単身引越しの値段はどうやって決まっているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

単身引越をする時、まず最初に気になるのが値段がどれほどかかるかということではないでしょうか?
もちろん、引越の見積もりを依頼すれば、どのくらいの値段で引越ができるか簡単に知ることができます。とはいえ、見積もりする前に自分である程度の予想ができるだけでも安心感があったりするものです。
では、単身引越の値段はどうやって決まっているのでしょうか?その点について、ここでは解説いたしましょう。

単身引越の値段は距離と荷物の量で決まる

単身引越の値段は、「距離」と「荷物の量」という2つの要素で決まってきます。
実は引越先までの距離が分かっていれば、見積もりをしてもらわなくても基本的な引越にかかる運賃を自分で調べることができます。

意外に知られていませんが、引越の基本料金の上限は法律で決められています。100km以内の引越であれば時間制運賃となり、100kmを超える場合は距離制運賃になることになっています。
ちなみに、100kmがどれほどの距離かというと東京中心部から横須賀やつくばは50km圏内、沼津や宇都宮で約100km圏内ということになります。時間制運賃が適用される範囲はだいたいこの範囲までということを覚えておくと良いかもしれません。
気になる時間制運賃の料金ですが、1トン車の利用で4時間から8時間かかる場合、時間に応じて20,500円から30,740円となります。

距離制運賃の場合の基本的な値段は?

距離制運賃の基本は、100km以上110km以内で22,740円から34,100円(1トン車を利用した場合)となっています。
この運賃を基本に、距離制運賃の場合は、10km増えるごとに約1,000円づつ加算されていきます。それで、150km超の引越であれば27,420円から41,140円の間の値段が引越料金ということになります。

この距離制運賃については、ネットなどで調べると、10kmごとの詳しい値段を知ることができます。もし、すでに引越先までの距離が分かっているのであれば、自分で調べてみるのも良いでしょう。
見積もりを依頼する前に、基本的な引越運賃を知っておくことで、見積もりで提示された料金が安いのか高いのか判断しやすくなるというメリットがありますからオススメです。

では、荷物の量が増えると引越しの料金はどれほど変わってくるのでしょうか?

荷物の量で引越の値段はどれほど変わる?

引越先までの距離とともに引越運賃を決めるのが荷物の量です。多ければ多いほど引越にかかる値段は高くなりますが、実際どれほどの違いがあるのでしょうか?
単身引越の場合は、荷物もそれほど多くないとは思いますが、やはり人それぞれに引越し先に持って行く荷物の量には違いがあるので、1トン車に収まる人もいれば2トン車でもキツキツという人もいることでしょう。

ちなみに、1トン車のサイズは軽トラック2台分ほどの大きさ、2トン車のサイズは単純にその倍というイメージをすると分かりやすいかと思います。
では、サイズも踏まえて100km以内の引越の場合に1トン車と2トン車で引越すると、どれほど値段に差が出てくるのでしょうか?

1トン車で引越すると20,500円から30,740円で、2トン車の場合は22,750円から34,130円となっています。
意外と荷物の量ではそれほど大きな値段の差は生まれないということが分かりますね。

引っ越し業者別による単身引っ越しの相場

引っ越し業者別による単身引っ越しの相場はどのくらいなのかを紹介していきます

1 日本通運の単身引っ越しの場合

日本通運では、単身引越し専用のコンテナの金額で、引越し費用が決まります。
横108cm、奥行74cm、高さ154cmの一番小さいサイズの単身パックSは17850円から利用可能です。
運べる物の目安として
2ドア冷蔵庫、
薄型20型テレビ、
小型テレビ台、
電子レンジ、姿見、
3段カラーボックス、
掃除機、
布団、
指定段ボール箱4個
を積み込むことができます。

上記のプラン以外に単身パックSよりツーサイズ大きいサイズで、横108cm、奥行104cm、高さ174cmの単身パックLというプランがあり値段は18900円から利用することできます。
単身パックSに入るものに加えて、4kgの洗濯機、衣装ケース、それにダンボール箱がさらに1個荷物として運ぶことが可能になります。

最大移動距離が15km~30km(エリアによって異なります)、
かつ作業開始から終了までが4時間以内を目安とした値段です。

2 クロネコヤマトの単身引っ越しパック

クロネコヤマトの単身引っ越しパックは、押入1段分の荷物が入る程度の量を目安とした幅1.04m、奥行1.04m、高さ1.70mのボックスを1ボックス単位で費用の計算をしています。
1ボックスの料金は、同一市内料金で関東圏内なら17850円、その他の地域は14700円という値段で利用が可能です。
しかし、東京23区と政令指定都市内と違う区への引っ越しは『同一都道府県内』扱いになってしまう為、若干高めの料金が請求されますが、1ボックス20000円程度の料金で利用可能になります。

3 赤帽の場合

赤帽は、日本通運やクロネコヤマトといった大手の業者とは違い、1つのトラックを貸切で使う貸切便のサービスです。
長距離だと距離別、時間別料金が加算され、割高になる可能性が大きいですが、移動距離が20km程度で近距離の圏内であれば料金は安く済みます。
赤帽トラックは、幅141cm、奥行194cm、高さ129cm、最大350kgまで積むことが可能で、
冷蔵庫、洗濯機、ベッド、テーブル、衣装ケースをトラックに積んだとしても、
まだ10箱程度のダンボール箱を運ぶことが可能です。
赤帽は基本的に「個人事業者」なので、サービス内容は異なりますが、値段の相場は20000円ほどです。

参考サイト

URL:【1】単身引っ越しの相場
www.xn--68ju76hxkdhrivj6aqk2a0wb.net/

URL:【2】【知らなきゃ損する!】引っ越し単身パックの相場を調べる方法
www.npo-emba.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。