レンタカーを使用した引越しのメリットと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

同じ市内で引っ越しをする、隣の県だから車ですぐ…といったように、一言で引っ越しといっても、ものすごく遠距離の引っ越しだとは限りませんよね。比較的近距離で、引っ越し業者に頼まずとも自分自身で出来るんじゃないか?と考えた方は“レンタカーを使用して引っ越し”をする可能性も視野に入れるかもしれません。レンタカーで引っ越しを行なうときに気を付けたい事項についてご紹介したいと思います。

引越しシーズンは手配に手間取ることも…

引越しシーズンは、春。3月中旬から4月初旬は特に引っ越し業者では繁盛期といわれるようにどの業者も大変賑わっており、手配に手間取ってしまうことも。

そんな引っ越しシーズンにレンタカーを使用することを考えている人にお知らせしておきたいのが“手配”についてです。

借りたいと思った時にすぐに借りることができるのがレンタカーだと思っている人がほとんどだとおもいますが、引っ越しシーズンに限っては大き目の車や2トントラックといった引っ越しに使用する目的で借りられる人気車は予約でいっぱいになってしまうそうです。

日取りが決まったのであれば、前もって予約をしておくことを強くオススメします。

配車さえしてもらえれば、好きな時間に引っ越せる!

引っ越しをすると決まって、希望のレンタカーを手配できれば、あとは自分の好きな時間に荷出しをして積み、移動して荷入れをすることができます。

荷造りが多少遅れても、引っ越し業者に頼んでいるわけではありませんから、せかされることも無いので自分のペースで引っ越し作業をしたいという人にオススメの引っ越し方法といえます。

重労働!そして新居への荷入れで注意が必要です

引っ越し作業は言わずもがな重労働。そして、洗濯機や冷蔵庫といった大型の家電は衝撃に弱いので動かす際はもちろん移動の道中も気をつけなければなりません。

もうひとつ考えておきたいのは荷入れのとき。

せっかくの新居に、荷入れのときに荷物をぶつけてしまっては壁紙が剥がれてしまって弁償になったり、凹みを作って大家さんに謝りにいかなければならなかったりとトラブルのもとですから細心の注意を払うべきだといえます。

素人だけでするには、いくら近距離の引っ越しとはいえかなりのリスクがあります。

引っ越し業者には、やはりプロの実績とそれを実現した一流のマニュアル、配慮がありますからお金では買えない安心をしっかりと買うのが一番良いということを忘れないでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。