引越し業者に違いはあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越し安くするぞ!

いざ、引っ越し業者を選ぼうと思ったとき、あなたは何を重要視して選んでいるでしょうか。金額、サービス内容、接客態度…色々その会社ごとの特色があるかと思います。一体、具体的にそういったことが会社によって違うのかを知っておき、今後引っ越し業者を選択するときの参考にしてみてくださいね!

金額の違いが大きく表れるのは、輸送方法

なぜ、同じ距離で同じ荷物にも関わらず、会社によって金額に大きく差が現れるのか…そんな疑問を抱いた経験がありませんか?その金額に大きく差が出る理由の一つとして、輸送方法が挙げられます。まず、会社の強みに差があって、“トラック”で輸送するのか“コンテナ”で輸送するのかで大きく内容が変わってきます。

トラック輸送が主な会社のメリットとデメリット

トラックを使用して輸送している業者の強みとしては、家から荷出ししてトラックに積み込み、そのトラックで目的地までドライバーがしっかりとついて送り届けてくれるという安心感です。担当ドライバーが責任を持って目的地まで運転してくれるので、その道中の道の状況によって段差などは減速し、曲がる際には細心の注意を払ってくれる運転のプロが、積んでいる荷物に最大限配慮した運転を心がけてくれるので荷物の破損や故障といった問題が起こりにくいというのが最大のメリットといえます。

ただし、この手の業者だと、引っ越し先への距離が相当遠方になる人にとっては料金が高めの設定になってしまいがちなので、そこは自分の予算と相談して決めましょう。

コンテナ輸送が主な会社のメリットとデメリット

かなり遠い場所への引っ越しが必要になったときに、依頼したいのが“コンテナ輸送”に強い会社です。遠距離の引っ越しでどうしても気になるのが料金です。トラック輸送だと高値になってしまいがちな引っ越し料金を、なるべく安く抑えるために選びたいのがコンテナ輸送です。コンテナ輸送とはその名のとおり、トラックで運ぶのではなく、コンテナに荷物を入れて、JR貨物として最寄りの駅へ運ばれた後、そこからまたトラックで荷入れ先まで運ばれるものです。列車ということで人件費が削減されますので、その部分で大きく料金を安く抑えることが出来る反面、気に留めておかなければならない点もあります。

コンテナ輸送の際にどうしても避けられない揺れなどで、荷物の破損がしやすいということがあります。電子機器類は、列車での細かな揺れに大変弱いとされています。電子機器類の輸送には細心の注意を払って梱包をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。