単身引越しをする前に揃えて置きたい資材道具をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しをするときにはダンボールや布テープなど揃えて置けば荷造りがスムーズに進む物が沢山あります。それぞれ説明していきますね。

ダンボール

荷物を詰めるのにダンボールは欠かせません。
ダンボールは、業者の成約後に無料でくれることがほとんどですが、
中には見積もりの段階でプレゼントしてくれる業者もあります。
どのタイミングでダンボールを提供してくれるかは業者によって
はまちまちですが、大手の業者ほど訪問見積もりのときに
くれることが多いです。

他には、
スーパーやドラッグで無料でもらうという手段が
あります。
引越し会社の中には資材が基本料金の中に含まれている
ところもあるので事前に確かめて多少なりとも
引っ越し料金を抑えたいという考えなら、
自分で用意するのも良いかもしれませんね。

布テープ

よくガムテープを活用される方がいらっしゃいますが、
実はガムテープより布テープの方が粘着力があります。
ですので、貼ったと思ったところが気が付けば剥がれていたという
心配がありません

軍手

荷物を運んだり整理するときに万が一手を切ることもあるので、
軍手があると便利です。

新聞紙

箱詰めで食器などを包むときに、
緩衝材の代わりに使うことができます。
溜まったら捨ててしまうのが一般的ですが、
引っ越しをすると決めたら一ヶ月前から
溜めておくと良いでしょう。

油性マジック

油性マジックは、
例えばダンボールに何を入れたかを忘れない
ように荷物を記入するときに有効です。
荷造り用の紐
ビニール紐で問題ありませんが、
なるべく丈夫な紐を用意しておくことを
おすすめします。

荷造りをする際の注意点があります!

上記にて単身者の方が引っ越しをする前に揃えて置きたい資材道具を紹介させて
頂きましたが、荷造りをする際に注意して欲しいことがあります。
それは、荷造りは計画的に行う必要があるということです。
例えば、ダンボールには何を入れる必要があるのか、
引っ越し先には何を運んで何を捨てるのかといった計画性がなければ、
荷造りは時間がいくらあっても足りません。

マイナビニュース news.mynavi.jp/news/2013/05/01/137/ )の記事には、
・日になっても荷造りが終わらず、業者が運び出す横で詰めていた
・半日かからないと思っていたら、24時間たっても終わらず応援を頼んだ
という荷造りに苦労されている単身引越しの経験者さんが多数いらっしゃいました。

また、ダンボールに荷物を詰めるときにも

  • どの箱に何を入れたか分からなくなり、出すときに苦労した
  • もらったダンボールで入りきらず、炊飯器を手でもって電車で運んだ
  • 同じ種類のものを同じ箱に詰めてしまい、本類のダンボールがやたらと重くなった

という失敗エピソードを仰られていました。

このように失敗するこがないように、
計画性をもって荷造りをして欲しく思います。

荷造りの準備や、
他に引っ越し作業で何が必要なのかを
漏れが無いように確認をするには、
『SUUMO 引越しダンドリ』
URL: suumo.jp/edit/app/hikkoshi_iphone.html
というアプリが便利です。

『SUUMO 引越しダンドリ』は、iPhone向けのアプリですが、
Android用のアプリでは『引越しお助けアプリ【引越君】』
URL: play.google.com/store/apps/details?id=com.akkidays.housemoving&hl=ja
が有効です。
アプリの評判も良いので活用を検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。