単身の方が費用を欠けずに引越しを行える節約術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰もが、引越しをする際に引越しに掛かる費用を抑えたいと望むことだと思います。
そんな単身の方が費用を掛けずに引越しを行える節約術をまとめてみました。

引越し費用を抑えたいのであればなるべく3月末の引越しを避けましょう

3月~4月の時期は、年度初めと言うことで転勤や入学などの時期で、
最も引越しが増える時期になります。
ですので、釣りをするときに仕掛けを入れるとすぐに魚が食いつてくるように、
引越し会社がほぼ何もしていなくても引越しの依頼が舞い込んでくるので、
かなり引越し会社が忙しくなるため、料金も高騰する傾向にあります。
とある引越し会社では、同一県内で単身の方が引越しをされた場合に
通常では3万円前後のところを3月の末に引越しを望んだ場合に10万円を
超える業者もあるほどです。
どうしても3月から4月の間に引越しをしなければならないのでしたら、
まだ3月の2週目までなら通常と変わらない値段で引越しができる傾向にあるので、
前倒しが可能ならば前倒しをすることを視野にいれてみるべきでしょう。

引越し会社の都合に合わせる

一般般的に、確実な時間指定のできる午前便は高く、時間の指定が難しい午後便は
安くなることが多いです。
また、完全に引越し会社の都合に合わせる『フリー便』は、時間の都合を合わせることが
できないため、長距離の移動の場合に引越しを終わらせるのに時間が掛かるなどのデメリットは
ありますが何時に来ても大丈夫という心構えがあるのでしたら『フリー便』はおすすめのプランです。

運ぶ荷物を減らす

引越しには運ぶ荷物の量により料金が左右されます。
つまり、荷物を減らせば、引越し料金を安くすることが可能だということです。
荷物を減らすためにまずは引越し先で不要になるものをリストアップすると良いでしょう。
例えば、1年以上着用していない服や何年も使用していない食器や物はありませんか?
これらはおそらく今後も使う可能性が低いと思われますので、引越しを良い機会だと思って、
処分することを検討してみてはいかがでしょうか。

引越し一括見積もりサイトを活用し複数の業者に見積もりを依頼する

1社目に引越し料金の見積もりを出し、サービスがよくて安いと思っていても、
2社目が1社目より安くサービスも1社目の業者と同等のサービスを受けられるというケースは
よくあることです。
複数の業者から見積もりを出すことでそのようなことがなくなり、料金やサービスの比較が
できるため、1番安い引越し業者がひとめで分かるだけでなく、たとえば1社目の引越し会社に
2社目の料金の情報を伝えて2社目より安くなるように交渉を持ちかけることも出来るように
なります。

そんな活用するとお得な引越し一括見積もりサイトを紹介していきます。

引越し戦隊

最大20社の引越し業者に見積もりを出すことができ、
必ず最も安い業者に依頼できることが特徴です。
URL:hissen.jp/

引越し侍

引越し予約・一括見積もりサービスを利用して実際引越しをされた方の
口コミ件数が6千件以上あり、見積り料金だけではなく作業員の対応やサービスの質を
チェックすることが可能です。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ズバット引越し比較

この引越し一括見積もりサイトはユーザー数が累計で
350万を超えており、沢山の信頼と実績があります。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

参考サイト
【1】引越し料金を安く抑える方法
URL:www.hikkoshi-price.jp/simulation.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。