引越し時にベットを運ぶときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベッドは一口で言ってもサイズは色々で運ぶのにとても大変な作業です。
そのため、引越し業者に運搬を任せるのが安心なのですが、
注意しなければならない点があるので紹介していきます。

ベッドを引越し時に運ぶ際に注意しておきたい2つのポイント

1 エレベーターと階段の状況により追加料金が掛かる可能性がある

アパートやマンションの構造によりますが、
階段から入らなくて窓からベッドを入れなければならない時や、
3階建ての場合は階段幅がないのでそのような時は、
つり上げ作業が基本的に必要になります。
その場合、クレーンを活用するなど通常より作業員の労力が
発生するため、追加で料金が発生する可能性があります。

2 分解できないベットは自己責任になるので注意しましょう

ベッドは、作業員が分解しなければ運べないと判断されたときに、
ベッドのフレームが組み立て式の場合は必要に応じて分解してくれます。
しかし、IKEAの製品のように一度分解すると、二度目の組み立てが弱くなる製品や
解体のできないフレームの場合は業者は分解を行ってくれませんので
注意が必要です。
仮に分解をするのであれば、自己責任で分解をするようにしましょう。

処分をする方が安く済む可能性があります

ベッドの運搬は、現実的には引越し業者にお願いするしかなく、
引越し前に売却したり、捨てたりして処分するのが
運ぶよりも安上がりになる可能性があります。
しかし、売却しようにもベッドをお店まで運ぶのが大変です。
そのような場合は、サカイ引越センター(www.hikkoshi-sakai.co.jp/kaitori/
のように不要品買い取りサービスが行われている業者を選び、
ベッドの買取・処分も含めた見積もりを取ると良いです。
また、不要品買い取りサービスは大手にしかないサービスだと思われるかもしれませんが、
アップル引越しセンター(http://www.apple-hikkoshi.co.jp/info/m-r.html)
のように中小の引越し会社も不要品買い取り会社と提携していたり、独自で行っている
引越し業者があるので、引越し一括見積もりサイトでサービスの比較をしてみると
良いかと思います。

本当に捨てるのであれば自治体に処分をしてもらうとお得です

世田谷区www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/113/252/255/d00022581.html
を例に挙げると、
シングルベッドの収集料金はわずか1000円で済みます。
インターネットで「自分の地域名 粗大ゴミ」で自治体のHPにたどり着くことが
できると思いますので本当に捨てるのであれば自治体に処分をしてもらうことを
検討してみも良いでしょう。
しかし、自治体の場合、収集に日数が掛かる場合が多いので、引越し直前に
申し込むと手遅れになる可能性があるので早めに申し込むようにしてください。

参考サイト
【1】引越し段取り
URL:webshufu.com/packing-bed/

【2】ひっこしまとめ.com
URL:xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-1628/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。