:www.value-books.jp/

ゲーム

メディア買取ネット

売りたいゲームをサイト内で検索すると簡単に買い取ってくれる値段を調べることができます。
URL:www.dvd-cd-kaitori.com/

デジタル機器

ネットオフ

スマートフォンや携帯電話を専門に買い取ってくれます。
URL:www.netoff.co.jp/keitai/

タイワンテレコム

同じくスマートフォンや携帯電話を専門に買い取りしています。
Web サイト上で価格を確認することが可能です。
URL:www.shiroromu.jp/

ブランド

リ・ファウンデーション

査定をしてもらうときにサイトから物の写真を添付することで、「 ブランド名 ・ 商品名 ・型番 ・ 購入時期 」 の情報を打ち込むと、見積金額をオンライン上から教えてもらえることができます。
URL:brandkaimasu.com/

ブランドプレミアム

本店は渋谷の表参道にあるのですが、
査定は宅配キットで送った後に見積もり金額を教えてもらうことができます。
URL:bpkaitori.jp/

参考サイト
【1】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/recycle.html

【2】知らないと恥を欠く一般常識の壁
URL:korobehashire.blog86.fc2.com/blog-entry-378.html

手早く荷造りをするコツについて

引っ越しをするとき、一番大変なのは荷造りだと思います。
効率よく荷造りの作業を進めるためのポイントをまとめましたので紹介していきます。

荷造りに必要なダンボールを準備しましょう

荷造りをする際に必ずつかうといっても過言でないものがダンボールです。
ダンボールの使い方一つで、荷造り・梱包はもとより、荷物の搬出や搬入作業といった
引っ越しの作業効率が大きく変わってくるので、ダンボールをうまく使いこなすことで、
荷造りや梱包を手際よくしていきましょう。
ダンボールの入手方法としては、主に3箇所あります。

  1. ホームセンターで購入
  2. ECショップからネット購入
  3. ドラッグスーパーからもらう

これらの方法で必要なダンボールを手にいれるようにしてください。

荷造りをはじめる前に用意しておきたいもの

引っ越しの際かならず必要なものはダンボールなので、一番最初に記載しましたが
他に用意しておきたいものを紹介します。

  • ガムテープ
  • 油性マジック
  • 軍手
  • 緩衝材(新聞紙やエアパッキンなど)

荷造りは計画的にしましょう

荷造りに必要な物は揃ったと思いますが、
荷造りは、予想以上に沢山の時間と労力を費やします。
そのため、あらかじめダンボールに詰め込む荷物のリストを作ることで
作業がはかどるようになります。
リストの作り方としては、以下の順番がおすすめです。

ステップ1 各部屋を書き出す

例 リビング、寝室、書斎、風呂場etc

ステップ2 部屋の中にある荷物を書き出す

例 寝室なら、ダブルベッド、証明etc

ステップ3 その部屋の中に押し入れやクローゼット、タンスなど中のものも荷造りするものがあればそれを書きだす

例 寝室に押入れがあるなら、布団、毛布といった押入れに入っている物

この順番で網の目状にどんどん書き出しておくことで、何がどこにあるのがわかり、
引っ越しの際に時間が短縮することができ、スムーズに荷造りができるようになります。

参考サイト
【1】引っ越し費用節約調査隊
URL:www.zhgfn.com/nizukuri/kotsu.html

【2】引っ越し段取り
URL:webshufu.com/utilize-cardbord/

【3】あるる 家電・家具のレンタル
URL:alulu.jp/press/smooth.html

引越し会社は大手、中小業者の違いはあるのか?

引越し会社を選ぶとき、引っ越し費用も重要ですがそれだけでは決められないこともあると思います。
大手、中小業者、それぞれどのような特徴があるのかを紹介していきます。

 引っ越しプランは大手と中小業者どちらを選ぶべき?

引っ越しには単身者さんのお引っ越しや、複数の家族でのお引っ越しと規模はそれぞれだと思います。
単身のあまり物を運ばない小さな引っ越しなのに、2トンワイド車といった大きい車を依頼した場合には料金がかさばりますので、大手業者さんには部屋の広さで料金が設定されていたり、トラックに積み込むだけ積み込むことができて料金は定額のプランがあったりと、小さい引っ越しに適したプランが用意されていることが多いです。
一方、中小業者には細かいプランが紹介されていないことが多いです。
しかし、中小業者は大手では難しいことを臨機応変に対応してもらえることがありますので、要望を業者にぶつけてみると良いでしょう。

 値引きの成功率が高いのは中小業者

大手の引っ越し業者はテレビCMを流したりと信頼を売りにしている業者がほとんどです。
CMなどの広告や社員教育に多額の費用をつかっているのでため、サービスは充実していますが、値段を交渉しても大幅なプライスダウンはあまり期待できません。
しかし、中小業者は大手の業者に比べると知名度は敵いませんが、大手のサービスと遜色ない業者が多数存在します。
大手にはできない小回りのきく柔軟な対応をしてくれますし、大手引越し業者と相見積もりになったらライバル心が働き、多少無理な値引にも応じてくれるケースがあるのです。
上手く交渉すれば、限界ギリギリの価格まで値切ることも可能なので、1円でも安く引っ越し費用を抑えたいのであれば中小業者に値段交渉してみるのも良いかもしれません。

 一度大手と中小業者どちらも見積もりを出してみましょう

サービス面や費用に関することなどそれぞれ一長一短があります。
そのような場合、どちらも一度見積もり依頼を出すことをおすすめします。
見積もりを出すことでサービス面や費用の比較ができますので、
その情報を元に自分にあった業者をみつけてはいかがでしょうか。

参考サイト
【1】グッドホームナビ
URL:www.goodhomenavi.com/hikkosi/situmon/nebiki.html
【2】ALLABOUT
URL:allabout.co.jp/gm/gc/400771/2/