荷解きして整理整頓し始めるのに役立つポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
荷ほどき引越し

引越しが終わり、新しい家についてもまだまだ仕事はいっぱいあります。それは・・・荷物の荷解きと整理です!一通り終わらせないと、なかなか気持ちも落ち着きませんよね。でも手当たり次第、荷物を開けても部屋中に散乱してしまい、余計に労力を使って疲れてしまうことも。一体どのように効率よく荷物を片付けていけるでしょうか?

部屋ごとに箱を移動して、スペースを空けること

キッチン用品の入った箱はキッチンへ、服が入った箱はクローゼットのある部屋へ、といった具合に部屋ごとに箱を移動させましょう。

こうして多量にあった箱もそれぞれの部屋へ移動させれば、荷解きして整理する時に楽になりますし、部屋のスペースも空きますね。

寝室やキッチンから荷物の整理を始めよう

引越しの日は、精神的にも体力的にも疲れるので、まず初めに寝室から片付けておくのがオススメです。

ベッドを組み立てたり、シーツやカバーを掛けたり、窓にもカーテンを吊るし、いつでも休めるようにセッティングしておきましょう。

もし、夜遅く片付けが終わったとして体が非常に疲れていても、寝室は片付いているのですぐに休むことができます。

引越し中は、食事は外で済ませたりお弁当を買って済ませたりするかもしれません。

引越し後すぐに料理することはなくても、日常の生活がスタートするとキッチンは使用頻度の高いスペースです。

ですから早めにキッチン用品を出して、整理をし、片付けてしまいましょう。

コップやお皿など割れやすいモノは早めに出してしまっておけば安心です。

事前に数日分の着替えなどをスーツケースに入れておく

新居についてからは、すべてが箱に入っているので前もって、数日分の着替えやタオルなどをスーツケースにしまっておくと便利です。

引越し前に旅行に行くかのように必要な身の回りの物を数日分、荷造りしておきましょう。

転居先についてもとりあえずは手元に着替えなどがあるので、手あたりしだい箱を開けて服を探す必要がなくなります。

新居に着いたら、荷解きして整理整頓し始めるのに役立つポイント その2

さて、引き続き新居についてからどのように効率よく荷物を片づけることができるのか考えていきましょう。

トイレやお風呂用品を整理するのも忘れずに

意外と忘れがちなのが、トイレやお風呂などの細々したモノ。

引越し後に片付けしていてトイレに入ろうとして、何もない!なんてことがないように、トイレ用品もすぐにセットしておきましょう。

引っ越しの片付けが終わったら、お風呂に入って疲れをとりたいもの。タオルやマット、シャンプーなどのお風呂用品も、入りたい時にすぐ使用できるよう置いておくといいですね。

衣類などの片づけ方は?

長時間、閉まっておくとシワになってしまうものやスーツ類やネクタイ、ワイシャツなどは早めに箱から出しましょう。

そしてクローゼットに吊るしておきます。

また、カーテン類などもシワになりやすいので忘れないうちに取り出して吊るしておきましょう。

夜になってから慌てて気が付いてカーテンを探したりしなくて済みますね。

日中のうちに、照明器具をつけておくのも忘れずに。

今すぐに使う必要のないモノの整理は後回しに

シーズンオフなモノで、今すぐに使う必要がないモノの整理は最後に回しましょう。

必要でもないのに、箱から出してしまうと余計にモノが散乱して片付けるのに時間がかかってしまいます。

そうしたモノは箱に入れたまま、クローゼットや押し入れに入れておきます。

もしくは開封だけしておき後日、時間に余裕がある時に整理すると良いでしょう。

新居で荷物の整理整頓をするのも優先順位があります。

部屋ごとに家族の成員を割り当てたり、子供部屋は自分で片づけてもらうなどして、分散して進めましょう。効率よく片付けて整理をするなら、疲れすぎない引越しをすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。