引越し準備に必要な情報

女性向けの引越しサービスとは?

お引越しが必要になった時、女性の方だと本当に大変な思いをすることになると思います。女性は、男性に比べて肉体的に筋力が少ないにも関わらず、荷物は男性より多いケースがほとんど。女性って、洋服も食器も雑貨も…男性よりも荷物が多くなってしまう傾向がありますから、自分に合った女性向けの引っ越しサービスを利用して、安心して快適な引っ越しをしましょう!
 

1 女性スタッフが来てくれる!

 
引っ越しのときに来てくれるスタッフといえば、男性のイメージが強いですよね。筋肉隆々の男性スタッフが黙々と作業をしていく…なんだかあまり爽やかではありませんし、いくら業者の方とはいえ、知らない男性に家に上がられること自体に嫌悪感を抱く女性もいらっしゃるでしょう。そんな方にオススメなのが女性スタッフに来てもらえるというサービスです。女性ならではの物腰の穏やかさで、とても疲れる引っ越し作業を気持ちよく行うことができそうですよね!
 

2 荷造り、荷解きの手伝いをしてくれる!

 
力が弱い女性にとって、引っ越しの荷造りや荷解きというのは本当に重労働です。ダンボールに荷物を入れて、そのダンボールを重ねて…そんな作業を女性一人でするのはツラいと思います。そんな時におすすめなのが、荷造りや荷解きを引っ越し業者のスタッフが手伝ってくれるというサービスです。ダンボールに荷物を詰めることはもちろん、詰め終わったダンボールを的確な場所に積んでくれますし、引っ越しのプロならではのアドバイスをもらいながら、引っ越しに不慣れな女性でも無理なく簡単に引っ越しの荷造り作業と荷解き作業を行うことが出来ます。先程ご紹介した、女性スタッフが来てくれるサービスと併用をすれば、より一層安心で快適になりそうですよね。
 

3 盗聴器の有無を調べてくれる会社も!

なにがあるかわからない怖い時代ですから、女性一人で新しい土地で暮らすのというのは不安でいっぱいでしょう。借りたばかりの新居でも、最近のテレビ番組などでも取り上げられているように“盗聴器”が設置されていてプライバシーが守られないなんていうことも十分にあり得ます。そんな不安を消し去ってくれるのが、“盗聴器無料調査サービス”です。普通の業者に頼むと5万円以上はしてしまう盗聴器調査を荷入れの際に無料でしてくれる業者もあるのです。より安全に、快適に、そして安心して引っ越しをするためにもぜひ各社の多種多様なサービスを利用してみてくださいね!

盗聴器の有無を無料で調査してくれる業者

1 アップル引越しセンター

URL:www.apple-hikkoshi.co.jp/

2 スタームービング 

URL:www.starmoving.jp/
などの業者があります。

そして、さらにあなたに快適な引越しを行って頂けますように、
レディースパックがあるおススメ引越し業者ベスト3を紹介します。

1位 アート引越しセンター

引越しをおこなう際に当日の搬送作搬送作業はすべて女性スタッフが担当するので、
ひとり暮らしをされている女性の方には安心して利用ができるサービスになっています。
そして、電力会社、新聞業者、NHK,、郵便局など面倒な手続きを契約者の代わりに引き受けてくれる不要になったダンボールを引き取ってくれる『ダンボール引き取りサービス』など各種の無料サービスがあり、『インターネット限定特別割引』、『待ち割』や『フリー便』などの活用も可能なので、お引越しの費用がさらにお得になります。
URL::www.the0123.com/plan/ladies/

2位 ライフポーター・ワタナベ運輸

関東圏限定サービスにはなりますが、『女性限定コミコミパック』という引越しプランが用意されており、一人暮らしの女性には苦手なTV・DVD等のAV配線、洗濯機・冷蔵庫のつなぎも、技術指導と対応教育を受けた『正社員 もしくは身元が保証されたスタッフ』がやってくれます。
他に、荷物を全て積み込んだ後と引越し後のお部屋を掃除してくれるので、
至れり尽くせりのサービスです。
URL:www.ohikkosi.jp/Prodcts/female.html

3位 Nadeshikoレディース引越し

部屋に伺うのは女性スタッフだけなので、
例えば荷物の中身を見られることに抵抗がある場合や、
大事な小物を慎重に丁寧に扱って欲しいなど
男性のスタッフの方だと遠慮してしまうような
悩みも気軽に相談することが可能です。
URL:www.moving-s.com/ladies/

参考サイト

URL:【1】 レディースパック特集 xn--dckya3a3br6d6j0e.com/
URL:【2】 マル得単身引越しガイド xn--68ju76hu7hhz0cigb.tv/gimon/joseistaff.html
URL:【3】 引越しやることリスト www.hikkosi7.com/company/post_47.html

単身引越の値段はどうやって決まっているの?

単身引越をする時、まず最初に気になるのが値段がどれほどかかるかということではないでしょうか?
もちろん、引越の見積もりを依頼すれば、どのくらいの値段で引越ができるか簡単に知ることができます。とはいえ、見積もりする前に自分である程度の予想ができるだけでも安心感があったりするものです。
では、単身引越の値段はどうやって決まっているのでしょうか?その点について、ここでは解説いたしましょう。

単身引越の値段は距離と荷物の量で決まる

単身引越の値段は、「距離」と「荷物の量」という2つの要素で決まってきます。
実は引越先までの距離が分かっていれば、見積もりをしてもらわなくても基本的な引越にかかる運賃を自分で調べることができます。
意外に知られていませんが、引越の基本料金の上限は法律で決められています。100km以内の引越であれば時間制運賃となり、100kmを超える場合は距離制運賃になることになっています。
ちなみに、100kmがどれほどの距離かというと東京中心部から横須賀やつくばは50km圏内、沼津や宇都宮で約100km圏内ということになります。時間制運賃が適用される範囲はだいたいこの範囲までということを覚えておくと良いかもしれません。
気になる時間制運賃の料金ですが、1トン車の利用で4時間から8時間かかる場合、時間に応じて20,500円から30,740円となります。

距離制運賃の場合の基本的な値段は?

距離制運賃の基本は、100km以上110km以内で22,740円から34,100円(1トン車を利用した場合)となっています。
この運賃を基本に、距離制運賃の場合は、10km増えるごとに約1,000円づつ加算されていきます。それで、150km超の引越であれば27,420円から41,140円の間の値段が引越料金ということになります。
この距離制運賃については、ネットなどで調べると、10kmごとの詳しい値段を知ることができます。もし、すでに引越先までの距離が分かっているのであれば、自分で調べてみるのも良いでしょう。
見積もりを依頼する前に、基本的な引越運賃を知っておくことで、見積もりで提示された料金が安いのか高いのか判断しやすくなるというメリットがありますからオススメです。
では、荷物の量が増えると引越しの料金はどれほど変わってくるのでしょうか?

荷物の量で引越の値段はどれほど変わる?

引越先までの距離とともに引越運賃を決めるのが荷物の量です。多ければ多いほど引越にかかる値段は高くなりますが、実際どれほどの違いがあるのでしょうか?
単身引越の場合は、荷物もそれほど多くないとは思いますが、やはり人それぞれに引越し先に持って行く荷物の量には違いがあるので、1トン車に収まる人もいれば2トン車でもキツキツという人もいることでしょう。
ちなみに、1トン車のサイズは軽トラック2台分ほどの大きさ、2トン車のサイズは単純にその倍というイメージをすると分かりやすいかと思います。
では、サイズも踏まえて100km以内の引越の場合に1トン車と2トン車で引越すると、どれほど値段に差が出てくるのでしょうか?
1トン車で引越すると20,500円から30,740円で、2トン車の場合は22,750円から34,130円となっています。
意外と荷物の量ではそれほど大きな値段の差は生まれないということが分かりますね。

移動距離で値段の差がうまれる

上記のことから、意外と荷物の量ではそれほど大きな値段の差は生まれないということが分かり、移動距離によって値段に大きな差が生まれることが
お分かりになられたと思います。
そこで、運送距離が計算できるサイトを紹介します。

1 引越し大作戦

良い引越し業者を見極めるためのポイントの解説や、
ケース別でどのプランを選んでいけばいいのか、
準備についてのノウハウも記載されています。
URL:www.eastsidefoodcoop.org/estimate.html

2 引越しのウラオモテ

長年引越業務に携わってきた元引越屋が運営しているサイトです。
こちらも引越しを行う際に知っておきたい知識や、準備に必要なノウハウが
提供されています。
URL:www4.ocn.ne.jp/~corgies/estimate.html

3 レッツGo~引越便

株式会社 大豊エクスプレスという会社が運営している引越し業者です。
現在の住まい、引越し先、広さを選択することで概算が瞬時に出てきます。
URL:www.letsgohikkoshi.com/?page_id=21

単身パックと普通の引越の違いについて

単身パックサービスとは

単身パックサービスとは、決められた荷物の量に収めることを条件に、手ごろな料金で引越しができるプランのことです。
なぜ手ごろな料金が可能になるかとかというと、通常の引越しがトラック一台と作業員複数名を貸し切りで行うのに対して、単身パックサービスでは決められたサイズの専用BOXに荷物を詰めきる為、他の荷物とトラックを共有することが出来、作業員(人件費)もほとんど使わなくていいからです。
単身パックサービスの荷物の量の目安は、テレビや冷蔵庫なども含めて段ボール10箱程度で、通常の引越しよりは少なく宅配便にしては多い、というくらいです。業者によっては3段階ほどの料金設定があるところもあるので、数社に訪問見積りに来てもらい比較検討するとともに、自分に一番合うサイズを見つけることが大切です。

単身パックのメリット

単身パックサービスを利用する最大のメリットは引越しの費用を安く抑えることができることです。
短期間の単身赴任、実家から出て一人暮らしを始める場合や、大きな家具を引越し先で買ったり、家具付きのマンスリーマンション等へ引越したりする場合など、単身者のなかでも極端に荷物の少ない人には最適のサービスと言えるでしょう。しかし、思っていたより安かったからといってすぐに業者を決めてしまってはこのメリット活かしきれているとは言えません。必ず訪問見積りを依頼して、数社を比較検討することが大切です。訪問見積りをしてもらうとと、あとこれくらい荷物が積める、少し荷物を減らせばワンランク下の料金の利用ができる等、アドバイスを受けることも可能です。
単身パックサービスを利用するもう一つのメリットは、荷物の量が極端に制限されている為、新居に不要なものを持ち込む心配が減ることです。新生活を始めるにあたって不用品の処分をすることが出来ます。

不用品はリサイクルショップに持っていくことで臨時収入が得られる

不用品を処分する際には、リサイクルショップに売ることで、
処分費用がかからずさらにお小遣いとして臨時収入を得ることができるため、リサイクルショップに持っていくことはおすすめです。

全国展開されているリサイクルショップ

1 トレジャーファクトリー

買取品目の多さが魅力的なリサイクルショップです。。
URL:www.treasure-f.com/

2 ベストライフ

ブランド・金・プラチナを扱っており、
ブランド品に強いサイクルショップとなっています。
URL;www.e-kaitori.jp/

3 ブックオフ

全国展開する本の買取専門店です。
URL:www.bookoff.co.jp/

単身パックのデメリット

反対に単身パックサービスを利用するデメリットは、思ったほど荷物が運べない、ということです。
単身者といえども極端に荷物の少ない人以外は、専用BOXに荷物が収まりきらず、最悪の場合、BOXを追加することによって料金が大きく跳ね上がってしまい、せっかくのメリットをつぶしてしまうことも考えられます。そんなことが起こらないように素人判断でプランを決めず、比較検討をする意味でも数社に訪問見積りを依頼して、プロの目で荷物量を見てもらうことが必要です。もし単身パックサービスの利用が難しい荷物量だと判断された場合は、通常の引越し見積りをしてもらえばいいのです。単身パックサービス希望だったということは費用を低く抑えたいのだな、ということは分かってもらえると思います。
こうしたデメリットも考慮して、特徴的な引越しプランを上手に利用していきましょう。

もっと沢山荷物を運ぶにはどうすれば良いのか?

上記に記載したメリット、デメリットを考慮して、特徴的な引越しプランを上手に利用していって欲しいのですが、上記に記載したように単身パックサービスは思ったほど荷物が運べません。
ですので、より沢山の荷物を安価で運んでもらうために、お得なコースを紹介したく思います。
それは、2トンロング詰めるだけコースです。
引越し見積りサイトから業者に見積りを頼むと、『2トンロングトラックに詰め込めるだけ乗せることができる』といったサービスが存在します。
2トンロングに詰め込める荷物は、

  • 冷蔵庫(3ドア340リットル)
  • 電子レンジ
  • レンジ台
  • ベッド(シングル)
  • コンポ
  • 液晶テレビ(32インチ)
  • デスクトップパソコン
  • スピーカー

といった単身パックでは乗せることが難しい家具や家電を運搬することができるので、荷物が多い方でも足りるはずです。

参考サイト

URL :【1】引越しまとめcom xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-871/
URL :【2】ムービエンス www.moving-s.com/cases/cat172/cat178/2-9.php
URL :【3】引越しのジュンムービング www.junmoving.co.jp/trucks/t2l.php

引越しトラブルに気をつけて

見積もり時の費用について

引越しを業者に依頼する場合にはまずは見積もりをしてもらってどの程度の費用がかかるかの目安を計算してもらいます。その査定そのものは無料であり、最近ではオンラインで引越しに必要となる荷物や搬入、搬出する建物の情報や場所について入力すると各社で、およそいくらで請け負ってもらえるかについて一括して計算できるようになりました。このため、最安の引越し業者を素早く見つけることが可能になりましたが、この方法には落とし穴があります。それはあくまで一般的にはこの程度の費用になるという値でしかないという点です。
個々の事情があると費用が上下しますが、ほとんどの場合には上がる方向に動きます。割引サービスが適用されないケースであったり、家具の形状が問題で割高になったり、取り扱いに注意が必要なものが混ざっていて追加料金がかかるなどと様々な理由によって見積もり時の費用よりも高くなってしまうことが多いのです。あくまで目安の金額でしかないと覚えておきましょう。

【基本的な引越し料金の算出方法】

引越し料金=トラックが~キロ走ったという距離や荷物の量(基礎運賃)+必要な作業の人数分の費用や使った梱包資材費(実費)+エアコンのクリーニングなどのオプション(オプション料金)で決まります。
以下にひとつずつ解説していきます。

基礎運賃

引越しのトラックが走った距離や移動時間によって、あらかじめ定められている料金を『基礎運賃』と言います。
荷物の量や、トラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。

実費

必要な作業の人数分の費用やダンボール箱など荷造りに必要な梱包資材などにより発生する料金を『実費』と言います。
高速道路の活用など有料道路を使用する場合も利用料金が発生し、
これも交通費として実費に含まれます。

オプションサービス料金

『エアコンの取り外し・取り付け』『ピアノの調律や運搬』『お風呂・トイレなどの水周りの増改築』など引越しの際、付帯する作業にかかる料金を『オプションサービス料金』と言います。
業者によって値段が異なるので、
見積もりの際に、複数の引越し業者の『オプションサービス料金』を比較するとよいでしょう。
上記の、【基本的な引越し料金の算出方法】や、何に費用が発生するのか、覚えておくと、見積り費用のトラブルが軽減できると思います。

参考サイト

URL 【1】引越し侍:hikkoshizamurai.jp/price/
URL 【2】ズバッと引越し比較:www.zba.jp/hikkoshi/cont/hikkoshi-price/

支払いの流れや方法について

引越し費用は見積もりから依頼、搬出、搬入といった一連の流れが終わり、一通りの作業が終わった時点において現場の作業責任者に現金で手渡すというのが一般的でした。現在ではクレジットカードなどでの支払いも可能になっている他、安全のため口座振込等の現場以外での方法をすすめる会社も多くなってきています。見積もりを行って契約をする時点までに支払い方法は確認しておきましょう。そして、領収書をその場でもらうということを忘れてはなりません。
特にいくつものオプションがある場合には二重請求が問題になることがあります。現場で現金で払うことを選んだのに後から口座振込の請求書が郵送されてきてしまうことがあるのです。領収書があれば問題は解決するので、費用を支払ったら、領収書を受け取るという流れを忘れないようにしましょう。

見積り時の支払い方法例

引越し料金の支払い方法については、
前述でも書いたように、引越し業者が、荷物を荷造りや運搬など全ての作業が終わった後に、作業責任者に現金を手渡すのが一般的でした。
しかし、前述にも記載したように、
作業が始まる前に口座振込み
作業が終わった後に口座振込み
作業が終わった後にカードで支払い
など、引越し業者によっては複数の支払い方法から選択できるので、
支払い方法はどうなるのか、見積もり時などにしっかり確認しておくことを
おすすめします。
作業を行う前に「手付金」の要求には応じないように注意しましょう!

「作業を行う前に口座振込み」をするという支払い方法を選択しない限り、
作業日前にお金を引越し業者から要求された場合は、しっかり断るようにしましょう。
特に「手付金」や「内金」という名目で要求されるお金に関しては、
キャンセル防止などの目的で請求しているケースがほとんどなので、
作業日前に支払いを行う義務はまったくありませんので注意してください。
ただし、双方が合意の上で料金を前払いし、
しっかりと領収書をもらえるのであればこの限りではありません。
 
金銭に関わるトラブルは最も避けたいことですから、
しっかりと取り決めを行ってください。

参考サイト

 
URL :【1】引越しのミカタ www.hikkoshinomikata.com/gyosya/daikin.html
URL :【2】引越し業者はこう選べ xn--68jxa5796aywiko2ai7q.tv/erabikata/siharai.html

荷物について

引越しを実際に依頼する際には自分の荷物の状態を確認して写真に撮っておくことが大切です。梱包を自分で行うのなら段ボールの中身と閉じた外側もしっかり記録しておくことが重要です。これは万が一、自分の荷物が汚れたり破損したりしてしまっていたときにその弁償をお願いするときの証拠になるのです。もしそういった証拠がなかったらもともとそうだったと言われてしまいかねません。
また、ガラス細工の置物や入り組んだ形の道具などの 特に破損しやすいと懸念されるものを引越し業者に委ねるときには、そういうものがあるということを見積もりのときから話をしておき、作業が終わった時点で作業員が帰る前に目の前で無事を確認するようにしましょう。これもまたトラブル対策であり、引越し後に自分で壊してしまったという誤解を防ぐことができます。

荷物トラブル5つの事例

荷物が汚れていたり、破損など荷物に関するトラブルが沢山あるのですが、
主に代表的なトラブルを紹介していきます。

1 液晶テレビの画面に割れ目が招じていた!

『液晶テレビ』は、運搬中の振動に弱く、液晶パネルに傷がつきやすく、
破損しやすい家電です。
テレビが映らないので困るといったことがないように、
液晶テレビをしっかりと保護できるように、丁寧に梱包することが大切です。

2 パソコンの電源を付けると画面に黒い線が入っている!

『パソコン』は液晶テレビと同様に、搬送中の揺れや衝撃によって破損しやすい荷物です。
液晶テレビと同様に丁寧に梱包することが大切です。
そして、万が一を考えて、大事なデータは、引越し前に必ずバックアップをとっておくことをおすすめします。

3 ドラム式洗濯機が破損していた!

意外と思われるかもしれませんが、『ドラム式洗濯機』も引越しの際に破損しやすい荷物のひとつです。
ドラム式洗濯機を運搬する場合は、ドラムを固定するための『専用ボルト』が必要です。
『専用ボルト』の装着を忘れると、運搬中の揺れや衝撃でドラム部分が破損してしまう可能性があります。
ボルトは、製品の購入時に付属していることが多いのですが、
もしお手元に無い場合は、メーカーや販売店から取り寄せるなどをして、
引越し前に用意しておく必要があります。
あらかじめ、見積もり時に引越し業者へ伝えておくことで
運搬がスムーズにいくと思います。

4 引越しをした半年後、荷物が無くなっていることに気づいた!

『荷物の引渡し日から3ヶ月以内に引越し業者へ通知しない限り、責任が消滅する』と標準引越運用約款には記載されているので、引越し後に荷物が無くなっていることに気がついたら、
すぐに引越し業者へ連絡をするようにしてください。
もし、荷物の紛失に気づくのに3ヶ月以上経ってしまっていたら、
引越し業者に弁償をしてもらうことは難しくなります。
荷物の紛失がないように、引越しをおこなう際は作業員と一緒に
荷物の確認をすることで防ぐことができます。

5 当日来たのが日雇いやアルバイトなどの作業員ばかりだった!

3~4月は引越しの繁忙期と言われるのですが、
人員不足になりやすいため、日雇いやアルバイトなどの作業員を使う引越し業者が
増加します。
日雇いやアルバイトを使うことは違法ではありませんが
彼らは引越しのプロではないため、この比率が多くなれば多くなるほどトラブルが
起こりやすくなるのは否めません。
作業員が正社員かアルバイトか気になるのであれば、
見積もり時に作業員や補償について確認しておくことをおすすめします。

参考サイト

URL:【1】引越し侍 hikkoshizamurai.jp/useful/trouble/case.html
URL:【2】THE引越し www.hikkoshi.jpn.com/74.html
URL:【3】引越しポーターラビット porter-rabbit.com/category/trouble/

引越し業者を選ぶときはここに注意!

料金について

なるべく費用を抑えて引越しをしたい場合、複数社から見積りを取ることが必要です。
インターネットで検索をすると、一度の情報入力で何十社もの引越し業者に見積りを依頼するサイトも数多く存在しますが、多くの場合は詳細が分からないので訪問したいという営業電話がかかってきたり、最悪の場合見積っただけで見積り費用を請求してきたりする会社なども存在するのであまりおススメできません。半数ほどは具体的な金額で戻ってきますがこれをうのみにして依頼すると、実際にはあれもこれも費用外ということで加算されるケースも多く、結局高くつくことも少なくありません。
おススメの方法は、サービス等の面で安心して任せられそうな会社を3社ほどピックアップし、訪問見積りを依頼することです。運ぶ荷物の量を見てもらうことで確実に入り切るサイズのトラックを手配してもらえますし、あと少し荷物を減らせば一つ小さいトラックに積むことが出来る等のアドバイスも受けることが出来ます。大切なのは3社とも荷物量はもちろん引越日や出発・到着時間帯も含めて同じ条件で見積ってもらうことです。この3社の中での最低額を他の2社にぶつけるなどして、最低価格を見極めましょう。

サービスについて

引越し業者のサービスは多種多様ですが、まず確認しておきたいのは当日手配されている接客人数です。極端に荷物が少ない場合以外は3人以上はいた方がいいでしょう。これは作業時間に大きく影響する為で、人数が少ない場合は完了時間が大幅に遅れることが多く、依頼人が引越し先へ移動する時間も遅れてしまいます。また、見積りで接客人数を2人で出してくる会社は他の現場でも2人で作業している為、依頼時刻に来てもらえない可能性が高いです。
さらに確認しておきたいサービス内容にはハンガーラック用の段ボールの貸し出しがあるかどうか(梱包の手間がだいぶ省けるので)、梱包材の提供があるかどうか(買うと意外とかかるので)、使用後の段ボールの処理方法(引き取りがあるかないか)、電化製品の梱包サービスがあるかどうか、などが挙げられます。

保証内容について

引越しの際の心配ごとの一つに、作業中や運送中に破損されてしまうことがあげられます。
この破損に対して万全の補償がなされているかどうかは引越し業者選びの鍵となります。いくら提示され費用が安くても、この補償に関して口を濁す業者に引越しを頼んではいけません。大手を中心に良心的な業者ではこういった必ず補償を行っています。補償制度があることが確認出来たら、その内容にも目を通しておくことが必要です。依頼者側で気を付けなければいけないこと等の注意事項をしっかりと読んだり、さらには担当者に細かい内容を確認したりして、補償に関して注意を払っていることを業者に印象付けた方がいいでしょう。万全を期する場合には、特に破損しては困るような家具や電化製品、家の中などは事前に写真を撮って証拠をつくっておくことも大切です。

東京都内の単身引越しの料金と業者の選び方
www.youtube.com/watch?v=S5298LOk3tI
さいたま市の単身引越しの料金と業者の選び方
www.youtube.com/watch?v=RsKGdnicjK8
横浜市の単身引越しの料金と業者の選び方
www.youtube.com/watch?v=TFwqcAnzUeU

引越しのスケジュールの立て方と準備について

引越しスケジュール

引越しが決まった場合、様々な手続きをする必要があります。まずは、引越しを依頼する業者をさがす必要があります。様々な業者に見積もりをしてもらい自分の納得がいったところと契約をしましょう。その後の準備方法をまとめていきます。

続きを読む

引越しをとにかく安く、必ず安く依頼出来る方法(1/2)【保存版】

引越し安くするぞ!

引越しする人ならだれでも気になるテクニック。引越しを出来るだけ安く済ます方法を2回に分けてお送りします。引越しっていくら位が相場なんだろうって考えたことある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?引越しを友だちとかに手伝ってもらってという方法もありそれらのほうが安いと感じている方もいらっしゃるかもしれません。それは大きな間違いです。自分たちで引っ越しするより必ず引越業者に依頼したほうが安く済みます。

続きを読む