引越し前に忘れずにしておきたい手続き、郵便物の転送やクレジットカードの住所変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
引越し手続き

引越しをするということは、住む場所の住所が変わるという事ですよね。引越しをしてからも、新居に問題なく郵送物が届くように郵便局へ転送手続きをしておきましょう。転送手続きをしておけば引越しをしても、以前の住まいに送られてきた郵送物を一年間転送してくれる便利なサービスです。

転送手続きってどうやるの?

引越しの際に、近所にある郵便局の窓口に転居届を出しておくだけです。

そうすれば一年間の間、旧住所に届く郵便物等を新住所に無料で転送してくれる大変便利なサービスです。

転居届の提出するときは、提出者の確認と転居届に記載された旧住所の確認が必要になるので、運転免許証など住所を確認できるものを持参しましょう。

e転居、と呼ばれるオンライン上のサービスで転居手続きも可能!

引っ越し準備で忙しくて、郵便局にまで行く時間もない、と言う方にはe転居がおすすめです。

携帯電話かスマートフォンを利用していて、メールアドレスがあるなら利用できるサービスです。

引越する前でも引越し後でも、インターネット上で転居届を行い、無料で郵便物を転送してもらうことができます。

[e転居]welcometown.post.japanpost.jp/etn/

クレジットカードの住所変更はしましたか?

引越しをして、意外と忘れがちなのがクレジットカードなどの住所変更です。

明細書などを送付してもらっている場合は、郵便局の転送手続きをしていても、早めに住所変更をしておけば安心です。

住所変更の手続きは、インターネット画面で会員サイトにログインして行うことができます。

電話でも、カスタマーサービスに連絡して変更手続きを行うことができます。

住所を変更しておかないと、クレジットカードの有効期限が切れたときに新しいカードが届かなかったり、重要書類が届かなかったりするので、必ず住所変更をしておきましょう。

[引越前に忘れずに実施したい手続き]

everybodymoving.com/before-moving-to-the-necessary-procedures-and-preparation-is

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しまとめ情報は、SNSでもご購読できます。