もし業者が荷物を破損させて引っ越しトラブルを起こしたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越しトラブル

引っ越しには、今の住居の中にある荷物を新しい居住先にどうしても荷物を運ばなければなりません。
その沢山の荷物を運び出すことは、大変な労力を伴うことで、プロの業者に頼んだとしても、大小さまざまなトラブルが起きるケースがあります。
これが初めて引っ越しをされる方ならば大変に不安に思われると思います。
いざトラブルにあってしまった場合にどうすれば対処できるのか代表的なトラブルを紹介していきます。

一番よく起きるトラブルは荷物の破損や紛失

引っ越しをおこなう際にもっとも多いトラブルは荷物の破損や紛失です。
もちろん、引っ越し業者は細心の注意をはらって事故件数ゼロを目指しているのは
間違いないのですが、居住先の狭い廊下や階段、玄関をとおるケースがほとんどなので、
家電や家具といった大きいものを移動させるときに破損することが多いのです。

運ぶ荷物が破損したら泣き寝入りするしかない?

では、引っ越しの際に荷物を運んだときに家電や家具を破損してしまったときに、
泣き寝入りするしかないのか?といえばそうでもありません。
引越業者は引越し後3ヵ月以内に通知された荷物の破損や紛失について、それらが引越業者側に起因する場合には、1年以内に補償することが引越約款によって定められています。
明らかに引っ越し業者の作業員の不手際で荷物が破損したり、家具にキズが入った場合にはスムーズに話しあいができるはずです。
もし、明らかに引っ越し業者に過失があるにも関わらず、納得がいかなかったり、業者が取り合ってくれない場合には消費者生活センター
(URL:www.kokusen.go.jp/map/index.html)
に相談してみるのもひとつだと思います。

荷物を運ぶ前に荷物の状態をしっかり確認しておきましょう。

引っ越し業者が荷物の破損や、紛失に対応してくれる場合は明らかに引っ越し業者側に
過失があった場合です。
自分にも過ちがなかったか冷静な判断ができるように、大切な家具や高価なものにおいては、キズがないのはもちろん、引っ越しをする前からキズや壊れている箇所がある荷物など、引っ越し業者さんと一緒に確認しておきましょう。
引っ越し業者さんと一緒に確認することで、荷物の状況の認識を共有させることが大切です。
また、仮に引っ越し時に破損した場合はスムーズに問題解決するために、
中には悪徳な業者で、過失を知らぬ振りをして見過ごすことも稀ですがありますので、
現場でしっかり証拠を押さえるようにし、遠慮せずに問いただしていきましょう。
証拠を押さえるためには、現場ですぐに証拠写真を撮るようにし、
引っ越し業者から要求された場合に証明できるようにしておくことが
大切です。
きちんと写真に日時も表示されるようにしておいてください。

参考サイト
【1】引っ越しポーターラビット
URL:porter-rabbit.com/category/trouble/

【2】引っ越しのミカタ
URL:www.hikkoshinomikata.com/trouble/yukakabekizu.html

【3】引っ越し虎の巻
URL:www.leadingdesign.org/qanda/funshitsu.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。