知ってますか?引越し見積もりに来てもらう大切さを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは、引っ越しを経験したことがありますか?経験のある人なら、引っ越しに関わる見積りというのがどういった作業なのかをご存じだと思いますが、経験の無い方だと一体なにをどうするのが見積りなのか、疑問に感じていることと思います。数社見積りに来てもらうには、時間も労力も費やしてしまうので、「見積りなんかしないで単身パックで簡単に引っ越しを済ませてしまいたい!」なんて考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。見積りに来てもらうということが、どれだけ大切なのかを知っておきましょう!

見積もりとはどういったことをするのか

まず、そもそも見積りとは何をしてもらうのかと言いますと、引っ越し業者さんが引っ越しを依頼した人の自宅へ来て部屋の中を隅々まで確認し、そのうえで引っ越しにかかる金額を計算する作業のことを言います。

単身引っ越しですと、タンシンパックなどで簡単に手配が出来ることもあり「見積りに行かなくても大丈夫でしょうか」なんて言ってくる業者もいるくらいですが、ここは確実に見積りに足を運んでもらうことをおすすめします。

引っ越し業者さんとはいえ知らない人を自宅にあげることに抵抗があるかもしれませんが、次の項目でご紹介するように見積りを頼まずに引っ越しを手配するととんでもないトラブルを引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

見積もりに来てもらうのが面倒で…

引っ越しをすると決まって、まず最初に見積りをしてもらうのが普通なのですが、とある男性は電話で比較的引っ越し料金の安価な“単身パックで引っ越したい”ということ、そして男性の一人暮らしということもあり“荷物は少な目である”ということを電話口でオペレーターに伝えたところ、一番小さいサイズの荷物の単身パックをすすめられ、「お見積りにはいかなくても良いでしょうか?」との問いにOKをしてしまったそうです。

いざ引っ越しの日を迎え、荷出しするとなってスタッフさんが来たところ、思いのほかその男性の荷物があったようで、用意していた単身パックの荷物を入れる大きさではおさまらないことがわかりました。

とはいえ、当日そして決まった時間内に荷出しを終えないと業者さんが次に荷出しをする人にも迷惑がかかることもあり、当日になっての引っ越しのサイズ変更も出来ないことから入りきらなかった荷物を宅急便で送ることになってしまったそうです。

結果、料金もかなり割高になってしまったとか…。

そんな失敗をしないためにもかならず見積りにはきてもらいましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。