急な転勤のときにはどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

通常引っ越し業者に依頼を頼むときは、2週間は余裕がほしいものです。
しかし、急な転勤が決まりいますぐにでも引っ越さなければならないときは
どうすればいいのでしょうか。

業者とコンタクトを取る前に引っ越しのスケジュールを整理しておきましょう。

転勤のような急な引っ越しが決まった場合、よくしてしまいがちなことは、
頭の中が整理できていないうちに業者に引っ越しの連絡をしてしまうことです。
引っ越しの予定日や、荷物の量、引っ越し先について一度一呼吸をおいて、
頭の中で整理しましょう。
整理ができていなければ、引っ越し業者に謝った情報を伝えてしまいかねません。

急な引っ越しの場合でも一括見積もりサイトを活用しましょう。

引っ越し業者に依頼を頼むときは、2週間くらいは余裕を持っておこなうことが多いので、
時間があまりないのに一括見積もりから依頼しても大丈夫か?と思われるかもしれません。
一括見積もりサイトには、即日の引っ越しに対応してくれる業者を探し出すことができます。
以外に即日の引っ越しに対応してくれる業者は見つかるので、ぜひとも一括見積もりサイト
を活用してください。

おすすめ引っ越しサイト

転勤の場合でも業者が見つかる引っ越し一括見積もりサイトを紹介します。

引っ越し戦隊

こちらは、最も安い引っ越し会社が見つかる引っ越し一括見積もりサイト。
URL:hissen.jp/

ズバッと引っ越し比較

転勤で急な引っ越しの場合の対応や引っ越しについての情報がまとめられている
一括見積もりサイトです。
URL:www.zba.jp/hikkoshi/

引っ越し侍

CMにもよく流れており、220社の提携されている業者から最大10社以上に見積もりを
だすことができる話題の引っ越し一括見積もりサイトです。
URL:hikkoshizamurai.jp/

ホテルや短期賃貸マンションを活用するのも手段のひとつ

突如、引っ越しが必要になり、まだ引っ越し先が決っていないことは充分に考えれます。
そのような場合は、あわてて引っ越し先をさがすよりも一時的に、ホテルや短期賃貸マンションを
活用するという方法があります。
そのような場合は、会社側がホテルや短期賃貸マンションの代金を出してくれるのかしっかり確認を
怠らないようにしましょう。

各種代行サービスを利用しましょう。

引っ越し会社の中には荷物を運ぶだけではなく、水道代やガス、電気の移転手続きを代わりに代行してくれるサービスがあります。

引っ越しコンシェルジュを活用することで、ありとあらゆる手続きを代行してくれます。

負担を減らし引っ越しを成功へと導くために一番おすすめのサービスが『引っ越しコンシェルジュ』です。
引っ越しコンシェルジュは、引越しコンシェルジュのサービス提携会社に限ってのみなのですが、
電気・水道・ガス・電話などのライフラインに関係するものから、クレジットカードやプロバイダ、自動車保険にいたるまで、無料で手続きを代行してくれるサービスです。
使用方法も、インターネットを利用できる環境とメールアドレスがあれば活用できるので簡単です。
URL:www.tepore.com/user/life/hikkoshi/

<

h2>行政への手続きも代行してもらうならばこのサービスを活用しましょう
日本行政手続代理システムは、有料のサービスにはなりますが、

  • 国民健康保険住所変更
  • 国民年金住所変更
  • 介護保険住所変更手続き(介護認定の手続きは含みません)
  • 国民年金受給住所変更
  • 厚生年金受給住所変更

に対応しています。
時間がなく、行政への手続きも代行しもらいたと思うのであれば、
このサービスを検討してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。