引越しが決まったら、まず何をしたら良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

会社から突然の辞令“転勤”や人生の転機ともいえる“転職”、独立、再出発…引っ越しの理由は様々だと思いますが、そもそも引っ越しが決まったらなにをどうしたら良いのでしょうか?引っ越しの経験が豊富な人なら、なにをしたら良いのか、どういった流れで作業に取り掛かるのかを把握しているかと思いますが、皆が皆そんなに引っ越しに慣れている訳ではありません。一体どういったことをしていけば良いのかを確認していきましょう。
 

まず、引っ越し先の住むところを決めましょう!

 
引っ越すことが必要と決まったなら、まずは次に住むところを探しましょう。会社の転勤で、住む場所があらかじめ指定された官舎などを用意してもらえる人は、この手間が省けてとてもラクです。引っ越し先が会社から提供してもらえない方はもちろん、自分で引っ越し先の物件を探すことになります。今はとても便利な時代になりましたから、引っ越し先に足を運ばずともインターネットで簡単にお部屋探しが出来ます。契約も最寄りの支店などで出来る場合がほとんどですから、ネット環境さえあればそんなに苦労せずに済むと思います。ですが一番良いのは、実際にその土地に見に行って物件をいくつか内見してみて決めることです。パソコンの画面で数枚の写真を見て物件を決めても、実際に行ってみると思ったよりも古かったり、収納が狭い、日当たりが良くなかったり周辺道路が狭いなど色々な問題に後から気付いて不便な思いをしてしまうリスクがあるからです。時間とお金が許すのであれば、必ず見に行って決めましょう!そうでない人はインターネットを駆使しながら、物件を管理している担当者にしっかりと相談して決めてくださいね。

部屋探しの前に!HPで信頼できる不動産屋を選ぶための3つのポイント

引っ越し先の良い物件にめぐり合うためには、
不動産会社の良し悪しを見極める必要があります。
そこで、ホームページで悪い業者かどうかを判断する3つのチェックポイントについてお教えします。

1 物件情報ページをチェック

新しい物件情報を定期的にサイト上に載せている不動産会社は、
お客さんに良い物件を提供しようという意欲があると言えます。
そして、よく見なければ気付かないような小さな文字で注意事項などが掲載されている不動産会社は、「不利な情報をお客さんに気付かせない悪徳業者」である可能性があるので、小さな文字で注意事項の記載がないかも注意してください。

2 会社概要・個人情報保護ページをチェック

「宅建業免許番号」がサイト内に掲載されているか?を
チェックしてください。
「宅建業免許番号」とは、不動産業者が宅地建物取引業を行う免許を受けたときに割り振られる番号のことです。もし、それは宅建業免許番号が会社概要や、宅建業免許番号の紹介のページに記載されていないなら、その業者は無免許と考えられます。
そして、忘れてならないのは個人情報の取り扱いに関する記載があるか?のチェックです。
資料請求や物件の問い合わせの際には、サイト内で住所や氏名などを「個人情報を社外に漏らさない」「業務で必要なこと以外には利用しない」などの記載がされています。
記載がない業者は、個人情報漏洩(名簿の売買)などに悪用される危険性があるので
気をつけてください。

3 会社の雰囲気が分かるページをチェック

「実際に依頼した場合はどんな対応をしてくれるのか「自分の希望に近い物件を紹介してくれそうか」など、イメージを掴むことができます。
会社やスタッフの雰囲気は自分と合いそうか?、会社やスタッフの相性が自分にあいそうかホームページのスタッフ紹介ページや社員ブログなどを見てみると
良いでしょう。

参考サイト
URL:【1】 nanapi nanapi.jp/118685
URL:【2】 全日本不動産協会 tokyo.zennichi.or.jp/tohonbu/guest/point.html
URL:【3】 Home’s www.homes.co.jp/words/t1/525000286/

荷出しと荷入れの日の希望を決めましょう!

引っ越し業者というのは、3月半ばから4月が一番繁盛すると言われています。どんな企業も年度終わりから年度初めに異動をさせるからということと、新社会人になる人がたくさん独立するからと言われています。希望が通るかどうかは別として、まず荷出しと荷入れの自分の希望する日時を決めておきましょう。日にちに幅をもたせ、複数の候補を設定することをお忘れなく。

引越しに便利なアプリ

引越しの段取りをスムーズに管理するために、とても便利なアプリがあります。
無料iPhone向けアプリ『引越しカレンダー』です。
住まいが決まり、新居に引越しを行う際の手配や役所の手続きといった
タスクが自動的にカレンダーに登録され、自分だけの予定も追加・編集できるので、引越しを行う際の段取りをスケジュール管理する際にはこのアプリを活用するといいでしょう。
『引越しカレンダー』
URL:itunes.apple.com/jp/app/yin-yuekarenda/id634815101?mt=8

アンドロイドなどのスマートフォンを活用されている方に向けては、
引越しに特化したわけではありませんが、
『ジョルテ – カレンダー&システム手帳』という無料アプリは、
スケジュール管理の他にも、通知機能付きのToDoリストやタスク管理機能も
付いているので、引越しスケジュールにもじゅうぶん活用可能です。
『ジョルテ – カレンダー&システム手帳』
URL:play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.johospace.jorte&hl=ja

見積もりをしてもらい、引っ越し業者を決めましょう!

あとは、引っ越し先と希望の荷出し、荷入れの日程を業者に伝えて自宅に見積に来てもらいましょう。荷物の量を確認してくれます。そして、その荷物の量と引っ越し先への移動距離などから金額を算出してくれますから、あとは自分の予算に合わせて業者を決めるのみです。

下記3つの一括見積りサイトを活用することで、複数の業者から見積りを取ることが可能になります。

1 引越し侍

上位ランキングの上位業者に予約することができ、
ランキングや口コミで人気業者が一目でわかります。
URL:hikkoshizamurai.jp/

2 ズバッと引越し比較

220社以上の提携された引越し業者から最大50%オフの可能性があります。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

3 HOME’S 引越し 見積もり

HOME’S限定特典で、提携引越し業者のダンボールの無料サービスや、
特別割引があり、他に時間を引越し業者の都合に合わせることで、割引になるケースがあります。
URL:www.homes.co.jp/hikkoshi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。