引越しのためのダンボールはタダで入手できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越し会社からもらう

引越しの時には、大量の段ボールが必要になりますが、新居へ行けば不要となるものなので、移動の為だけにお金をかけて段ボールを買うのはもったいない気がします。引越し会社が提示した見積もりの中に、段ボール代が入っているかの有無はチェックしましょう。
業者によっては、見積もりの時に段ボールを無償提供してくれるところもあります。その場合、家まで持ってきてくれるので、とても助かります。また、移動の時に荷物が段ボールに入っていなくて困るのは、業者側です。箱に入っていないと持ちにくいし、荷物が傷ついてクレームの原因になるからです。そのため、「足りなくなった」といえば、ただでくれる事もありますので、相談してみるのも良いでしょう。
引越し会社にも、新品の段ボールと、以前別の人が引越しの時に使ったけれどまだ使える状態という、使用済みの段ボールがあります。使用済みの方でしたら、気軽にくれる会社もありますので、段ボールを集めたい時にはまず、一番初めに業者に声をかけてみましょう。

主なダンボールを無料でもらえる業者表です

引越し業者 無料ダンボール枚数 ダンボール回収
アーク引越センター 最大50枚の提供
アート引越センター 最大50枚の提供
アリさんマークの引越社 最大50枚の提供 ◯※有料
サカイ引越センター 最大50枚の提供

参考サイト

【1】引越し大作戦 www.eastsidefoodcoop.org/puran-hikaku.html
【2】引越し料金LAB www.hikoshi-lab.com/2119

スーパーやドラックストアからもらう

段ボールを集めたい時には、スーパーに行くのもお勧めです。最近は、エコブームからビニール袋の代わりに、段ボールに入れて商品を持って帰ってもらおうと、レジの横に段ボールを置いているスーパーが増えました。
スーパーは、様々な商品を取り扱っているので、色々なサイズの段ボールを得るのにちょうどよい場所といえます。きちんと封が出来るように、箱の形となっている物を選びいただきましょう。また、野菜などの生鮮食料品が入った段ボールは、虫やクズが残っている事があるので、キレイにしてから使いましょう。
その他に、ドラックストアもお勧めです。オムツやトイレットペーパーなどを運んできた、大きな箱が手に入りやすいからです。商品を並べると箱はすぐに処分される事が多いので、事前にお店に相談しておくと良いでしょう。

ダンボールをもらう3つの注意点

1 強度の高いダンボールを選ぶようにしましょう

これはあまりご存知のない方がいるかもしれませんが、
中に入れられていた物によって、ダンボールの強度が違います。
ティッシュやトイレットペーパーなど軽いものが入っていたダンボールは、
どうしても強度が弱いです。
なので、ダンボールをもらってくる際には、冷蔵庫や電子レンジといった家電製品が入れられたダンボールや、野菜が入ったダンボールなどできるだけ重いものが入っていたダンボールを選ぶようにすることで、破損や荷崩れは防ぐことができます。

2 大きさをできるだけ揃えるようにしましょう

何故、大きさをできるだけ揃えるようにする必要があるのか?ですが、
トラックに積み込むときに、荷物を梱包するのですが、
大きさが揃っていないと、ダンボールに積み込んでいくうちに荷物が凸凹になってしまい、 積み込み、積み下ろし作業がしにくくなってしまうからです。
なのでスーパーやドラックストアからもらってくるダンボールはなるべく、
大・中・小、 それぞれ大きさを揃えるようにすることで、
荷物を積み込みやすくなります。

3 食器など壊れ物などは新品のダンボールを活用した方がいい場合もある

一度使ったダンボールは、どうしても新品のダンボールに比べると、強度が落ちています。
衣類など軽い物を梱包する場合には大丈夫だと思いますが、家電や家具など重いものを
梱包するには強度が足りない可能性がありますのでホームセンターで新しいダンボールを購入したほうが良いかもしれません。

参考サイト
URL:【1】これで完璧引越しやることリスト一覧 xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.cc/nidukuri/atumekata.html
URL:【2】引越し費用ガイドブック xn--68j9hxan3h9a5f1848bfswbjjxc93b.com/super24danboru
URL:【3】知らなきゃ損する激安引越しガイド~ xn--68j302lo3nyrvs3a.tv/packing/danboru.html

カーショップや電気屋さんからもらう

カーショップも段ボールがたまりやすい場所なので、分けてもらえるか交渉してみるとよいでしょう。特に、ホイールを入れていた段ボールは、頑丈で、きれいですし、同じサイズの段ボールをそろえられる事が出来るのでお勧めです。入荷日が決まっている場合があるので、いつ伺えばいただきやすいかを事前に相談してみるのも良いでしょう。
また電気屋も、大きくて、キレイな状態の箱が揃っているので、魅力的な段ボールスポットです。家電品が入っていた大きな段ボールが手に入ると、かさばる冬物の衣服や、ぬいぐるみなどを運ぶのにとても便利です。炊飯器やポットなどの、自分の家電品を運ぶのにも使いたいですよね。運が良ければ、プチプチなどの梱包材ももらえる事があるので、こちらもお願いしてみると良いでしょう。

引越しが決まったらダンボールは早めに準備をする必要があります。

3種類のお店からダンボールをもらう方法を記載しましたが、引越しが決まったらダンボールは早めに準備をする必要があります。
なぜなら、引越しが集中する時期にはダンボールを欲しがる方が多いので、
スーパーやドラックストアに行っても、もらえないことがあるからです。
引越しが決まったら、早めにダンボールを準備してください。
エイチームが運営する引越し見積りサイト『引越し侍』によると、
ダンボールの目安量を引越し人数別で見た結果、
もっとも多かったダンボールの個数とその割合は、1人が「10個」(29.1%)、2人は「30個」(25.0%)、3人は「30個」(24.1%)、4人が「50個」(26.8%)、5人以上で「50個」(29.7%)となったそうです
自分に必要な適切なダンボールを用意してくださいね。

引用サイト

URL:【1】マイナビニュース news.mynavi.jp/news/2014/03/04/267/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。