衣類・衣装ケース・布団の荷造がスムーズにできるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越し安くするぞ!

引越しには荷造りが欠かすことの出来ない作業です。
特に、衣類や布団の荷造りには以外に手間が掛かります。
今回は手際よく衣類や布団が手際よく荷造りができる方法を紹介していきます。

布団の荷造り

布団は専用の布団袋に詰めて運ぶのが基本です。
布団の購入時には布団袋と一緒の筈なので布団袋があるか確認をしましょう。
仮に捨ててしまったなど紛失した場合には、引越し業者によっては
布団袋を用意してくれるので、包資材の中に布団袋が含まれているかを確認しましょう。
もし業者に頼んで布団袋が手に入らない場合はでも大きい風呂敷などでも対応可能です。
また、市販の布団圧縮袋は布団の体積を大幅に減らすことができるので
利用すると便利です。

おすすめ布団圧縮袋

1 アクアトークの布団圧縮袋

全てオリジナルで開発された製品で、
バルブやチャックの機能が満載の商品です。
お値段が2980円です。
URL:item.rakuten.co.jp/aquatalk/fml-10sn-ps/

2  KP収納袋付圧縮パック

シングル布団が押入に収まりきらない状態でも手軽に圧縮することが可能です。
お値段が1390円です。
URL:item.rakuten.co.jp/kainan-zakka/80250/

3 バルブ式圧縮袋

掃除機を外しても空気が逆戻りしない『バルブ式』が採用されているので、
密封度が高く、耐久性が強いです。
値段が930円とお安いです。
URL:item.rakuten.co.jp/yubi-rshop/lif-s0002/

衣類・雑貨の荷造り

衣装ケースに入っている衣類はそのままの状態で運んでもらえる場合がるので、
中身を出してしまうまえに、引越し業者に問い合わせて見ることをおすすめします。
もし、衣類を衣装ケースから出すのであればおすすめは『ハンガーボックス』に
衣類を入れることです。
ハンガーボックスは衣類専用の梱包資材なのですが、
箱の中にパイプが付いており、ハンガーごと衣類を収納できるので
折りたたむ必要が無くシワが出ることもありません。
このハンガーボックスも引越し業者で無料で扱っていることが多いので
見積もり時に引越し業者に確認をとってみると良いでしょう。

衣類のスムーズな仕分け方

荷造りを行うと必要でない物と、必要な物に分けられてくると思います。
衣類をスムーズに仕分けるにはまず、シーズンオフの衣類から片付けていき、
その中で1年以上着ていないは処分することを検討してはいかがでしょうか。
そして必ず来ている必要な服といずれ着るかもしれないだけの服にわけることで、
衣類がかさばらずに済むようになり、運ぶ荷物も軽くなります。

参考サイト
【1】引越しなっとく.com
URL:na109.com/yougo/hanger-box/

【2】ズバット引越し比較
URL:www.zba.jp/hikkoshi/cont/packing-clothes/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。