引越し前に忘れずにしておきたい手続き、雇用保険について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雇用保険引越し

引越しをしてすぐ、新しい土地で仕事を探すことは思いのほか苦労するものです。もし貯金が十分にあったり、家族の転勤だったら、さほど心配はいらないかもしれません。それでも中にはすぐに仕事を見つけて働かなければいけない状況にある人もいるでしょう。そんな時、知っておくと便利なのが雇用保険制度の利用です。

引越しする前に勤務先から離職票を出してもらうのを忘れずに

引越しが決定して、今働いている仕事を辞める時に忘れずにしておきたい手続きがあります。

アルバイトやパートタイムで働いていても、毎月雇用保険を払っていたのなら離職票証明書の発行をしてもらいましょう。

雇い主や派遣会社に前もって引越しする旨を伝え、離職証明書を出してもらいます。

離職前に本人による自筆の署名か、判子が必要になりますので、余裕を持って2週間前には手続きをお願いしておきたいものです。

[具体的な手続き方法]www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html

引越し後は新しい土地で離職票を手にハローワークへ

離職票とは、雇用保険をもらうのに必要な書類です。

新しい土地へ移動して、仕事探しを始めるときにハローワークへ行きましょう。

求職の申し込みをし、受給要件をクリアしていれば基本手当を受け取ることができます。

自己都合で退職をしていたとしても条件にかなえば、給付制限がなく貰えることもあります。ハローワークでしっかり説明を聞いてみましょう。

[ハローワークの場所はこちらから]www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

引越し後、見知らぬ土地での仕事探しはどうやってする?

基本手当をもらいながら仕事探しができるので、ストレスが幾分減りますが、それでも見知らぬ土地で仕事を探すのはそう容易なことではありません。ハローワークでも情報は受け取れますが、どのように職探しをすればいいでしょうか。

スーパーやブックストア、コンビニには地元の情報誌が置いてあります。大抵フリーペーパーで、地元のアルバイトやパートなどの求人が載っていますから是非参考にしましょう。また、地元の派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうのも良い方法です。

[ジョブセンス]j-sen.jp/

[マイナビバイト]baito.mynavi.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。