引越しの手伝いをしてもらったらお礼は渡すもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越し御礼

引越しをするとなると、やはり人の手がたくさん欲しいものですよね。さっさと引越しを済ませて新居でゆっくりとした時間を過ごしたい。そう考える人がいても不思議ではありません。そのため引越し当日はたくさんの人に手伝ってもらう人もいますよね。例えば友人などがそうです。そこで気になるのが友人に対してのお礼をどうするのかという点です。今回は引越しの手伝いをしてもらったらお礼は渡すの?渡さないの?についてをお話しましょう。

引越しの手伝いって必要?

基本的に引越しは本人と業者だけでも十分のハズなのですが、引越し業者との契約内容によっては手伝いが欲しい事もあります。

例えば業者はあくまで部屋の中に運ぶだけであって、荷解きなどは全て自分で行なうという場合ですよね。この場合は当然手伝いが欲しくなります。

そんな時にはやはり身内もしくは友人にお願いする事が多いはずですよね。

そもそも引越しのお礼って何?

引越しのお礼というのは昔からの習わしみたいなもので、昔は引越し業者というものが存在していませんでした。

そのため引越しをする時には家族や近所の方々に手伝いをしてもらって引越しをしていたのです。その時の名残のようなものらしいですね。

確かにたくさんの荷物になる嫁入りの時の引越しというのは、相当なものだったはずですから引越しの手伝いも相当な数だったのでしょう。

一人ひとりにお礼をする事は普通の事だったのです。

現代では引越しの手伝いにお礼はするの?

お礼というとどうしても「お金」というイメージが強いようですが、引越しの時の手伝いの人に「お金」でのお礼ってあまりしません。

そもそも何かメリットがあるからお手伝いをしているわけではありませんよね。なのでお金でお礼をするという事はしません。

だいたい引越し費用がかかっているのにさらに友人にもお礼などといったら高くついてしまいます。

なのでお礼といってもお金で出すという事ではないのです。もちろんお金でお礼をする人もいるのは事実です。

その場合には一人に対して3000円~5000くらい渡すのが一般的のようです。

大半の方はおいしい食事でお礼をする

お金でお礼なんてちょっと変だと感じている方は意外と多く、そういう方々が引越しのお礼でしているのは豪華な食事です。

皆で引越し祝いもかねてのディナーを楽しむ事がお礼になるというケースが非常に多いようです。その方が楽しくていいですよね。

ちなみに引越しのお礼として利用される事が多いのが「焼き肉バイキング」や「回転寿司なのだそうです。好きなものをたくさん食べれるから喜ばれるようです。

お披露目もかねてできるのでいいですね

いかがでしたか?引越し業者にお願いしていても、友人にも手伝ってもらうのは良いことです。

引越し先のお披露目の場にもなりますし、楽しくパーティーができるのも嬉しいですよね。

荷物の荷解きや家具の配置などまでを引越し業者に依頼すると、大変高いものになってしまいますので、適材適所で友人にお願いするのもありですよね。

最後に、車を友人から借りたり移動の時に乗せてもらったりした場合には、ガソリンはもちろん満タンにしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。