引越しの際、家具や物を配置する時に役立つちょっとしたコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しい家に住むとなると、部屋の間取りやスペースも変わります。そうすると、悩むのが家具や雑貨などの物をどのように配置するか、ということ。ここでちょっとしたコツがあります。

配置を思い出すのに写真が便利!

それは、以前住んでいた家の各部屋の写真を撮っておくことです。

本棚や引き出しの中、食器棚の中やサイドボードに至るまで、スマホなどを使って全て写真に撮っておきましょう。

新居では、その写真を見ながら、写真の配置通りに並べたり、入れたり、家具を置けばいいだけです。

とても楽チンですし、片付けも短時間ですみます。

引越しを手伝ってくれる人にも、写真を見せればいいだけなので、いちいち説明しなくてすみますね。

案外と物の場所などは、一度取り出してしまうと忘れがちです。

新居に行ってから、これはどうやって配置していたかな?とか、

どこに入れてたかな?など思い出す時間は、写真があればかなり短縮できます。

大型家具などを始末する前に、ちょっと待って!

ちなみに、引越しで出てくる不要な大型家具や電化製品。

もし粗大ゴミで捨てることをお考えなら、転居先とどちらが安いか比較してから申し込みましょう。

転居前の地区だと処理料が必要であるなら、念のため転居先の役所へ問い合わせて処理料が幾らかかるのか問い合わせてみてください。

場所によっては、指定日に出すだけで無料である所も。

もし、引越しのトラックのサイズに影響はないのなら、転居先へもって行ってから捨てればかなり節約になりますよ。

 

もしくは引越しをする前に、家の近所に家具のリサイクル店があれば念のため見積もってもらうこともできます。

意外と高く売れたりするかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。