引越し業者が荷物を破損した!その時どんな対応してくれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越し破損

引越をする時の注意点としては、引越し業者による荷物の破損の問題です。やはりプロとは言っても一番気になるところなのではないでしょうか。一般的には業者さんはプロですから、決して荷物の破損などをするわけが無いと思いたいのですが、やはりそこは人ですから万が一の事があるかもしれません。今回はそんな時の業者さんの対応や補償についてをお話していきましょう。

引越し業者が破損その時どうする?

荷物を運ぶのがプロの引越し業者は基本的には、お客様の財産である荷物の破損は絶対にしない!

と誓ってお仕事を請けてくれるわけですが、やはり万が一の事があるのでいざという時のために保険に加入しています。

それが運送業者貨物賠償責任保険という保険です。

ずいぶん長い名前ですが、まずはこの保険がどのような保険なのかについてをお話していきましょう。

運送業者貨物賠償責任保険とは

運送業を営んでいる企業であれば、普通なら加入しているのがこの運送業者貨物賠償責任保険という保険です。

この保険では通常の作業中に起きた貨物に対しての事故などに対応してくれる保険です。

普通に作業をしていて配送している時に、盗難にあってしまったり紛失してしまったりする事や、事故などによって破損をしてしまったりした時に保険が適用されるものです。

◆保険に加入していない業者もある

引越し業者なのだからどんな業者だって保険に加入していると思いたいところですが、中には加入していない業者もあるので注意した方が良さそうです。
もしも引越し業者を依頼する時には、運送業者貨物賠償責任保険に加入しているかどうかをしっかりとチェックしてからお願いした方がいいでしょう。

◆どんな破損でも保険が適用するのか?

運送業者貨物賠償責任保険に加入している業者に依頼したのだから、破損や紛失があったとしても弁償してもらえると思っていたら、中には弁償されないケースもあったりします。
まず、運送業者貨物賠償責任保険が適用される事例についてをお話していきましょう。

1、荷物の上げ下げの時に紛失したり破損したりした場合は補償されます。
2、輸送中に破損してしまったり紛失してしまった場合は補償されます。
3、梱包中の破損や紛失などについては補償されます。

この3つの場合は保険が適用になります。ちなみに補償されるのは作業員の方が作業をしていたという場合ですので注意しましょう。

紛失したものに関してですが、持ち主の不注意などによって破損したり紛失したりしたのではなく、完全に作業員によって紛失したり破損した場合には、弁償しなくてはならないという決まりがあります。

だったら安心!などと言ってホッとしたりしないでください。

破損や紛失がわかったらすぐに会社に連絡をしなくてはなりません。

その期限は3ヶ月以内という事になっています。それ以内に言わなければ弁償をしてもらえなくなるので注意しましょう。

運送業者貨物賠償責任保険が適用しない場合

この保険は先ほど記した通り、業者が作業運搬をしていたのなら適用されるのですが、次の事の場合には当然適用されませんのでご注意ください。

1、持ち主が作業をしていての紛失や破損の場合。
2、業者が作業を行なう前に破損がわかった場合。
3、天災(自然災害)によって起こった事故での破損や紛失の場合。

このようになっているので気をつけるようにしましょう。

トラブルにならないためにできる事

どちらも信頼関係の元に作業を行っているわけですから、できたらトラブルが発生しないようにできた方がいいですよね。

例えば、破損や紛失が起こらないようにするのはもちろんですが、もしも破損やトラブルが見つかった場合には、すぐに引越し業者に連絡をしておくといいでしょう。

できたら破損したら困るような荷物の場合は、先に撮影などをしておくと証拠としてわかりやすくてトラブルにならないかもしれません。

大切なのはすぐに連絡をするという事ですが、それ以上に大切なのは破損したらその場ですぐに言う事が一番重要な事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。